薬剤師の平均年収が気になっていませんか。

薬剤師の年収は、日本の平均年収と比較して高いですが、どこで薬剤師として業務するかで年収も変わってきます。今回は薬剤師の平均年収を仕事場や年代別、地域別に解説していきます。

薬剤師ってどんな職業?

医療全般に幅広い知識を持つ薬の専門家

薬剤師は、医療全般に幅広い知識を持っている薬の専門家と言われます。薬局や病院で処方箋に基づく調剤や患者への服薬説明や、医療用医薬品から一般医薬品まですべての薬を販売したり、相談に乗ることができます。

医薬品は、日々新しい薬が販売されるため、それに合わせて薬剤師は新しい医薬品における知識を付ける必要があります。薬剤師としての患者への服薬説明などでは、様々な患者の疑問点も解決できるコミュニケーション能力も大切です。

薬剤師になるためには?

薬剤師になるためには、受験資格(薬学の正規の過程のうち修行年限を6年とする過程を卒業した者)を得て、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。薬剤師国家試験の内容は、薬学の専門知識以外に法規や倫理なども出題されるので、幅広く勉強するのがポイントでしょう。

国家試験に合格すると申請により厚生労働省の薬剤師名簿に登録されて、正式に薬剤師免許を取得できる手続きになっています。

薬剤師の一般的な仕事

1.調剤薬局

調剤薬局での薬剤師の仕事内容は、主に下記3つになります。

  • 調剤業務 病院で発行された処方箋を元に薬を調剤
  • 服薬指導 患者へ服薬について説明
  • 薬歴管理 処方状況や患者から得た情報の整理

基本的に調剤薬局は、病院に合わせて開局しているため、病院によって扱う薬の種類や忙しさ、残業時間は異なります。

2.ドラッグストア

薬剤師はドラッグストアでも仕事をしますが、一般用医薬品やサプリメントなどの医薬品以外の商品知識も必要とされるため、入社後もそれらの知識修得が大切です。接客する機会も多いため、コミュケーションスキルが高い方が向いているでしょう。

以前薬剤師ではなくても、アルバイトで接客の仕事をしたことのある方は、客と話した経験は活かされます。また、ドラッグストアは店によって、忙しさも違うため入社前にどれ位来客のあるドラッグストアなのか、自分なりに空いた時間に行ってみて確認するのもおすすめです。

3.病院

薬剤師の仕事場として病院が挙げられますが調剤薬局と同様で、服薬指導が主な業務になりますが、外来の患者だけでなく入院患者に対しても服薬指導を行うので、調剤薬局やドラッグストアに比べて専門性が高いと言われます。

入院患者は、外来の患者とは違い病院でケアが必要なため入院しているので、薬剤師の専門的な知識を発揮して服薬指導などの仕事をしたい方には向いているでしょう。

4.製薬会社

製薬会社での薬剤師の仕事としては、下記の研究、開発、MR、DIがあります。製薬会社で研究の仕事をすることは最先端のイメージがありますが、とても難しい研究内容を仕事としていて、実際に自分が研究した結果として新しい薬が世に出ることは相当難しいと考えられています。

薬剤師としての開発の仕事の中には、臨床実験が含まれますが様々なケースを考慮して新しい薬が実際に使用された際に、問題がないか確認する実験になるためとても責任のある仕事です。

  • 研究 治療のメカニズムや創薬、新薬の臨床開発などの研究業務で博士課程の卒業が条件で高い専門性が求められる
  • 開発 新薬の安全性や有効性の確認、臨床実験を行う
  • MR  医療情報担当者

     医師や薬剤師に対し自社製品の安全性や有効性をプロモーションする

  • DI   医薬品情報管理業務

     臨床試験データを収集・整理・管理し必要とする人に情報提供を行う

5.卸売販売業者

5つ目の薬剤師としての仕事として卸売販売業者での業務があり、医薬品卸売販売業者は事業所ごとに管理薬剤師を配置することが法律で義務付けられています。

仕事内容は、主に医療用医薬品の品質管理、情報収集、提供などがあります。

卸売販売業者には、色々な方から医薬品についての情報提供をお願いされることがあるため、薬剤師は必要とされる情報を的確に必要としている相手に伝える大切な仕事があります。

薬剤師の年収はどれくらい?

一般病院の薬剤師

一般病院における薬剤師の年収を見てみると、前々年の平均年収が5,657,016円であるのに対して、前年は5,657,421円となっていて、1年間ではほとんど変化がないことがわかります。

また、一般診療所などと比較すると年収が低くなりますが、一般病院で安定して薬剤師としての仕事ができるメリットもあります。

前々年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

4,523,929

1,133,088

5,657,016

前年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

4,513,703

1,143,718

5,657,421

一般診療所の薬剤師

一般診療所は、いわゆるクリニックなどを意味して主に外来患者などを診察する医療施設ですが、一般診療所の年収は他の一般病院や保険薬局と比べて下記の表の様にかなり高めになっています。

一般診療所は、1人の医師が外来診察を行っているケースも多く、医師の体調などの不具合で一般診療所で外来診察を続けることが困難になることもあって、ある意味では不安定な経営に陥るリスクがありますが、薬剤師としては年収が高めに設定されているので利点もあります。

前々年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

7,715,333

872,884

8,588,216

前年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

7,511,068

850,740

8,361,808

保険薬局の薬剤師

健康保険などの公的な医療保険に基づいて処方箋の受付や調剤を行うのが保険薬局の薬剤師になり、前年の年収は5,017,136円となっていて一般病院などと比較するとやや低めの年収となっています。

保険薬局の薬剤師の年収は、前年と前々年とを比べてみてもほとんど違いがないです。保険薬局の調剤を行う全ての薬剤師は、厚生労働大臣による登録を受けた保険薬剤師であるのも知っておいた方が良いでしょう。

前々年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

4,395,213

635,969

5,031,183

前年

平均給料年度額①

賞与②

①+②

4,402,106

615,031

5,017,136

平成29年実施の第21回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告

薬剤師の男女別の平均年収とは?

薬剤師の2018年の男女別の平均年収を見てみると、男性で574万円、女性で524万円という結果になっています。2017年の薬剤師の平均年収を見ても、ほとんど変化がありません。

この年収を高いと考えるか普通だと考えるかは、その方の判断によるでしょう。

薬剤師は、調剤や服薬指導をメインの業務としますが、ミスが許されない仕事であることも関係して、日本の平均年収よりも少し高めの年収になっています。

男性574万円
女性524万円

厚生労働省賃金構造基本統計調査

男女ともに平均年収が500万円を上回る

薬剤師の年収について、500万円を上回る方の割合を見てみると下表の様に500万円以下が69.1%になっていて、500万円以上が30.9%という内容です。

この結果から年収500万円を超える方は、約3割しかいないことがわかります。

男女とも平均年収が500万円を上回ることを考慮すると、500万円以上の方でかなり高い年収の方が全体の平均年収を上げていることになるでしょう。

500万円以下69.1%
500万円以上30.9%

国税省平成30年分民間給与実態統計調査(調査結果報告)

年代別、都道府県別、業種別でみる薬剤師の平均年収

年代別

年齢

男性

女性

20代

約477万円

約438万円

30代

約566万円

約460万円

40代

約638万円

約556万円

50代

約711万円

約595万円

年代別で薬剤師の平均年収を考えると、男性薬剤師は年代が上がるにつれて収入も上がるのに対して、女性薬剤師は30代から40代にかけて大幅に収入が上がる傾向があります。

女性にとっては、自分の子供の養育費などのために働き若い時に貯蓄をすることが可能なので良いでしょう。

女性と男性の年収の差を見てみると、50代では男性が711万円に対して、女性は595万円で116万円男性の方が高い平均年収となり、若い20代で比較しても139万円男性が高い年収という結果になっています。

都道府県別

順位

都道府県

岩手県

茨城県

山口県

次に都道府県別に平均年収を調べてみると、1位が岩手県、2位は茨城県、3位は山口県となり都市部の方が年収が高くなるという一般的な考えとは異なった結果となっています。

平均年収は都市部に行くほど上がるイメージがありますが、薬剤師の場合は都市部より離れた地方の方が高い傾向があります。

東京などの大きな都市では、東京の人口に対する薬剤師の人数が多いため、平均年収がそれほど高くならないケースもあります。

業種別

業種

平均年収

病院薬剤師

434.6

調剤薬局

488.3

ドラッグストア

512.5

製薬会社

543.2

業種別に薬剤師の平均年収を比べてみると、製薬会社の年収が1番高く、近年ではドラッグストアの年収も高い傾向があります。ドラッグストアは、調剤室のあるストアが増えていてそのためそれぞれの企業で薬剤師が必要となり年収が上がっているのが現状です。

また、ドラッグストアの薬剤師には、複数の店舗における管理職の仕事も要求されることもあり、年収が高い要因の1つです。

管理職では、薬剤師としての知識だけではなくて、スタッフをマネージメントする能力も必要なので、ドラッグストアで薬剤師として働くか検討する際は、本当にドラッグストアの仕事が自分に合っているか考えた方が良いでしょう。

マイナビ薬剤師

薬剤師の年収はなぜ高い?

薬剤師の平均収入は高めに設定されていますが、主な理由は以下の3つです。薬剤師は責任重大な仕事であることも影響して、結果的に年収が高くなっている点も特徴です。

専門性と責任

薬剤師が高年収である理由に専門性と責任があります。副作用や危険性が高く、薬剤師のサポートがないと服用できない薬剤はたくさんあります。

また、医師がもしも処方を間違えた時のセーフティーネットの役割をしているのが薬剤師なので、その分年収が高くなっています。

もしも調剤でミスをして患者に健康被害が及んだ場合は、責任を負うことになるのも薬剤師です。普段から患者と医師の間に入って適切な調剤、服薬指導をメインの業務とする薬剤師は、他の職種と比べてもストレスの掛かる仕事でもあるので年収も高めだと言えます。

薬剤師不足

最近では薬を処方される高齢者の方などが増えているため、薬剤師の需要が高くなっていますが、実際の現場では薬剤師の供給が追いついていないため、必然的に給与、人件費が高くなっているのも薬剤師が高年収になっている理由の一つです。

高価な物品を扱うから

他の薬剤師の年収が高い理由として、高価な物品を扱うため最終的に高くなっていることが挙げられます。一般的な物を取引した方が利益が大きくなりますが、薬剤師が取扱っている医薬品の中には高価な薬もあり、結果的により利益を生み出し高年収につながっています。

薬の専門家で責任ある薬剤師の年収は、高需要なので高め

厚生労働省の薬剤師名簿に登録されている薬剤師は、薬剤の専門家でありとても責任重大な仕事内容であるため、年収は高めに設定されています。

地域による薬剤師の年収の差はありますが、全体として薬剤師の平均年収が高いのは、近年の更なる高齢化社会によって薬の需要が高まり薬剤師もより必要とされているので、高年収になっています。

ドラッグストアなどの薬剤師の年収が高いのは、以前からドラッグストアの必要性が高まり今では、多くの品物や医薬品を取り扱うことになったので、薬剤師が活躍する場が広がり年収が上がることになったと考えられます。

一般病院薬剤師は、ドラッグストアと比べると年収が低めですが、病院で外来患者と入院患者の両方の服薬指導などを専門的な知識を駆使して働きたい方には向いているでしょう。