37歳でも転職を成功させる為には?厳しいのは確か、それでも決して不可能ではない

37歳でも転職を成功させる為には?厳しいのは確か、それでも決して不可能ではない

37歳の人にとって、転職するということはかなり勇気と覚悟を必要とする大きなもの。

この年齢になって新たな環境で新たな仕事に取り組んでいくというのは相当な労力を費やすことになることですし、転職活動自体もそう簡単に終わるようなものでもありません。

ですから転職を決意した人には相当な理由があるんだと思います。

そんな転職ですから、この年齢では厳しかろうがなんだろうが、絶対に成功をさせたいですよね。

37歳での転職は厳しいのか

転職するなら若いほうが良い、まともな転職をしようと思えば最低でも30代前半まで。転職に関してそんなイメージを持っている人は少なくはないと思います。

確かに転職先の見つけやすさや決まりやすさに関して言えば20代の方が圧倒的に有利であり、37歳は平均的に見ると苦労することも多くなってくるでしょう。

ただそれだけで転職すること自体が厳しいと決めつけてしまうのはちょっと早すぎるかもしれません。

35歳限界説はすでにないようなもの

以前までは30代後半の人に対する需要がとても低く、転職に関して35歳限界説なんて言葉がありました。

しかしその傾向はすでに失われ、ミドル層の転職需要はかなり増加傾向にあります。

人材不足や新たな事業へのチャレンジ、会社の活性化といったことを目的に経験値の高い層に対する評価が高くなってきているのです。

その結果、転職成功者の年齢は年々上昇しており男性では以前20代だったものが現在では33歳まで上昇しています。

こういった目的で求人を行っている企業に転職すれば、年収アップの可能性も決して少ない話ではありません。

全ての企業が20代を望んでいるわけではない

よく勘違いされがちなんですが、全ての企業が入社して貰うなら若いほうが良いと考えているわけではありませんし、ミドル層を入社させるのは若い人が集まらないからという理由だけでもありません。

20代には20代の良さがあり、30代には30代の良さがありますから、あえてミドル層の採用を行う企業もたくさんあります。

確かに数で言ったら20代を求める企業の方が多いですし、年齢が高くなるにつれて求人数自体は減って行きますから20代のほうが転職しやすいのは確かなんですが、特定の企業だけを見た場合に20代では絶対採用して貰えないという場合もでてくるのです。

転職がしやすい人、転職か厳しい人

20代であれば採用時に求められるものが若さやポテンシャルといった部分の比率が高くなる為、過去にどんな仕事をしてどんな経験をしてきたかという点を重視される割合は低くなりますから未経験者でも転職することがそれほど難しいことではありません。

ただ37歳ともなると、重視されるのは経験やスキル。その年齢のものが持ち合わせているべきと企業が考えているスキルや経験がないと転職が厳しいものになってしまうでしょう。当然未経験者の転職は厳しいものがあります。

では求められる経験やスキルは一体どういったものか。

企業によってはマネジメントの経験者を欲しがっている場合もあるでしょうし、技術者としてかなり専門性の高い知識とそれに基づいた実務経験を持った人を欲しがっている場合もあり、企業の求める人材はそれぞれの企業によってかなり異なります。

20代のように特にマッチングを気にしなくてもいいような場合と違って、自分の能力と企業の求めているものがしっかりマッチングしない限りは転職が中々厳しいものになってしまうのが37歳の転職です。

すなわち37歳でも転職しやすいのは企業の求めているスキルを持ち、なおかつしっかりマッチングしている企業に応募している人。

一方で若手層がライバルとなるような未経験職を目指す場合や、マッチングが十分ではない企業へ応募する場合は厳しくなってしまうでしょう。

37歳が転職を成功させる為には?

では実際に37歳が転職する場合、その転職を成功させる為にはどういったことが求められるでしょうか。

身の丈に合った転職活動を

37歳という年齢で無謀な転職活動を行ったとしても内定を貰える可能性はほぼありません。

自分の能力、これまでの職歴などを考慮し、かつ企業が求めていることをしっかり熟知した上で多少なりとも受かる可能性がある企業を狙っていなければ受ける企業の数ばかりがただ増えていくだけです。

大企業など人気のある企業ならばかなりマッチングが重視されますし、即戦力としてその会社に貢献することができることを求められます。

未経験職に転職することを考えているならば、年収ダウンを覚悟しなくてはいけないでしょう。

そこそこの大手が未経験者可で求人募集をしているからと言って、ライバルとなるのは20代の若手層。そのライバルに勝てる可能性はほぼありません。

経験はあって当たり前、どう生かすつもりかが重要

企業が応募条件としているのはだいたいその仕事に対する経験。ただ自分がその経験をしたことがあるからと言って採用されやすいかというとそんなことはありません。

37歳ともなれば大卒の場合は15年間も社会人経験があるので、会社生活を適当に過ごしていた人だってそれなりに経験をしてきています。

しかしそんな人がいざ転職したところで即戦力としてはなりませんよね。

あくまで経験があることは最低条件。どれだけ濃い経験をし、自分の身になっており、そして転職後にどう生かすつもりかを明確に意識することができていなければ、それは企業が本当に求めている経験とはなりません。

ですから経験があるということに甘えず、その経験で得たもの、身につけたものを振り返り、転職後にどう生かしていくのかということをしっかり考えるようにしてください。

これは未経験職に転職しようと考えている場合にも通じるものがあります。

経験がないから全てをゼロからと考えていてはダメ。これまでの経験を新たな経験をどう生かしていくのかということは十分なアピール材料となるものです。

転職後の行動が成功できるかの鍵を握る

転職する際に忘れてはいけないのが転職後の行動。転職の成功、失敗を左右するのはむしろ転職後にかかっています。

いくら希望通りの企業から内定を貰えたとしても、いくら大幅な年収アップができたとしても、転職後に人間関係が上手くいかなかったり、中々仕事を覚えることができなかったりすると、会社に行くのがただただ苦痛になり、その転職は失敗に終わってしまうでしょう。

ですから内定を貰ったことに満足するのではなく、むしろそこからがスタートだと考えるようにしてください。

少なくとも転職した当初は年下に対しても謙虚に振る舞い、自慢になるような発言はNG。自分が一番仕事ができないという認識をしっかり持ち、できるだけ早く仕事を吸収するように頑張ってください。

転職直後から数ヶ月は少々大変かもしれませんが、そこでの頑張りがその後の働きやすさにつながります。

これ以上の先延ばしは絶対にしてはいけない

現在転職を考えながらも、中々転職に踏み切れないという人は危機感を持ち、これ以上は先延ばしすることないようにしましょう。

これ以上年齢が高くなると、転職はどんどんしにくくなってしまいます。

会社を変えるなら今がラストチャンス、そう自分に言い聞かせ転職するなら転職する、転職しないなら転職しないと自分でしっかり決めましょう。

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら最初は以下の3つがいいと思います。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるのも一つの方法です。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ