27歳で転職する為に大切なこと。成功させる為の取り組み方とは?

27歳で転職する為に大切なこと。成功させる為の取り組み方とは?

仕事を辞めたい、転職したい。一度はそう考えたことがある人が多いのではないでしょうか。

実は新卒で入社した会社で定年まで働き続ける人よりも、一度は転職を経験する人が多く、特に20代で転職を経験する人が多いです。

その中でも27歳というのは転職するタイミングとしては良いタイミングと言えます。

そこで、今回は27歳という年齢での転職について紹介していきます。

27歳で転職を考える人は多い

27歳で転職を考え、実際に転職する人は非常に多いです。

27歳になったからこそ、色々と考えることも増えるので、当然と言えるかもしれません。

周りとの差が大きくなってくる年齢

新入社員から数年目までは、他の会社で働いている同期ともそれほど差がなくても、徐々に差が大きくなってくる年齢。

数年前まで同じような立場だったのに、差が明らかになってしまうことが転職を考える一つのきっかけとなります。

個人の能力に関係なく、入社した会社によって大きく異なってしまう給与体系。個人の頑張りではどうにもならない為、転職という道を選ぶ人が少なくありません。

仕事に慣れ、働くことに対して理解が深まってくる

とにかく仕事を覚えることに必死だった時期が過ぎ、ある程度仕事に慣れてきたからこそ見えるものも多いです。

また、仕事だけではなく働くということ自体にも理解が深まってきます。

だからこそ、将来像を明確に描けるようになり、希望を持てる場合もあれば不安になってしまう場合もあります。

仕事に対して自信を持ち始める

仕事に慣れ、ある程度自分一人で仕事をこなせるようになってきたことで、成長を実感し、仕事に対して自信を持てるようにもなります。

だからこそ、もっと成長できる仕事、難易度の高い仕事、やりがいのある仕事したいと考えるようにもなります。

30代になることを意識しはじめる

転職するなら20代のうちに。そう考える人も少なくはないでしょう。

27歳は、30代まであと3年で30代になることを意識し始める年齢です。

その為、いつかは転職しようとなんとなく思っている人が、転職について深く考えるようになるタイミングであると言えます。

27歳の転職市場における位置づけ

では、次に27歳は転職市場においてどういった位置づけになるのかを紹介していきましょう。

経験は十分、だからこそ厳しい

大卒でも経験年数が5年、高卒であれば9年と、それなりの期間仕事をしてきています。

その為、転職市場においても十分に経験があるとみなされます。

経験があるとみなされるのは、転職において有利に働きますが、一方で甘えが許されなくなります。

面接では実績を混ぜアピールして行かないと、年齢の割に実力が低いと見られてしまうこともあります。

異業種、未経験職種への転職、経験者採用ともに可能

3年以上の経験がある為、経験者採用に応募することもできますが、異業種や未経験職種への転職も可能な年齢です。

異業種、未経験職種への転職は経験が伴わない分、年齢が非常に大切となります。

27歳は、まだ若いと判断され、転職では有利に働くことが多いでしょう。

実務能力重視

27歳は、基本的に実務能力が重視され、リーダー経験やマネジメント経験はそれほど重視されません。

人をいかにうまくまとめ、使っていくかというよりは、チームの一員として実務をこなし、成果をあげていくことを重視している会社が多いです。

それ以上の年齢になると、徐々にリーダー、マネージャーとして人をまとめる能力も求められるようになりますが、27歳はまだ気にする必要はありません。

27歳での転職に大切なこと

さて、27歳で転職しようと考えた時、その転職するにあたりどういったことが大切となるでしょう。

いくつかポイントを紹介していきます。

選択肢の把握

27歳という年齢は、同業種、同職種に経験者として転職する道や、異業種、未経験職種に転職する道、そして転職しないという道など選択肢があります。

さらに、転職する場合には転職できる会社も多いです。

まずは、どういった選択肢があるか、自分で調べ、その選択肢をもとに自分がどうするかを考えてみましょう。

どういう選択をするかは、選択肢を把握してから改めて行ってみましょう。

転職で実現したい内容を整理する

なぜ転職したいのか、一度じっくり考えましょう。

給料を上げたい、やりたい仕事に就きたい、残業が少ない会社に就きたいなど、色々な理由があると思います。

転職するにあたり、目標を定めておくことで、ぶれずに転職活動を進めることができます。

仕事面、プライベート面の現在、将来を考える

仕事のことだけでなく、プライベートについても現在、将来の状況を考えておくことが大切です。

給料が下がってもいいから楽な仕事につきたいと思って転職した結果、やっぱり給料が低いことに後悔してしまったなんてことも多々あります。

家族のこと、結婚のこと、子育てのこと、老後のことなど、特にお金と時間の面ではしっかり考えておかなくてはなりません。

27歳での転職を成功させる為の秘訣

しっかり転職について考えた後は、転職活動を進めるだけです。

27歳で転職を成功するにあたり、以下のポイントが重要となります。

実務経験に基づく実績が大切

上述したように、27歳での転職で求められるのは実務能力。

経験が十分にあり、その経験を元に実務をこなす実力が備わっていることが求められます。

そのことを上手くアピールする為にも、これまでの実務経験とどういった実績を残してきたかが非常に大切となります。

実績だけではどんな能力を身につけているかが見えませんし、逆に実務経験だけではどれほどのレベルの能力かが見えてきません。

2つを合わせてこそ、アピールとなるのです。

後輩指導、リーダー経験はプラスα

上述したように、最も重要なのは実務経験。リーダーの景気円は+α程度だと思ってください。

ただ、いずれは必要となる能力ですから多少のアピール材料にはなります

1人前として見られていることを忘れてはいけない

27歳は一人前の社会人です。

転職したてでは仕事は上手くできなくて当然、仕事は教えて貰えるものなんていう甘い考えは捨てましょう。

経験者採用はあくまで即戦力として働いてくれる人を求めます。

まだ若いからなんて思っていると、それを見抜かれ不採用となってしまいます。

ポテンシャルの高さも見られる

実務経験と実績は重要ですが、ポテンシャルの高さを見られることも忘れてはいけません。

27歳は、その後の社会人生活のほうがずっと長いわけですし、新たな仕事を覚える、いずれはリーダー、マネージャーになっていくことが想定されます。

ですから、今後の成長が見込める人材でなければ企業は採用しません。

27歳は若さと実力が伴った転職しやすい年齢、だからこその取り組みを

27歳は、それなりに社会人として働いてきた経験があるとともに、若さも持っているという、企業にとって非常に魅力的な年齢です。

だからこそ、このタイミングでどうするかは一度考え、もし転職しようと思ったなら行動に移すことが大切です。

いつかはなんて考えていると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりますから、注意してください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ