転職はできるだけ在職中に行うのが望ましいですが、やむを得ない理由でブランク(離職期間)ができてしまうことがあります。

しかし不安要素になりがちなブランクも、その理由をうまく伝えられれば苦闘の面接を繰り広げずにすむのです。

採用者の本音を交えながら、ブランクの印象を変える伝え方についてご紹介していきます。

半年のブランクは危ない

退職後に転職活動をはじめた場合、一般的に内定まで3か月かかるといわれます。

3か月間には、履歴書・職歴書の準備→求人への応募→選考期間→内定の流れがありますが、時期や応募数によってその期間は多少前後します。

しかし半年を超えると「時間がかかりすぎでは?」と採用担当者に敬遠される傾向にあります。人材派遣会社ワークポートの実施した採用担当者のホンネ調査では、以下のような結果が出ています。

90%もの採用担当者が「不利になる」と回答しています。また調査の中で、回答者の約半数が「最低半年以上のブランクがあると不利だ」と答えています。

選考において半年のブランク期間は、選考を左右する境界線だといえるでしょう。

企業が懸念すること

企業側が抱く不安について、具体的に4つご紹介していきます。

1.計画性の無さ

計画性は、仕事のタスク管理やスケジュール管理にも直結する重要な能力です。

通常だと3か月で終わるはずの転職に2倍もの時間がかかっていると、計画的の無さを指摘されるかもしれません。勢いで前職を辞めてしまった、いい加減に転職をしているのではないか、などマイナスの印象を生む要因になります。

2.仕事への意欲が低い

実際に仕事を辞めたらやる気が出ず、なかなか転職に踏み出せなかった人もいます。前職が過酷な労働環境であった人ほど、ブランク期間が長くなる可能性も考えられます。

しかし企業側は、「働く意欲が低いから、転職にも後ろ向きなのではないか」と思ったり「もし採用しても、熱意をもって仕事に取り組まないのでないか」と不安を覚えたりします。

3.仕事の感覚が鈍っている

GWや冬期休暇など長期休暇明けの仕事は、やる気が出なくて普段より疲れやすいことはありませんか?数週間でも感覚は鈍るものなので、ブランク期間が半年にもなると、即戦力になりにくく、ストレス耐性も下がっていると考えられます。

それだけでなく、PCの作業スピードが遅くなっていたり最新のビジネス情報に追いつけなかったりと、業務自体に支障をきたすこともあります。

4.問題を抱えているのではないか

半年間どの企業でも不採用だった場合、何か採用されない問題点があるのではないかと思われます。

例えば、年齢と比較してあまりにもスキルが低い、人間性に難がある、退職理由に不審な点がある、などが挙げられます。

コンビニやスーパーで売れ残っている商品に、あまり手が出ない心理と同じです。

ケース別の伝え方

企業がブランクの理由を問うのは、ブランクが業務へ影響を及ぼさないかを確認するためです。

採用担当者の不安を拭うために、回答する際には以下の3点をおさえるようにしましょう。

  • 明確な退職理由
  • ブランク期間での学びを伝える
  • 怖気づかず、堂々と話す

これらをもとに、各ケース別の印象を変える回答について説明していきます。

けが・病気

けがや病気は、自分の意思ではコントロールできないものです。この場合に企業が懸念するのは、そのけがや病気が業務に支障をきたすかどうかになります。

一番良いのは「完治しているので業務に支障はない」とはっきり言えることですが、まだ完治していないのに噓をつくと後々ばれて問題になることもあるので正直に伝えましょう。

また治療の間、PCに触れたり本を読んで見識を広めていたりと時間を有効活用しておけば高評価を得られます。

育児・介護

けが・病気と同様、やむを得ないブランクの一つです。子育てや介護の間はそれだけで手いっぱいで、多くの人が社会とのつながりを失いがちになります。

しかしそれも1つの経験とし捉える視点や、忙しい合間を縫ってでも自分を磨く努力があれば、良い評価へとつながります。

育児や介護を「言い訳」にするのではなく、そのおかげで学ぶことがあったと前向き伝えられると良いでしょう。

資格や語学の勉強

スキルアップのためのブランクは、企業に好感を持たれやすいです。加えてどんな意図をもって取得したか、どう業務に活かせるかをきちんと説明できれば、説得力も増します。

仮にまだ取得できていない資格があっても、勉強中であることを伝えれば熱意を示すことにつながります。

海外留学や語学研修を経験した場合は、TOEICやTOEFLを受けて点数アップを証明することで、さらに強いアピールとなります。外資系企業などを目指したい方は、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

フリーランス

フリーランスは会社勤めだけでは得られない経営知識や自己管理能力が身につくため、むしろ有能な人材とし評価されやすいです。

同じブランクでも、その期間仕事をしていたことに変わりはないので、学んだことを積極的に伝えましょう。

リストラ・会社の倒産

リストラや会社の倒産は予測できず、急な転職となってブランクが空きやすくなります。

しかし気をつけるべきは、前職のマイナス面ばかり述べないようにすることです。ネガティブな発言はその人の印象も悪くしてしまうので、いかにブランク期間を有効に使えたかを話せるとベターでしょう。

何もしていない

最も不安を感じているのが、なにもしていない方だと思います。その不安から根も葉もない噓をつく人もいますが、採用者も人を見るプロなので見破られる可能性があります。

この場合は素直に何もしていなかったことを話し、入社への熱意やこれまで経験から活かせることを積極的に伝えてください。特に「働く意欲があるか」について厳しく見られるため、やりたいことや将来像を堂々と話すと効果的です。

ただ何もしていなかったことに反省の色が全くないのも問題なので、反省すべき点は反省し次につなげる姿勢を見せてください。

1年~3年と年単位のブランクがある

ブランクが長引くほど、妥当な理由と自分磨きの有無が問われます。というのも、例えば勉強していた3年間とニート生活3年間では全く印象が変わるからです。

適当な理由があれば他のケースと同様に説得の余地はありますが、これがなにもしていない場合は厳しい可能性があります。

また転職者側としても、長期のブランクで働く感覚が抜けてしまっているため、急に正社員へ復帰すること自体が負担になることも考えられます。

そのような場合は、正社員以外の選択肢も考えてみましょう。

不安なら正社員以外でもいい

契約社員やバイトとして働くことで、社会復帰の肩慣らしするという手もあります。

面接で話せる経験がない方も、バイトなどの経験を通して少しでも学べることがあるはずです。

ただし、その環境の居心地が良くてリハビリで働くつもりがズルズルと続いてしまうこともあるため、最終的なゴールが正社員なら期間を事前に決めておくのがおすすめです。

当然ゴールが正社員ではない方もいるので、無理のない範囲で働けるバイトを続けていくのも選択肢になります。

転職をうまく進めるポイント

まず、応募条件を見直す

ブランクがあるという前提なので、自分の望む条件では選考が難しい場合もあります。時には妥協点を見つけて、条件を下げる必要もあることを念頭に置きましょう。

次に、自己分析をする

初心に返って自己分析をし、自分のスキルや得意なことを改めて整理してください。
前職で当たり前のようにしていた業務が、実は他社で重宝されるスキルだったというケースもあります。

最後に、面接の練習をしておく

ブランクの時間が増えていくと、面接の感覚やマナーを忘れたり、「話す練習」が必要になったりします。特にひとり暮らしの方は、何日も言葉を交わさない可能性もあるでしょう。

話し慣れていないと、面接で小声になり言葉もつっかえてしまい兼ねないので、家族や友人、転職エージェントの面接練習を利用して、本番前に練習することをおすすめします。

ブランクがあるなら戦略的に

半年のブランクを取り返すには、その期間に何があったかを上手く説明できるかが成功のポイントになります。きちんと理由を準備すれば、ブランクの無い人以上に評価してもらえる可能もあります。

あなた自身がブランクをマイナスと決めつけない限り、転職は上手くいくはずです。

しかしもちろん、ブランクは短いに越したことはないので、ハンデを軽くするためにも集中して転職に取り組んでいきましょう。