退職、転職時に知っておきたい有給休暇に関する知識。

労働者の権利として法律で定められている有給休暇ですが、退職、転職時にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

知らないせいで、損をしたりトラブルになることを避ける為、あらかじめ理解しておきましょう。

関連記事

 

退職時の有給休暇に関する知識

ではまず退職時に知っておきたい有給休暇に関する知識です。

退職時の有休消化の権利、会社側の拒否は可能?

有給休暇は労働者の権利であり、基本的には自由に取得することが可能で会社側に拒否権はありません。

退職が決まった場合もそれに変わりなく、退職日までに有休消化を願い出たら会社は拒否することができません。

一応会社側には仕事の都合で労働者に有休取得の日を変更してもらう「時季変更権」という権利があります。

ただこれはあくまで代わりの日がある場合に使えるものであり、退職が決まっている場合だとその代わりの日がない為、使用不可。

その為、たとえばこういったことも可能です。

  • 有給休暇残日数約40日、2ヶ月分ある状態で2ヶ月前に退職届を提出。
  • 翌日から退職まで全てを有給消化で対応し一度も出社しないまま退職。

退職の申し出は最低でも2週間前ですが、有給休暇を使えば即日退職と同じような形を作れるのです。

ただ引継ぎもせず、会社に代替要員の手配の余裕を持たせずに退職することになるのでトラブルは必至になってしまいますが。

余った分の有給休暇の買取

有給休暇の買取は原則認められていません。

ただ退職時に余っている分であれば買取が可能となっており、会社によっては買い取ってくれる場合があります。

ただ余った分の買取は義務ではなく、会社が買い取らないと言えばそれまで。買取の金額も会社次第です。

買い取ってもらえるかどうかは就業規則をまずチェックしてみましょう。記載があれば買い取って貰えます。

ただ就業規則に記載されていない場合でも、上司や人事に話すと個別に対応して貰える場合もあります。

消化しきれず、買取もなかった場合

もし余った有給休暇を消化しきれず、かつ買取もなかった場合はその有給休暇は消滅。次の会社に引き継がれるなんてことはありません。

月給33万円、月間出勤日数22日だとすると日給1万5千円。

40日分の有給休暇を消化できずになくなってしまうと60万円も損してしまうことになるんですね。

引継ぎと有給休暇のバランス

退職時に難しいのは引継ぎと有給休暇のバランスです。

もし退職日まで余裕をもって退職を申し出ることができれば、上司次第ではあるものの問題なく使い切ることもできます。

毎月バランスよく使っていったり、退職日を最終出社日からかなり遅らせて集中して取り切ることもできます。

ただ次の会社が決まっている場合だと、長くても1~2ヶ月程度しか退職日まで余裕がないのでなかなかそうもいきません。

周囲に聞くと5日未満という人も多く、全消化できたという人はいないのが現実です。

ただせっかくですからできるだけ多くとりたいところ。

その為にも上司に相談し、行き当たりばったりで引継ぎするのではなくしっかりスケジュールをたてて行ったり、できる範囲で次の会社での勤務開始日を遅くするといったことが必要となります。

転職時の有給休暇に関する知識

続いて転職時に知っておきたい有給休暇に関する知識を紹介して行きます。

前職の有休消化中に入社することは可能か

もし前職の有休消化中に次の会社に入社することが可能であれば全消化も可能となりますが、これができるかは勤務先及び転職先次第です。

もし双方で二重就業が可能であるならば問題はありません。

ただどちらかが二重就業を就業規則で禁止しているなら、それに違反することになります。

そしてほとんどの会社ではこの二重就業が禁止されています。

社会保険の都合上双方に隠し通すことは不可能である為、ほぼ不可能であると考えた方が良いでしょう。

有給休暇付与のタイミング

転職後気を付けたいのが新たに有給休暇を付与されるタイミング。

法律上は6ヶ月後に10日、そこから1年たつごとに11日、12日、14日、16日、18日、そして最大20日まで増えていきます。

ようするに入社して最初の6ヶ月は有給休暇が0日となるわけです。

ただしこれはあくまで最低限の日数であり、会社によっては入社した時点で数日付与してくれる場合もあります。

有給休暇がないのに休む場合

まだ有給休暇が付与されていない場合にどうしても会社を休むことになった場合、たいていは「欠勤」扱いになる場合がほとんどです。

有給休暇を使って休んだ場合だと給料を減らされることはありませんが、欠勤となるとその日数分だけ給料は減額されます。

さらに欠勤の場合だとその月の給料にとどまらず、ボーナスも減額されてしまう場合があるので注意が必要です。

ただし会社によっては有給がない状態で休む場合にそれがやむを得ない事情だった場合、欠勤扱いとはしないで貰える会社もあります。

せっかくの権利、できるだけ活用するようにしよう

退職時の人によって取る余裕がある場合、ない場合、上司が取らせてくれやすい場合、円満退職を望む場合など状況は様々。

ただ有給休暇は労働者の権利であり、使わないまま無くすのはもったいないことです。

ぜひ、正しい知識を持ってできる限り納得いく形で退職、転職に望みましょう。

おすすめ転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. JACリクルートメント
  3. マイナビエージェント
  4. ミイダス

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

JACリクルートメント

対象の年代20代~50代
どんな人に向いている?・キャリアアップ・年収UPを実現したい方
・自分のキャリアを生かして転職を行いたい方
・求人紹介や書類添削、面接対策など転職のサポートをしっかりと受けたい方
・利用者の満足度の高いエージェントを利用したい方

リクルートエージェントやマイナビエージェントは属性や年齢を問わずに利用しやすい転職エージェントですが、JACリクルートメントはどちらかといえば社会人経験があり、自分のキャリアを生かして転職したい方におすすめの転職エージェントです。

年収600万円以上の好待遇の求人を多く取り扱っており、JACリクルートメントを利用することで年収UPを実現できる可能性が高まります。

また、利用者の約92%の方がサポートや転職活動の結果に満足したと回答しており、JACリクルートメントでの転職活動の質の高さがうかがえますね。

エージェントからは求人の紹介から内定獲得後の入社日や年収の交渉まで、最初から最後まで一貫してサポート・作業代行を行ってもらうことができます。

自力で転職活動を行うよりも、JACリクルートメントを利用することで内定率の向上と手間の削減を実現することができるので、キャリアアップや年収UPを目指している方はぜひ登録してみましょう。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

関連記事