毎日残業ばかり。残業が多い人が減らすにはどうすれば良いのか。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

毎日残業ばかり。残業が多い人が減らすにはどうすれば良いのか。

毎日残業が多くてしんどいなー。日々そんなことを感じている人も多いのではないのでしょうか。

ただでさえ1日8時間も働いているわけですから、さらに残業して働くなんてしたくありませんよね。

ただ人によっては1日2~3時間残業するのが当たり前になっている人もいます。

もし3時間も残業すれば会社にいる時間は休憩時間を含めて12時間、通勤時間も考えればプライベートの時間もほとんどありません。

それが続けばしんどいと感じるのは当たり前です。

ではなぜ残業は多くなってしまっていて、残業はどうすれば減らすことができるのでしょうか。

関連:毎日残業が3時間以上でもう仕事を辞めたい。これって普通なの?

関連:毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?

毎日残業ばかり。残業が慢性化している人が非常に多い。

労働基準法では1日の労働時間の上限を8時間と定めており、会社の就業時間もそれに合わせて8時間以下に設定されています。

とは言え正社員として働いていると、この時間内で仕事が終わらないことも多く残業が発生することもありますよね。

まあ突発的な仕事が入ったり、納期が近づいて仕事の負荷が高くなることもあるので、常に8時間以内で仕事を終わらせるのは中々難しいので、まあ仕方ありません。

ただ残業がやむを得ない場合にするものではなく、するのが当たり前の慢性化している状態になっているなら別。

しかもそれが毎月40時間、50時間とかなり多い残業をすることが慢性化してしまっているならやっぱりおかしいことです。

でもそういう人って多いですよね。早く帰るなんてできないと諦め、最初から毎月何十時間も残業することに疑問を持たなくなってしまっています。

残業は減らすことができる?

まあ残業が慢性化しているとは言っても、20時間、30時間程度で自分にとってそれほど負担が大きいものではないものであれば問題はないかもしれません。

ただ40時間、50時間、中には80時間なんて大きな負担を感じる残業時間を当たり前のものだとして働き続けるのはやはり問題あり。

長時間労働は人の心も体も蝕むことを忘れてはいけません。

ちなみに1ヶ月当たり45時間を超えている場合は、仕事と健康問題発症の関連性が強いと評価されます。

どうにか減らすような取り組みをして行かなければ、この先何十年と続く会社生活を健康に続けて行くことが難しくなります。

ではどうすれば残業を減らすことができるのでしょうか。

残業が多い原因と減らす為にできること

残業を減らす上でまず知っておかなくてはいかないのが、なぜ残業が多いのか、なぜ残業が慢性化してしまっているのかという原因。

残業が多い原因には様々なものがあります。

仕事量が多く、能力に見合っていない

まず一つ目がその人の能力に見合わない仕事量を与えてしまい、たくさんの残業をしなければ仕事が終わらないという理由。

特定の個人に残業が多い場合はこの理由であることが多いです。

仕事をこなせる量は人のよって様々。経験の有無や仕事のスピード、集中力などによって大きく差があります。

これが原因の場合、まず個人としては自分がどういったことに時間を費やしているか、時間を無駄に使っていないかを確認しながら仕事をこなせるスピードを上げていくことが必要。

また上司に相談することも大切。

あなたが与えられている仕事の量、そして負荷が実は上司が予想しているものよりも多くなってしまっている場合もあり、それに気づいて貰えず一人だけ残業が多くなってしまっていると能力が低いと勘違いされてしまうことになるし、残業も減りません。

上司は思っている以上に部下のこと、仕事のことをわかっていない場合が多いのです。

残業ありきで計画を立てている

そもそも仕事をする際に残業ありきで計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

これでは残業が減らなくて当然。

この考え方に慣れると、たとえ仕事が多少少なくなって定時で帰れるような時でも、無駄に残業することになってしまいます。

まずは考え方を変え、仕事の計画を立てる時は残業ありきではなく、1日8時間しかないという前提で行いましょう。

残業をするのはあくまでやむを得ない時。自分で最初から当たり前だと思ってしまっていれば減らすことができるものも減らせません。

職場全体の仕事量が多い

そもそも職場全体の仕事量が多く、自分に限らずかなり残業しなくては仕事が回らない状態になっている。おそらくそんな人が最も多いのではないかなと思います。

人は増えないし仕事のやり方も変えて貰えないのに仕事だけは増えていく。そうなると残業で対処するしかありませんからね。

そしてこの場合は残業を減らすことがかなり困難。

自分個人が担当の仕事を色々と工夫して早く終わらせるようになったとしても、周りが残業が多いのに一人だけ残業が少ないなんて状態は許されず結局他の人が担当していた仕事を手伝うことになり残業は増えるだけ。

仕事ができる人ほど負荷が高くなってしまうものなのです。

ではもし職場全体として仕事を早く進めるような対策ができたとしたらどうでしょう。

おそらくそうなると経営陣は残業が以前より減ったから余力があると判断して、さらに仕事を増やしていくだけ。

中々残業を減らすことには繋がらないのが現実です。

残業代がないと給料が少ない

残業をたくさんしないと残業代が減り給料が少なくなってしまうので残業しているという人も少なくないはず。

いわゆる生活残業というものです。

残業代は割り増しされるので、残業代をしっかりだしてくれる会社ならかなり大きな金額になりますからね。

時給2000円で月50時間残業すれば10万円にもなります。

ただ同時に貴重なプライベートの時間を犠牲にしている、健康を犠牲にしているということを忘れてはだめ。

お金も大切ですが時間も大切です。

給料が低いならまずは残業をそこまでしなくても給料を維持できるような転職を考えてみるべきです。

今はかなりの売り手市場。転職で年収アップできる可能性は高くなっています。

残業するのが当たり前の雰囲気になっている

職場によってはたいして仕事がなくそこまで多くの残業をする必要がないのに、残業するのが当たり前の雰囲気になっていて帰りにくいという場合もありますよね。

定時で帰ろうとすると何か理由あるのと聞かれたり、特に緊急性も重要性も低い仕事を頼まれたりなんてこともあります。

残業はみんな嫌いかというと実はそうでもありません。

先ほど述べた生活残業の為という人もいれば、家に帰りたくないという人もいて、残業を好んで行っている人もいます。

上司がそういった人だと、どうしてもそういう雰囲気になってしまいがちです。

これに関しては、まずは仕事を完璧に終わらせて、やる気がないと思わせるのではなく優秀であるから終わったという印象を残して、気にせず帰るくらいしかありませんね。

残業せずに早く帰っていると評価を下げられる

日本の職場では長時間労働が歓迎される傾向にあるのは間違いありません。

残業をしている人ほど仕事に対するやる気があり頑張っている社員、残業が少ない人は仕事に対するやる気がなく頑張っていない社員。

そんな風に決めつけて、後者の尿かを下げる上司もたくさんいます。

普通に考えれば同じ仕事をするなら残業が少ない人ほど優秀であるのは間違いありません。残業代もいらないので会社の負担も少なくなりますしね。

でもそれに気づいていない上司が思いのほか多いんですよ。

私が以前勤めていた会社では、成果主義をうたっていながらそんな感じでした。

月始めに毎月の残業時間を指示されるのですが、その残業時間に満たないと何故か怒られたり、やる気が低いとみなされるのです。

個人に原因があれば減らすことはできる、会社に原因があれば減らすことは困難

さて、あなたが残業が多い理由を考えた時、どの理由に当てはまったでしょうか。

正直言って残業が減らすことができるのは、仕事のスピードが遅い、残業ありきで仕事の計画を立ててしまっているといった個人的なことに原因がある場合のみ。

残業しなければ評価が下げられる、職場全体の仕事量が多く人が増える見込みもない、会社自体が長時間労働を前提として仕事をとってきているといった理由の場合、一人の力でなんとかするのは困難なのが実情です。

最近では長時間労働を問題視して是正する企業も増えてきています。いわゆる働き方改革というものです。国としても残業の上限を決めました。

ただ実際に是正に乗り出している企業は少なく、是正しているといってもまだまだ多いのが現実。

国が決めた上限も1ヶ月100時間、年間720時間というかなり多いもの。

残念ながらまだ会社に期待できるようにはなっていないのが現実でうs。

減らすことが困難な場合は転職を検討してみるのが良い

個人ではなんともできず、会社にも期待できないような状態だとすると何ができるのでしょうか。

結局は我慢するか、残業が少ない会社に転職するか、その2択。

同じ職種で同じような仕事をする場合でも、残業が少ない会社というのはたくさんありますから、転職というのは悪い選択ではありません。

もちろん残業代分は給料が下がってしまう可能性もありますが、やっぱり健康が大切。

また今の転職市場の状態を見ると残業が減っても年収アップできる場合も決して少なくはありません。

ですから残業が多くてしんどいと感じる人はぜひ転職も検討してみてください。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ