休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

土日、連休などの休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくないと思ってしまう人はかなりいるのではないでしょうか。

何度休みを経験しても慣れないですよね。

次の土日まで5日間頑張らなくてはいけない、次の長期連休までなら数か月頑張らなくてはいけない。

もう憂鬱で仕方なくなってしまいます。ひどい人は体調に影響でる人もいます。

さて、この憂鬱な気持ち、あと何回感じることになるのでしょうか。

考えただけでぞっとしてしまいます。

そこで今回は、休み明けの憂鬱さを解消する方法について紹介して行きます。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

なぜ休み明けは憂鬱に感じるか

そもそもなぜ休み明けは憂鬱に感じてしまっているのか考えたことがありますか?

人によって憂鬱に感じる理由は違いますから、解消する為にも自分がそう感じる理由について明確にしておきましょう。

やりたくない仕事がある

休み明けの週に自分にとってやりたくない仕事が待っていると、どうしても憂鬱になってしまいます。

例えば、人前でのプレゼンなんかがあると、苦手な人にとって憂鬱で仕方なくなるでしょう。

これがたまにであればいいんですが、人によっては毎週やりたくない仕事があるという人も多いのではないでしょうか。

毎週の上司報告、定例会などがあると、毎週行きたくないと思ってしまいます。

仕事がつまらない

仕事自体がつまらないこともまた、休み明けが憂鬱になる原因となります。

誰だって、つまらないことを1週間も続けるなんてことをしたくありません。

仕事がつまらないと、毎日早く仕事が終わらないかな、早く休日にならないかといつも思ってしまいます。

そして楽しみである休日が終わるころになると、また始まる仕事に憂鬱になってしまいます。

やり残した仕事がある

休み前にやり残した仕事があると、休みが終わりに近づくにつれ、そのことを思い出し憂鬱になってしまいます。

休み前はどうしても気持ちが大きくなってしまい、仕事に手を抜いてしまったり、次週に持ち越す人も多いです。

ただ、持ち越したところでやらなくてはいけませんから、自分を苦しめる原因となってしまいます。

職場の環境が悪い

人間関係が悪い、パワハラがあるといったことがあると、それだけで会社に行きたくないと思ってしまいます。

休日にいったん解放されると、休み明けに行きたくないという感情はより増幅されるでしょう。

人間関係が悪いことで、会社を辞めてしまう人も大勢います。

自分の時間がとれなくなってしまう

休みは自分の趣味をしたり、友人や家族と遊んだりと、自分の為に時間つかうことができます。

しかし、休みが終わって仕事が始まると、なかなか自分の時間をとることができません。

残業がなければ仕事が終わってからも、ある程度自分の時間を持てますが、残業が多いと仕事して帰ってきて寝るだけの生活になってしまい、不満を持つ人も多いです。

趣味などが楽しいと感じている人ほど、強く思う傾向があります。

スポンサーリンク

憂鬱な気分を解消するには

では休み明けの憂鬱な気分を解消するにはどうすればいいでしょうか。

週末に仕事の手を抜かない

休みが近いからと、仕事を後回しにして手を抜いてしまうと、その分休み明けの負荷があがってしまって憂鬱に感じることも多くなります。

ですから、週末は仕事に手を抜かず、あえて月曜日にやるはずの仕事を先にやってしまえば、憂鬱な感情も幾分か軽減することにつながります。

月曜日の仕事が楽であれば、仕事が気楽になります。

平日に楽しい予定を入れる

平日、特に火曜日か水曜日に仕事が終わった後に楽しい予定をいれてみるのも一つの手です。

仕事以外の予定が週末だけだと、次の休みまで長いと思ってしまいますが、週の真ん中に何か予定があると、そこで一旦区切りをつけることができる為、月曜日に感じる負担は減ります。

次の休日の予定を立てておく

平日だけでなく、次の休日の予定を立てておくのも一つの方法です。

次の予定があると、その日に向かって頑張れるし、日にちがたつことが嬉しくなってきます。

次の土日、次の連休が早く来ないかなと思える予定をいれてみてください。

1週間の中にもメリハリをつける

1週間を全力で頑張らなくてはいけないというのも憂鬱になってしまう原因の一つです。

土日休みだと5日間。5日間を全力で頑張らなくてはいけないというのはきついです。

ですから、メリハリをつけるといいでしょう。

有給休暇を使えるのであれば、週の真ん中に使ってみたり、週の真ん中は残業せずに定時で帰ることにするといったメリハリをつけてみてください。

休みの日は仕事のことを一切考えないようにする

日曜日の午前中から徐々に仕事のことが頭によぎってきて、午後にすでに考えてしまっている。

夕方になると、仕事のことを強く意識してしまうよになって憂鬱に感じてしまう。

そんな人が多いのではないでしょうか。

休みの日には仕事のことを一切考えないというのは、大切なことです。

なかなか難しいかもしれませんが、意識的に行うことが必要です。

月曜日を乗り切ってしまえば、意外に大丈夫であることも多いですから、何も考えず月曜をすごせばいいのです。

仕事を変える

時には仕事を変えることも必要となるでしょう。

人間関係がどうしようもない、平日は残業が多すぎてメリハリなんてつけることはできない、仕事がつまらなすぎるといったことがあると、

なかなか休み明けの憂鬱を解消することもできません。

病院で治療する

かなり強い憂鬱を感じているならば、それは実はうつ病かもしれません。

ですから、一度病院に行ってみるのも必要となります。

眠れない、頭が痛い、常に気分が落ち込んだ状態が続くといった症状がある場合は、一度専門医に相談してみましょう。

休み明けに憂鬱にならないことができる?

休み明けに憂鬱に感じているのは、みんな一緒だ。仕事はそういうものだ。そう思っていませんか?

確かに多くの人が感じることです。

しかし、実は休み明けにいつも憂鬱に感じる人は約半数程度であり、残りの半数はたまに感じる程度か、まったく感じない程度です。

ですから、憂鬱だと思わないようになることも可能なのです。

会社に行きたくないという思いを無くす一番の方法は、会社に行きたいと思うことができる仕事を見つけることです。

まずは多くの仕事を見てみてはいかがでしょうか。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事を休みたいと思ってしまう理由やそれでも働く理由

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!



このページの先頭へ