「今の仕事ごとがうまく行かない」と感じながらも、次の仕事が簡単に見つかる訳がないと渋々、人間関係がうまく行かない職場や向かない仕事と毎日向き合っている方もいることでしょう。

仕事を辞めたいと感じる時と言うのは、その仕事を始めてまだ間がない時期であることも多く、その理由は数ヶ月働いてみると会社の見えなかった汚い部分が見えてくるからです。

しかし、始めたばかりで仕事を辞めることになると次の仕事の面接にも支障が出ることが考えられ、できることと言えば働きたい会社に目星をつけておくことくらいと言えます。

そこで、短期間でも転職がうまく行くコツを掴んで、早期退職をするから次の職場が見つからないと言う悩みをないものにしてしまいましょう。

早期退職を次の仕事に響かせないようにするには、短期間しか働かず会社を辞めたとしても、退職の理由がしっかりしていて次の会社での面接のポイントを押さえていれば、問題なく次の会社へ移ることができます。

仕事は人生がかかっていると言っても過言ではありませんし、自分が本当に「ここなら長く働ける」と言ったところで働かないと、結局うまく行かず転職できない年になり後で後悔することにもなり兼ねません。

長く腰を据えて働ける職場を見つけ出すためにも、短期の転職でも面接をスムーズに通過するテクニックを身につけてください。

転職をするべき人とそうでない人

転職は多くの方がしていますが、短期間での転職となると「あり」または「なし」なのか? 自分で判断するのは難しいと言えます。

短期間での転職でも今後に響かないようにするにはどこに着眼して転職を考えたら良いか? 状況別にスポットを当てて行き解説していきましょう。

短期間でも転職しないほうが良い人

(1)理想とのギャップ

「入社する前と今との理想のギャップ」が原因で転職を考えているなら、安易に転職を決めてしまうのは危険です。

もちろん、会社に対する理想は大切なことですが、入社してすぐは職場や業務になれるのがやっとで戸惑うことが多いのも当たり前と言えます。

入社当初感じていたギャップも仕事に慣れてくるといつの間にかプラスのギャップに自分の中で変化していることも考えられるので、理想とのギャップで転職を検討中なのであれば今一度自分を見つめ直し転職は思いとどまった方が良いでしょう。

もしも上記のような理由で転職した場合、似たような理由で転職を繰り返してしまう恐れや転職したことを後から後悔することもあるので、癖づけない為にも、もう少し耐えてみた方が忍耐強さもつき自分へのプラスとなります。

(2)入社して3ヶ月以内で「馴染めない」と感じている場合

あるアンケート調査によると「馴染めない」と感じた方の半数は入社して3ヶ月ほど経つとそれが解消されたと回答していて、その後は特に転職を考えることなく快適な環境で働いている方がほとんどです。

このことから、よほどのストレスでない限り様子を見るのも一つの手と言え、気に入らない部分があったとしても、一歩下がって本当にそのことがストレスなのか? 見極めてみるといいでしょう。

入社した頃は初めてのことが多く自分の中で処理しきれず、深く考えてみれば大したことではないこともストレスに感じてしまうことがあるので、落ち着いてみてください。

(3)転職に対して目的が定まっていない

「明確な不満や不安がない」・「友人や同僚の転職に便乗して」など目的が定まっておらず、周りに影響されて転職しようと考え始めた方には転職はおすすめしません。

そのようなタイプの方は目的意識や現状認識が甘いことが多く、その曖昧さは次の面接にも出てしまうと言え、結果、転職活動がうまくいかなかったりハイリスクな転職を選択したことを後悔する可能性が非常に高いです。

短期間であっても転職を考えた方が良い人

(1)人間関係で悩んでいる

人間関係で悩んでいる場合は、思い切って転職してしまった方が良いと言えます。

プライベートであれば嫌な相手との関係を切ることも簡単ですが、それが会社になるとずっと一緒に仕事をこないしていく否が応でも長く付き合って行かないとならないパートナーとなり、その相手が苦手な場合、集中力やモチベーションに影響し結果仕事になりません。

いじめなど相手に改善の余地がなくさらに精神的な疲労を感じてしまうなら、それは職場とは言えないので本当の職場を探す為、新たな環境に移った方が良いでしょう。

(2)生活に支障が出ている時

仕事のことを考えてうつ状態のようになってしまう時は許容量を超えていると言えるので、早急に転職し気持ちをクリアにして、新たなスタートを切った方が良いでしょう。

仕事は一生ものなので「うつ」なると言う事は、その仕事は自分には向かないと言う答えが出ているようなものなので、無理することはありません。

(3)待遇が非常に悪い&会社に相談しても状況が改善されない時

有給休暇を取らせてくれない場合や残業を過多にさせその分の給料はなしなど待遇がひどい状況で、いわゆるブラック企業呼ばれる会社は早めに転職してしまいましょう。

仕事は働いた分だけしっかりと給料が支払われなければならないものです。

それを相談しても改善が見られないなら会社自体がルーズと言え、そのようなルーズな会社は有給休暇や残業過多、以外の面でも同じことをしていると考えられるので、その内大きな問題を会社が抱え込むことも想定でき、その時自分がまだ在籍していたら巻き込まれてしまいます。

このような場合は考える余地なく、転職してください。

転職のリスク

短期間の転職でも場合によっては「あり」だと言うことが分かりましたが、転職にはリスクは付き物となりその点を最初から理解しておく必要があります。

転職は通常でもリスクが付き物ですが短期間となると収入面では特に気をつけなくてはいけません。

リスクを踏まえてから転職をしないと後の後悔に繋がることもありうるのです。

短期間で転職する4つのリスク

(1)ローン審査が不利になる

借入れをする時、審査が付き物ですが、ローン審査では勤続年数もチェックされ、転職したばかりだと勤続年数が低いという理由でローンの審査が通らない可能性が高くなります。

仮に短期間で転職をしたとしても年収が上がっているならば影響は少ないですが、短期間転職を繰り返しており、正規雇用と非正規雇用を行ったり来たりしているなどがあればマイナス評価を受ける可能性もあります。

(2)収入が低くなる可能性がある

転職先ではしばらく試用期間となる可能性が高いと考えられ、試用期間は基本給を減らされることが当たり前となっています。

残業代や各種手当てが支給されないので、今までの収入からマイナス5万円またはそれ以上も考えられる為、短期間の転職であっても給料面はよく考えてから決断した方が賢いです。

転職前は予め給料の計算や数ヶ月分の貯金が必要ですし、短期間の転職であれば貯金もあまりないと言えるので家族に事情を話したり、あるいは市に相談して雇用保険を適応させてもらったりなど落ち着いて転職のステップを踏んで行くのが安全と言えます。

(3)転職先を見つけにくくなる

短期間での転職の場合、「仕事への責任感がなさそう」・「すぐに辞められるのではないか」など面接時に相手側へ不安なイメージを与えてしまうので、転職の理由は周りが納得するような内容でないとならず、理由がしっかりしていれば面接に通過することは多いでしょう。

面接前は、なぜ辞めたのか? 筋道を立ててきちんと答えられるようにして、相手側に安心感を持って貰えるように答えることが大切です。

また、短期間での転職をする場合は短期間ということだけでも不利なので、幅広い目で職場を選び、選り好みせず多少の妥協も必要となります。

(4)国への税金関連を自分で支払う

すぐに転職先が見つからない場合、社会保険からは抜けなくてはならないので、今まで会社が半分支払ってくれていた保険料は次の仕事が見つかるまで全て自分で負担しなくてはなりません。

国に支払う税金はざっと国民年金・国民健康保険・住民税などがありますが、これらをトータして失業中は毎月国に収め、会社を辞めたことも自分で市へ申請するようにしてください。

税金は年収によって左右され、正社員であればフリーターの方などと比べて収入が良かったと考えられるので、保険料や年金をトータルして月4〜5万円見ておくと安心でしょう。

短期間で転職が成功するポイント

では、短期間転職を考えるべき状況にある人や新しい職場に移る際のリスクを見てきましたが、この2点について目を通したら次は一番大切な箇所と言える短期間転職が成功するポイントを確認して行きます。

成功ポイントを知っているのと知らないのでは、次の職場が決まるまでの期間に大きな差が出ると言えるので、しっかりと覚えておきましょう。

短期間での転職を成功させる5つポイント

(1)条件を絞り込みすぎない

短期間転職では条件を絞り込みすぎないことも転職を成功させるコツで、なるべく多くの会社に応募することによりその分採用率も上がります。

面接時には会社ごと各社の特色を伝えてくれるので表面的ではありますが多くの会社を受けた方がより自分に向いているところを探し出しやすいです。

(2)応募書類の段階で「転職した理由」を記載しておく

企業側に「短期間で退職」と言うことしか分からないと不信感を持たれてそもそも書類選考で採用を見送られてしまう可能性が高い為、転職理由はきちんと記載してください。

(3)面接時には転職理由をさらに具体的に答えられるようにしておく

企業側が転職理由を聞くのは、転職理由から仕事に対する考え方を知りたいからです。転職した理由を聞くことにより、その人が仕事で何を重視しているか? など仕事に対する姿勢を見ています。

そして、転職理由を知り、ある程度どんな人物かを判断してから、会社の条件に合う必要な人材かどうかを見て行く流れとなるでしょう。

特に重点的にチェックされる点は、仕事や社内での役割に責任が持てるか? すべてを周りのせいだと捉えて被害者気分になっていないか? などなので、この2点を予め踏まえて転職理由に答えてられると良いと言えます。

(4)転職理由で嘘をつかない

短期間転職では短期間と言うだけで不利だと考えるのは当たり前ですが、不利な部分をカバーしようと見栄を張らないようにしましょう。

転職理由を聞かれた際に誤魔化したり曖昧にしたりするとその微妙な回答は相手に伝わり、不信感を抱かれてしまう可能性もあるので、なるべく正直に答えることが大切です。

例えば転職理由が「以前の会社への不満」である場合、その不満に対して「自分自身はどういう対処をしたのか」または「これからどうしたいのか」ということを明確に答えられる準備を予めしておくと安心と言えます。

前の会社に問題があった場合でもすべてを会社のせいにすることは避け、問題があった職場や上司に対して不満を述べるだけでは魅力は伝わりません。

そのため、自分がそれに対してどのように努力したのか?こうした経験を踏まえてどのようなキャリア観を持っているのか? など、前の会社で何があったのかを伝えるのではなく、自分の長所をアピールして行くと言う点を忘れないようにしましょう。

(5)自分の譲れない条件は何か? はっきりさせる

自分にとって仕事をする上で絶対に譲れない条件や要素は何か? をはっきりさせることで、企業側に意向が伝わりやすくはっきりと答えることで印象も良くなります。

また、自分の意向と違うところで働くのは短期間転職の二の舞となってしまうことも考えられます。

企業側に意向を伝えることで会社側も社風に合っているかを見極められ、採用・不採用を決める鍵となり、どの面接でも意向をきちんと伝えることは本当に働きたい職場を見つけ出すポイントとなるでしょう。

※(譲れない条件の例) 「社員の雰囲気」・「成長する体制が整っているか」・「競争し合う風土なのか」・「協力し合う風土なのか」など

転職を成功させるポイントは実際の面接に大いに役立つので、面接の練習時から取り入れ本番ではすらすら対応できるようにしてください。

短期間転職は先を見据えて、本当に今の自分に転職が必要なのか? 必要であれば面接で成功する力を身につけよう

短期間転職が今すぐ必要な人は「うつ病」や「いじめ」に悩まされている人で、この2つは争いようがなく自分の身を守ることを最優先に考えた方が確実に良いと答えが出ているからです。

友人が辞めるから自分もと言う便乗的な考えやまだ日が浅く理想とのギャップで転職を考えているなら、もう少し見極めてそれでも自分には転職する必要があると見えた時に転職しましょう。

曖昧な理由での転職は簡単ではありません。

そして、短期間転職での面接のコツは嘘をつかないことで、前の職場での自分の状況ではなくそれを経て今の自分がどう変わったのか? 自分の魅力を伝える形にしてください。

短期間転職を選択すると言うことはそれなりの理由があることが想定できますが、会社では事業に誠心誠意打ち込んでくれる自分をしっかりと持った前向きな人材を求めているので、今までのことを後ろ向きに捉えるのではなく希望に変えて行き面接にトライし、短期間転職を成功させましょう。