仕事を辞めるタイミングで多いものや、タイミングを考える上で気を付けたいこと

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事を辞めるタイミングで多いものや、タイミングを考える上で気を付けたいこと

仕事を辞めるならいつがいいんだろう。

そんな風に辞めるタイミングがわからず、悩んでしまっている人は少なくないはず。

まあどうせ辞めるならできるだけ損することなく、できるだけトラブルなく辞めたいですからね。

そこで今回は仕事を辞めるタイミングとして多いもの、そしてそのタイミングでのデメリットやタイミングを見計らう際の注意点を紹介します。

関連記事

 

仕事を辞めるタイミングとして多いのは?

仕事を辞めるタイミングは人によって様々ですが、おおむね以下のようなタイミングで辞める人が多いです。

ただどれがベストだと言うことはなく、それぞれのタイミングでデメリットがあることには注意しなくてはなりません。

半期末、年度末

半期末である9月末、年度末である3月末に仕事を辞めて転職する人は多いです。

なんとなく区切りが良いというのもありますが、転職が活発になる時期だからというのが大きな理由でしょう。

企業の中途採用は1年中行われているものの、10月入社や4月入社がターゲットになっている場合が多く、それに合わせて仕事を辞めるというわけです。

ただ確かに求人数は増えますが、このタイミングでの転職を狙っている人も多いので倍率が低くなるわけではありませんから、転職が有利になるというわけではないということに注意しなくてはなりません。

また年度末は何かと忙しい時期でもあるので、そんな中で転職活動をしなくてはいけないのは中々大変だと言う人も少なくないと思います。

面接の為に平日に休むことも必要となりますからね。

ボーナスを貰った後

ボーナスを貰わずに辞めるのはもったいないから、ボーナスを貰ってから辞めるという人も多いですね。

会社にもよりますが、それなりにボーナスはそれなりに大きな金額ですからギリギリ貰えないなんて損ですしね。

ただ転職先を決めてから仕事を辞める場合だとタイミングを見計らうのが難しいという難点があります。

平均的には2~3ヶ月かかる転職活動ですが、もっと短い場合もあるし、長くかかってしまう場合もありますからね。

また次の会社でのボーナスについても考えておかなくてはなりません。

例えば冬ボーナスの場合だとその査定期間は4月から9月である場合が多いです。

7月に夏ボーナスを貰った後で退職したとすると、次の会社では査定期間の半分未満しか所属していないことになるので満額貰うことができません。

ただ夏ボーナスは諦めて4月入社すれば、夏ボーナスこそわずかしか貰えませんが、冬ボーナスは満額貰えます。

仕事がひと段落した時

責任感がある人だと仕事を辞めるのはプロジェクトがひと段落してから、忙しさが落ち着いてからなんて言う風に考える人もいます。

周りにかける迷惑を最小限に抑えることができるので反感を買いにくくトラブルが起きにくいので、円満退職できるのがメリットでしょう。

ただこのタイミングで仕事を辞めようと思っても、中々辞めれないままずるずる行ってしまう人が少なくありません。

ひと段落したと思ったらまた次の仕事が舞い込んできて中々良いタイミングがない。

そうして結局辞められずにいるのです。

転職するにあたり、やっぱり年齢は低い方がいいし、売り手市場の方がいいです。

だからこそ転職を先延ばしすることにはリスクがあります。

そもそも転職先を決めてから仕事を辞めようと思ったら、そこまで良いタイミングを見計らうことができません。

繁忙期と閑散期がはっきりしている仕事ならまだしも、そうでなければひと段落してから1ヶ月以上も落ち着いていられるなんてこともないでしょうから、タイミングを見計らったはずが上手くいかなかったという場合も増えてしまいます。

入社して3年たった時

新卒で入社してから3年を目標に働き、3年たったタイミングで仕事を辞める人も多いですよね。

とりあえず3年は我慢というのが良く言われていることですし、経験者として認められるのも3年という場合が多いですからね。

もし今の仕事内容は変えずにキャリアアップしていこうと思っているならいいと思います。

ただ現在は入社1年目から3年目を対象にした第二新卒転職の需要が増え、勤続3年未満であっても転職はしやすくなっているというのは覚えておいて下さい。

特に仕事を変えて未経験の仕事に就きたいと考えるのであれば、第二新卒として転職してしまった方がやりやすい場合が多いです。

もう限界!と思った時

いつかは仕事を辞めたいと思っていながらも、限界ぎりぎりまで頑張ってしまって、耐えれなくなってから辞める人というのもかなり多いです。

転職活動する時間がなかったり、転職できないと思い込んでいたり、転職をネガティブなものと捉えてしまっていたりと限界まで耐えてしまう理由は様々でしょう。

まあもし限界と感じたならすぐにでも辞めるべき。それでも無理をし続けてしまえば体を壊すリスクが高いですからね。

ただこの場合、辞めてからの転職活動になってしまうことになり、金銭面等で苦労してしまったり、転職を焦って失敗の可能性を高める要因になるので注意が必要です。

ですからできる限り限界になる前に見極め、早期に転職活動を進めるようにしなくてはいけません。

仕事を辞めるタイミングや転職活動を始めるタイミング、どう考えればいい?

このように、それぞれのタイミングはメリットもあるものの、デメリットもあります。

その上で、仕事を辞めるタイミングや転職活動を始めるタイミングはどのように考えていけばいいでしょうか。

考えるべきは自分のこと

まず一番に考えるべきは自分のことです。

責任感を持ち、できるだけ周りに迷惑がかからないようにするのも素晴らしいことではありますが、自分を犠牲にしてまですることではありませんし、後悔する要因にもなります。

転職を先延ばしにすることはリスクがある。まずはそれを忘れないでください。

目先のことではなく、長期的に考える

大事なのは目先のことではなく、長期的に考えること。

たとえばボーナスを貰った直後に転職できるのは、とりあえずその時だけ考えるといいことです。

ただもしそれにこだわったせいで転職のチャンスを逃してしまっては、長い目でみるとかなり損することになります。

もし何かしら理由があって仕事を辞めてから次の仕事に就くまで時間を空けるつもりならば、とりあえずその場で損しないようにすれば良いでしょう。

ただ転職するつもりなら、最も大切なのはより良い会社に転職することであることを忘れないようにしてください。

タイミングにこだわりすぎてはいつまでたっても辞めれない

最後は勢いも大切です。

あれこれと考えすぎていると、いつまでたっても辞められないままずるずる行ってしまいます。

こだわりすぎは厳禁。

長い目で見た時、ちょっとタイミングをミスってしまって自分にとってのベストタイミングとはならなくたって、それが大した影響にはなりません。

しかしいつまでもずるずる続けることになってしまうと、その影響は大きいです。

100点を狙うのではなく50点でもいいくらいの気持ちを持ってみてください。

転職が頭をよぎったらとにかく転職活動を始めてみる

とりあえず転職活動は仕事を辞めることを意識した時点で始めてみるのがいいでしょう。

多くの人はあれこれタイミングを考えたって、結局最後は転職先が決まったタイミングが仕事を辞めるタイミングになると思います。

その為、自分がこのタイミングで辞めたいと思っていても転職先が決まっていないので辞めることができなかったという場合も大いにでてくる可能性があります。

だからこそあらかじめ転職活動の感覚をつかんでおき、いざ転職という時にスムーズに進めることができるように準備しておくことが大切です。

また余裕があるうちに転職活動を進めておけば、それだけ様々な求人から選べるので、より良い求人に巡り合える可能性が広がります。

もしかしたらプロジェクトが終わってからだとか、ボーナスを貰ってからだとか、とりあえず3年働いてからとか悩む必要もないくらいの会社から内定を貰うことができることだってあるのです。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ