なかなか転職できない人の特徴、共通点。不安になる前にまずは見直してみよう

なかなか転職できない人の特徴、共通点。不安になる前にまずは見直してみよう

転職する場合の平均応募者数は18社程度。

ただ、これはあくまで平均であって、10社も受けずに転職することができる人もいれば、50社、60社受けても転職できない人もいます。

そこで今回はなかなか転職できない人の特徴、共通点を紹介します。

関連:転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:今すぐ転職をしたい人が行うべきことと考えるべきこと

転職できる人、転職できない人の違いは年齢、回数だけではない

転職で不利になる要素として、年齢や転職回数が挙げられます。

年齢は高いほうが転職しにくくなるし、転職回数が多い人ほど転職活動時に不利に運んでしまいます。

しかし、転職できない理由はそれだけではありません。

実際、年齢が高くても、転職回数が多くても、さらに良い会社へと転職できている人もいるのです。

転職できない人の特徴、共通点

では、具体的に転職できない人の特徴、共通点を紹介します。

自分にあてはめて考えてみましょう。

これまでの仕事で手を抜いてきた

転職時に最も評価の対象になるのは、これまでどういった経験を積んできて、どういったスキルを身につけてきたかということです。

これまで仕事を手を抜いてきた人は面接時にそのことを見抜かれ、評価は低くなってきてしまいます。

仕事に手を抜いてきた人でも、履歴書や面接で表面上はあたかもやってきたかのように取り繕うことはできます。

しかし、面接時に仕事について深く突っ込まれるとどんどんボロがでて見抜かれてしまうのです。

人のせいばかりにする

なんでもかんでも人のせいばかりにして、自分の非を認めないというのも転職できない人の特徴の一つ。

評価されなかったのは上司のせい、人間関係が上手く行かなかったのは周りのせいと思ったり、

転職できないのは運がないから、面接官に見る目がないからなんていう風に思っていませんか?

確かに全てが自分のせいではないかもしれませんが、人のせいばかりにしていると反省することもなく進歩もありません。

誰かは認めてくれると妄想している

数を受けていれば、いつか誰かが、どこかの会社が認めてくれるのではないかと淡い妄想を抱いているような人もなかなか転職はできません。

転職では自分を認めてくれることに期待するのではなく、自分を認めさせるようにアピールして行かなくてはなりません。

履歴書を使いまわし、ありきたりな志望動機、ありきたりな自己アピール。面接官はそういった人を何人も見てきているのです。

物事を自分中心に考える

転職時、待遇面や仕事内容は転職する側にとって非常に大切なこと。

しかし、企業側にとって大切なことは、いかに能力を発揮し会社に貢献してくれるかということ。

自分の希望ばかりを考えているような人を企業は望んでいません。

しっかり企業側に立って物事を考えてみますか?

理想が高すぎる、相場観がない

転職では、これまでの経歴、スキルからある程度の相場が決まってしまいます。

極端な話、これまで派遣社員として働いてきた人が大企業に入社して年収1000万円を貰うなんてことは絶対に不可能なことです。

もちろんチャレンジは必要ですが、あまりに無謀なことをしていても転職することはできません。

転職活動のやり方が間違えている

そもそも転職活動のやり方を間違えているという場合もかなりあります。

仕事、会社の選び方、履歴書、職歴書の書き方、面接の服装、態度、答え方。

やはり転職にはコツがあり、守るべきことは守らないと、いつまでたっても転職することはできません。

実は本気になれていない

転職できない人の中に、ただ受けるだけになっていて実は本気で転職活動に取り組んでいない人も多々います。

にも関わらず、なかなか転職できないことに対し、不安になったり、文句を言ったりするのです。

仕事を選ぶ、自己分析をする、履歴書を書く、面接に行く。

全て手を抜かず、万全の準備を整えていますか?

不安になる前にできることをやってみよう

転職できない理由は色々あるかと思います。

ただ、少なくとも自分で変えることができる部分は変えなくてはいけません。

もしかしたら転職できないんじゃないかと不安になるのは、やれることをやってもだめだった時にすべきもので、まだまだ直すべき部分があるなら可能性は残っているのです。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職先を妥協して選ぶことのメリット、デメリット。間違った妥協は絶対NG。

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

関連:転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ