安定した仕事、職業。どんな仕事が安定している?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

安定した仕事、職業。どんな仕事が安定している?

仕事を選ぶ際に、「安定した仕事」であることを望んでいる人も多いのではないでしょうか。

実際、最近の若い人で終身雇用制度を望む割合が過去最高となっています。

では安定した仕事、職業にはどんなものがあるのでしょうか。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:給料が安い!!そんな時に考える3つの方法。

スポンサーリンク

安定した仕事とは?

安定した仕事とはなんでしょうか?

安定した仕事はあるのか

安定した仕事として、多くの人がイメージしていることに以下のようなことがあります。

  • 会社が倒産しない
  • 給料が下がらない
  • クビにならない

しかしながら、あなたがなんらかの問題を起こさなかったという前提があった上で、これらのことをあなたが会社を退職するまでに、絶対起きないなんて会社はありません。

これまで電力会社などのインフラ系は安定であるとされていましたが、東日本大震災によって、その考えはかわりました。

最近は大企業であっても、経営危機に陥り、多くの希望退職者を募ったり、給料削減を実施しています。

すなわち、100%安定した仕事はないのです。

安定した仕事は比較して考えるべき

では、安定した仕事がないかというとそういうわけではありません。

たまに、今の時代には安定した仕事なんてないから、会社員になってはだめということが書かれてることを見ますが、

比較して見た場合には、大企業と中小企業ではやはり大企業のほうが、安定しています。

もちろん、中小企業でも安定してる会社はありますし、大企業であっても潰れることはあります。

ただ、確率としてはやはり大企業のほうが潰れる確率は少ないことは事実です。

そういった面で安定した仕事とは何かを見ていきましょう。

スポンサーリンク

安定した仕事、職業とは?

では安定した仕事、職種を紹介していきましょう。

公務員はやっぱり不動

安定した仕事、職業として、一番最初に考えつく仕事は公務員ではないでしょうか。

給料面、福利厚生面も世間から見れば良いですし、問題を起こさなければリストラされることもありません。

学生にも人気の職業ですし、転職で公務員を目指す人も多いです。

とはいっても、国が赤字であり、その給料の高さから批判されていることもあり、将来的に給料がどうなっていくかはわかりません。

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

東証に上場している大企業

東証一部に上場しているような大企業で働く仕事は、やはり安定している仕事、職業と言えます。

上記でも述べたように、大企業であっても経営難になり倒産の危機を迎えることはありますが、確率としては低いでしょう。

潰れそうになったとしても、国が再建にのりだしてくれることも多いです。

抱えている従業員の数、国に与える影響が強ければ強いほど、なんとかしなければ、国として悪影響が大きいからです。

とはいえ、ここまでの大企業にはいるというのはなかなかの難関です。

残念ながらそもそも無理な人もいれば、実はチャンスがある人もいます。

インフラ系はやっぱり強い

東京電力の例がありますが、それでもインフラ系は安定した職業です。

インフラは、人が生活する上で必要であり、またライバル会社ができにくい為であるからです。

ただ、経営難等で、料金の値上げをする歳には、国民の生活への影響が大きい為、給与減を迫られるなどの可能性が高くあります。

それでも、倒産するほどには至らないという点で強いです。

医者、看護師

なる為のハードルは高いですが、資格を得ることができれば、安定した職業といえるでしょ。

また、給料面も良いですよね。

将来的に減っていくとも考えられませんし、安定した仕事と言えるでしょう。

営業職

営業職は、どんな仕事においても必要とされ、そのスキルを身に付けることができれば、安定した職業いうことができます。

実績さえあげれば、会社が潰れたとしても、どんな業界の会社であれ働く先を見つけることができるでしょう。

スポンサーリンク

転職は早めにすべき

安定した仕事、職業をいくつかあげてきましたが、もしより安定した会社、より安定した職業に就きたいと考えているなら早めに転職するようにしてください。

転職は年齢が若いほうが有利ですし、職種を変える場合はよりいっそう年齢が高くなった時の難易度が難しくなってしまいます。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:正社員、契約社員、派遣社員の違い、それぞれのメリット、デメリット



このページの先頭へ