社会人の勉強方法。場所や時間をどうするか?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

社会人の勉強方法。場所や時間をどうするか?

社会人になってから、個人的に勉強したいと思っていてもなかなか難しいですよね。

仕事に関連することであったり、転職に向けた資格の勉強であったり、はたまた再度大学に入りなおす為の受験勉強であったり、勉強する理由は人によって様々。

しかし勉強をしたいと思う多くの社会人にとって、難題となるのが勉強時間と勉強場所。

学生の頃と違い、平日は仕事をしている分なかなか時間がとれません。

家族がいると余計時間はなかなかとれません。

だからこそ、なんとか時間を作りつつ、効率よく勉強したいですよね。

そこで今回は、社会人が勉強を行う為の時間の使い方や勉強方法、おすすめの勉強場所を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:勉強のやる気が出ない浪人時代に受験を乗り切った勉強方法

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

スポンサーリンク

社会人の勉強時間

社会人が勉強しようと思った時にまず問題になるのが時間。

ただ時間がないから勉強できないとしてしまって、何もできないまま終わってしまいます。

まずは時間作りから始めましょう。

勉強するなら夜よりも朝

勉強する時間をつくろうとすると、夜に時間をつくろうとしがちですが、勉強するなら朝です。

仕事が終わってからの勉強は、1日仕事をしてきた肉体的疲労、精神的疲労によりなかなか集中できません。

ついついスマホやパソコンで遊んだりしてしまい、勉強がはかどらないなんてことも。

ですから、普段の寝る時間を早め、ゆっくり寝て体を休め、朝勉強するほうがずっと効率がいいのです。

また、朝は人の身体的な面でもにとって集中力が高い時間であり、効率よくできます。

朝早く起きることは、慣れるまで大変ですが、慣れてしまえば、大変良い時間となります。

もちろん、もっと長い勉強時間をとろうとすると仕事から帰ってきた後も必要とはなりますが。

関連:朝活とは?朝活がもたらすメリットや朝活でおすすめの活動

10分間を無駄にしない

社会人になると、1時間や2時間という長時間は連続するとなかなかとれません。

しかし、10分間程度であれば、意外にとれるものです。

移動の時間や、ご飯を待っている時間等、探してみると多いものです。

意識しないと、こういった時間を無駄にしてしまっていることが多いですよね。

ちょっとした時間だからスマホでゲームをしたり、ぼーっとしたり。

こういった短い時間でも勉強にあてると、トータルでは長い時間となります。

ぜひ、勉強時間に困っているという人はこういった時間を探して、勉強時間にあててみましょう。

上手く睡眠時間を削る

ただ何も考えずに睡眠時間を削ってしまっては、自分の勉強どころか本業である仕事にも影響を与えてしまう為、絶対におすすめしません。

しかし、今の睡眠方法を改善し、質の良い睡眠方法にすれば、少なくとも今よりは必要な睡眠時間を減らせることができます。

また、朝の起き方も非常に大切になります。

朝、目覚ましで無理やり起きている人もいるかと思いますが、それはあまり良くないのです。

本来は朝日を浴びて自然に起きることが自然であり、良いとされています。

その結果、少ない睡眠時間でも効率の良い睡眠をとれることにつながります。

そこで、最近は光で起きる目覚まし時計もあるので使るのもおすすめです。

81%の人が朝起きるのが楽になった光目覚まし時計inti(インティ)

休日の使い方

勉強時間をつくるにあたり、休日の使い方は非常に重要です。

とはいっても、子供の相手、家族サービスなど、何かと自分の時間をとれない人が多いのではないでしょうか。

また、1週間疲れたから休日はしっかり休みたいという人も多いでしょう。

しかし、やはり長時間の勉強時間をとるには休日しかありません。

そこでおすすめするのは土曜日の午前中をがっつり勉強時間にあてるということ。

もちろん家族に納得してもらうことが必要となりますが、土曜日の午前中だけに限定すれば理解てもらいやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

社会人の勉強場所

社会人が勉強するにあたり、勉強時間の次に悩むのが勉強場所。

特に休日に勉強する場合や、平日、仕事から帰ってきてからも勉強しようと頑張る人にとっても勉強場所はなかなかの悩みです。

図書館や喫茶店

勉強場所としてお決まりなのが図書館や喫茶店ですね。

休日には図書館で、仕事帰りは喫茶店で勉強なんて人も多いのではないでしょうか。

よく見かけますよね。

しかし、気をつけなくてはいけないのが会社の人に見られるかもしれないという点。

喫茶店や図書館は、勉強目的でなくても来る場所の為、同僚や上司とばったりなんてこともありえます。

転職に向けた資格の勉強をしているのを見られたら・・・。

気をつけなくてはいけません。

市や区が運営している勉強スポット

お住まいの地区で、市や区が運営している勉強スポットがあります。

もちろん無料で利用可能。

お住まいの地区でこういった場所がないか探してみてください。

割とどこにでもあります。

こういった場所は、上記の図書館や喫茶店よりも会社の人に見られる可能性はぐっと減るのでおすすめです。

コワーキングスペース

最近、広がりつつあるコワーキングスペースも勉強場所として利用することが可能です。

ただ、安いとはいえ有料である点や、周囲の会話が聞こえる点が欠点です。

遅くまで利用可能である場合が多く、喫茶店にいくよりも安く利用できるというメリットがあります。

スポンサーリンク

社会人の勉強方法

時間、場所が整ったのであれば、次は勉強方法です。

少しでも毎日勉強

社会人が勉強するにあたり最も大事なことは、少しでもいいから毎日勉強するということです。

今日は疲れたからまあいいやとさぼってしまうと、それが1日ではすまず徐々に増えていき、結局勉強しなくなってしまうという結果になります。

少しでもいいので勉強する時間をつくり、習慣づけることが大事です。

勉強時間、勉強した範囲を記録する

毎日の勉強した時間や、参考書の何ページから何ページまでといった勉強した範囲を記録するようにしましょう。

これによって、勉強時間が足りないなどといったことがはっきりわかるようになり、見直すことができるようになります。

お金を投資する

社会人は、どれだけ時間を作ってもたくさんの勉強時間を確保することは難しいです。

となると、時間をお金で買うことも検討しましょう。

例えば通信教育などの教材を使う、人に教えてもらうといったことも必要になるでしょう。

目標を決め、スケジュールをたてる

漠然とした目標では、やる気は薄れていってしまいます。

転職の為の資格の勉強であれば、

いつまでに転職する。

その為に、その資格の試験をいつ受ける。

そこまでにどういった勉強をする。

といったことを明確にする必要があります。

最後に

もしあなたが社会人で、勉強しようと考えているのであればそれは素晴らしいことです。

多くの社会人は毎日仕事に行くだけで、勉強のべの字も浮かんでいません。

せっかくもっているその素晴らしい考えを、ぜひ行動にうつし、周りにどんどん差をつけていきましょう。

関連:頭のいい人のイメージや特徴。真似できることは真似しよう!

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ