仕事にやりがいがないと辞めたいと感じるのは当たり前。転職時もやりがいを無視してはだめ。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事にやりがいがないと辞めたいと感じるのは当たり前。転職時もやりがいを無視してはだめ。

仕事にやりがいを感じることができない。毎日そんなことを感じていませんか?

もしあなたがそう感じているならば、一度仕事についてよく考えることをおすすめします。

やりがいが中で仕事を続けるというのは本当に大変なことです。この先長い会社生活をそのままで過ごしても、後悔することになりかねません。

関連記事

 

仕事にやりがいがないと辞めたいと思って当然。甘えでもなんでもない。

やりがいがないことを理由に仕事を辞めたいと言うと、それは甘えだと言う人もいます。

年収が低い、休みが少ない、サービス残業が多い、パワハラがひどいと言った理由で転職する場合に比べると、否定的に感じる人は多いでしょう。

ただはたして本当にそうでしょうか。

やりがいを全く感じられないまま、何年も、何十年も続けることがはたして正しいのでしょうか。

やりがいがないと仕事なんて楽しいと感じるわけがありません。つまらなくてつまらなくて仕方がない仕事を、ただ生活費を稼ぐ為に続けることになるわけです。

そんなの辛くて当たり前ですよね。辛すぎて辞めたいと思うのだって当たり前です。

どうせなら楽しく仕事したいじゃないですか。だったら今の会社、今の仕事でそれが叶わないなら転職するというのだって正しい選択肢なはず。

やりがいを理由に会社を辞め、転職することは何らおかしなことではないのです。

やりがいがない仕事を続けることはただ苦痛

仕事をする時間って本当に長いですよね。

残業がなくても1日8時間。残業があると10時間。通勤時間や会社での休憩時間も含めたら12時間にもなります。

睡眠時間が7時間だと仮定すると、起きている時間の7割もの時間が仕事に費やしているということになるのです。

それが1週間に5日。

それほどまで時間を費やす仕事が楽しくないならば、毎朝会社に行きたくないと感じるようになるのは当然のことだし、仕事が終わってから残るのはただの疲労感だけ。

しかもつまらない分、仕事をしている間はとにかく長く感じてしまいます。

それが何十年と続くわけですから、ただのとにかく苦痛でしかありません。

もちろん仕事が終わった後や休日のプライベートを充実させることだって大事なこと。

ただそれだけ長い時間を過ごす仕事。仕事だから仕方がないと割り切るにはちょっと長すぎるし、いくらプライベートが充実したって解消できるものでもありません。

仕事にやりがいを感じられるかどうかは自分次第?

仕事にやりがいを感じれるかどうかは自分次第。よく言われていることですよね。

確かに同じ仕事であっても、やりがいを感じて楽しく仕事をできる人もいれば、全く感じれずにつまらないと感じる人もいますから、そういった一面はあるでしょう。

ただ果たしてそれだけなのでしょうか。

取り組み方、考え方次第で感じ方は変わる

仕事にやりがいを感じられない場合、一度自分について見つめ直してみる必要はあります。

当事者意識を持たずただ言われることだけをしていたり、最初からつまらないと決めつけて取り組んでいたり、仕事はこういうものだと諦めてしまっていたり、適当にやり過ごして時間を潰すことばかり考えていたり、全く努力することなく簡単なことだけをやっていたり。

そんな状態では、どんな仕事につこうがやりがいなんて感じることはできません。ただ毎日つまらないと感じて当たり前。

取り組み方、考え方次第ではこれまでやりがいがないと感じていた仕事も、意外にやりがいを感じることができるようになることは多々あります。

他に望んでいることがあると中々難しい

ただ何かほかに望んでいることがあって、それと今の仕事の乖離が大きい場合は中々難しいです。

本当は違う仕事がしたかった、人の役に立つ仕事がしたかった、人から感謝される仕事がしたかった。

そういった気持ちが強く、一方で全くそれが実現できていない状況で今の仕事にやりがいを感じようと真剣に取り組んでみても、やっぱり心残りがある分上手くはいきません。

もし今の状態で仕事にやりがいを見出す為には、その仕事に就くことが現実的に難しく今の仕事でやっていくしかないと自分の中で自覚しなくては、心残りがいつまでもことってしまいます。

環境によっても大きく変わる

やりがいは環境によっても大きく変わります。

サービス残業が多かったり、パワハラがひどかったり、職場の人間関係が最悪だったり、あまりに仕事がハードで精神的にも体力的にも限界に近い状態で働いていたり。

こんな状態でやりがいを感じようとしたって、その仕事が好きで好きでたまらない人でもない限り無理な話です。

やりがいと聞くとすぐ仕事内容に繋げてしまいがちですが、まずは環境面の方がよっぽど大事です。

また自分なりにやろうとしても身動きがとれない場合もありえます。

自分からあれをしよう、これをしようと思っても上司が否定ばかり。言われたことしかさせて貰えない。成長していきたいのに何年たとうが同じ仕事しかさせてもらえない。

自分次第で変えられると言っても、会社という組織に入っている以上は自分でやれることにも限度があります。

自分で変えられる部分もあれば、転職でもしないと変えられない部分もある

結局のところ、やりがいを感じる為に自分で変えられる部分はあるし、変えなくてはいけない部分もありますが、ただそれだけでなんとかなるとは限らないということ。

転職して会社を変えない限り、仕事を変えない限りはいつまでたっても無理という場合だってあります。

だからこそやりがいで辞めたいと思うのは甘えなんかではありません。

さっさと今の仕事を変えた方が良い場合も多々あるのです。

転職して変わった人も多い

実際、転職すると仕事にやりがいを感じれるようになったという人はかなり多いです。

本人次第なら転職したところで意味はないはずですが、実際は違います。

仕事を変えることによる影響というのは、思いのほか大きいんですよね。

転職時に仕事のやりがいをないがしろにしてはいけない

転職時、ついやりがいをないがしろにして転職後に後悔する人がいます。

仕事選びの際に年収が高い、休みが多い、残業が少ないと言った待遇面の良さばかりに目が行ってしまっているからです。

もちろん待遇面は大事ですし、重視すべきことでしょう。絶対に疎かにしてはいけないものです。

ただやりがいもないがしろにしてはだめ。

いくら年収が高くても、いくら休みが多くても、やりがいがない仕事に対して割り切ることは中々できません。

最初は待遇面の良さに喜んで働いていても、数か月もたてば仕事に対する不満ばかりが沸いてでてきて、また辞めたいと思うようになるだけです。

転職活動時点でその仕事に対してやりがいを感じれるのかどうかを確証することなんてできないかもしれませんが、少なくともどういった仕事をすることになるのかを明確にし、仕事をしている姿を具体的にイメージしてみることは絶対に必要なことです。

思い切って転職してみては?

今は人手不足の企業が多く転職市場はかなり売り手市場。転職はしやすい状態になっています。

今やりがいがないと感じ、毎日会社に行きたくないと思いながら我慢して仕事に行っているくらいなら、思い切って転職してみて下さい。

どれだけ努力したって自分にとってやりがいを感じれない仕事というのはやっぱりあります。そういった仕事に見切りをつけることは大事なことです。

そして心機一転、新しい仕事に取り組んでみて下さい。

転職するなら転職エージェントがおすすめ

もしあなたがこれから転職することを検討するならば、絶対に転職エージェントは使うようにしてください。

使うか使わないかによる差は非常に大きいです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ