やりたくない仕事を続けるべきか、それとも逃げるべきか。それぞれのメリットとデメリットから考察。

いざやりたくない仕事をしなければいけなくなった時、どうするのが正解なのでしょうか。

やりたくなくても我慢して続けるのが正解?それともさっさと辞めて転職するのが正解?なかなか難しいですよね。

今回はやりたくない仕事を続けることによるメリット、デメリット、そしてどうすべきかを考える上で必要なことを紹介します。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

やりたくない仕事は続けるべきか、それとも転職するべきか

望まない異動、希望とは違う配属先などによって、やりたくない仕事をせざるを得なくなっている人は決して少なくないはずです。

そしてそんな時に悩むのが、やりたくない仕事でも続けるべきか、それともさっさと転職してしまうべきかということ。

簡単には転職すると決めれないものの、かといってやりたくない仕事を無理に続けるストレスも高くて辛いという、どうすればいいかわからない苦しい悩みを抱えることになります。

ただ悩んだまま答えを先延ばしするということは、この先も変わってはくれません。

やりたくない仕事を続けることになり、答えがでていない分悩みも深くて苦しみ続けることになってしまうのです。

そんなことは誰も望んでいないはず。だからこそ、あらためてどうすべきなのか真剣に考えてみましょう。

やりたくない仕事でも続けるメリット

一般的には転職するよりも仕事は嫌でも我慢して続けろと言われることが多いです。

ただそもそもやりたくない仕事を続けるということにはどういったメリットがあるのでしょうか。

仕事に慣れるに連れて楽しいと感じることができる可能性がある

最初はつまらない、絶対にやりたくないと思っていた仕事であっても、続けるうちに楽しさを感じることができるようになる可能性は大いにあることです。

続けていれば仕事に慣れてきます。できるようになることだって増えていきます。そして裁量が大きくなり、大きな仕事を任せられたり、仕事内容にも変化がでてきます。

やりたくないと感じる気持ちが、いつまでも続くとは限りません。

もしいつかそんな日が来たら、続けて良かったと思えるかもしれないのです。

いずれ自分が望む姿につながっている場合がある

将来的にどんな職種になるにしろ、新入社員はまず営業からスタートするという会社も少なくはありません。

現場を知ることで得られるものが多いからという判断からです。

職種の違いに限らず将来的にはやりたいと思う仕事に繋がっていても、その過程では希望とは違う、やりたくない仕事をしなければいけないという場合は多くあります。

そういう場合、やりたくない仕事でも続けることが望む姿の実現に繋がるかもしれません。

わざわざ転職しなくても異動で仕事が変わる可能性がある

仕事を変える手段は転職だけではありません。異動によって大幅なキャリアチェンジが実現できた人もたくさんいます。

仕事を変える転職というのは、多くの場合年収ダウンを伴います。第二新卒を除く転職市場では、その職種での経験やスキルが重視されるからです。

しかし異動であれば年収ダウンといったデメリットなく、仕事を変えることができます。

やりたくない仕事でも続けるデメリット

一方でやりたくない仕事を続けるデメリットには以下のものが挙げられます。

仕事がつまらなく、ストレスも大きい

やりたくない仕事を続けることはとにかく苦痛。仕事はつまらないし、ストレスだって溜まります。

いつか変わるかもしれないと言っても、少なくとも数年はかかります。しかも本当に楽しくなるか、本当に異動できるかなんて保証はありません。

時期もわからず保証もない中で、いつかは変わるかもしれないと期待して過ごすのはやっぱりかなり大変です。

人によってはそのストレスが起因となり、体を壊してしまう人もでてきてしまうでしょう。

仕事に対するモチベーションが上がらず、成果もあげにくい

やりたくない仕事をしている時とやりたい仕事をしている時とで、モチベーション高く仕事ができるのは、当然やりたい仕事をしている時です。

やりたくないと感じている時点で、モチベーションなんて上がりません。

そしてモチベーションが低い状態が続いていれば、生産性は上がらず成果もあげにくくなってしまいます。

そして周りには差をつけられ、上司には怒られ、仕事ができない烙印を押され、会社での居心地もどんどん悪くなる。そんな未来が待っているかもしれません。

時間がたつにつれて違う職種へのキャリアチェンジが難しくなっていく

キャリアチェンジの転職は年齢が上がれば上がるほどに難しくなっていきます。

社会人1年目から3年目の第二新卒転職であればしやすいですが、20代後半になると転職はできるものの年収ダウンする可能性が非常に高くなります。

そして30代になると年収ダウンはもちろんですが、そもそも転職できる職種の選択肢がかなり狭まってしまいます。

キャリアチェンジ転職は決して簡単ではありません。

もし、いつか楽しくなるかもしれない、異動できるかもしれないと思い長々と続けていると、だめだ、無理だと気が付いた時には、すでに離れることができなくなってしまうかもしれないのです。

やりたくない仕事を続けるか、それとも転職するかで悩んだ時にすべきこと

続けることにはこのようなメリット、デメリットがあるわけです。

その為、人によっては続けた方が正解の場合もあるし、さっさと転職した方が良い場合だってありえます。

ですからもし続けるかどうかで悩んだ時は、以下のことについてあらためて考えてみてください。

自分はなにがやりたいのか、どうありたいのかを考える

あれはやりたくない、これはやりたくないと思うのは簡単。

どんな仕事にだって辛いこと、しんどいことはあるし、望み通りにいかないこと、つまらないことだってあります。

後ろ向きなことを考えれば、いくらでも考えることだできてしまうのです。

だからこそ大切なのは、何がやりたいのか、そしてどうありたいのかというやりたいことやなりたい姿を考えること。

そこが明確に描くことができ、転職しなければ実現できないものならば転職する為に行動を起こすべきでしょう。

今の仕事に真剣に取り組んだ上で感じていることか振り返る

最初からこの仕事はやりたくない、この仕事はつまらないと決めつけて、嫌々手を抜きながら仕事をしていてはその後も何も変わりません。

真剣に取り組んでみると、もしかしたら仕事が楽しくなるかもしれないのに、その機会を失ってしまっているのです。

他にやりたいことが決まっているならばすぐに転職すべきです。

しかしそうでないのであれば、まずはやりたくないとか向いてないという先入観を持たずに今の仕事に真剣に取り組み、本当に続けるべきではない仕事なのかを見極めてみるといいかもしれません。

続ける期限を設けること

先ほども述べたように、いざ転職するにしても年齢が高くなっていくとそれが難しくなってしまいます。

だからこそ、続けるという決断をした場合は期限を設けることが重要です。

できれば第二新卒として転職できるうちに転職した方がいいし、遅くても20代には転職に踏み切っておきたいところです。

気持ちが変わるかもしれない、良い方向に変わるかもしれないという期待を抱くということは、同時に変えるチャンスを失っていくリスクも生じているということを頭にいれておきましょう。

最後には辞める勇気ももつ

転職した方がいいのだろうと自分の中で結論がでているにも関わらず、実際に転職に踏み切れずにいる人というのは少なくありません。

辞めたら後悔するのではないか、転職に失敗するのでないか、悪い方向ばかりを考えて決断できずにずるずる言ってしまうのです。

ただ最後の最後に決断できなければ、結局何も変わりません。やりたくないと思っている仕事を続けていることになります。

だからこそ辞める勇気を持つことは重要なこと。

とにかくまずは転職活動を始め、内定を貰い、そして最後には勇気をもって思い切った決断をしましょう。

続けるか、転職するかは自分次第、決めるのも自分

続けるのがいいか、それとも転職するのがいいかは、結局自分以外で決めることはできません。

自分が置かれている状況、そして自分が望んでいるもの、あらためて考えて、続けるべきなのか転職すべきなのか、続けるならいつまでなのかを決めましょう。

どうするのが正解なのかは現時点でははっきりとはわかりません。

続けることにメリットとデメリットがありますし、転職することにもメリットとデメリットがあるわけですから。

ただ決めないまま放置して時間がたつというのが一番後悔します。ぜひ自分で納得いく答えを導き出してください。

おすすめ転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。これから転職活動を始めようと考えている人は参考にしてみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT