仕事のストレスがやばいと感じたら退職もあり。ストレスで辞めるのは甘えでもなんでもない。

人間関係や仕事内容、仕事量やプレッシャーなど仕事をする上でストレスを感じることは誰にだってあることです。

しかしそのストレスがあまりに大きなもので、自分でやばいと自覚するようになっているなら注意が必要。

過剰で慢性的なストレスを甘く考えてはいけません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

仕事のストレスを甘くみてはいけない

仕方ないことだし、みんな我慢しているから自分も我慢しなくてはいけない。

そんな思いから自分が感じている仕事のストレスを甘く考えていたり、見て見ぬふりをしてしまっていませんか?

適度なストレスは決して悪いものではありません。やる気、モチベーションに繋がったり、ストレス耐性を強くするといったメリットがあります。

しかし、ストレスが過剰なものになってしまうと、そういったメリットはなくなりその人にとって悪影響を及ぼす大きな原因となってしまいます。

ストレスが招く色々な病気

ストレスが原因による病気には、たとえば以下のものが挙げられます。

  • メンタルヘルス不調(うつ病等)
  • 自律神経失調症
  • 肥満
  • 頭痛
  • 脳卒中
  • 機関紙原則
  • 胃潰瘍
  • 高血圧
  • 心臓病

下手したら命に関わる問題にだってなりかねません。

そもそも楽しくない

過剰なストレス下で仕事を続けていても、それで仕事が楽しいと感じることができる人はいないのでしょう。

辛い、辞めたいと思いながら、ただただ毎日憂鬱に過ごしていくだけです。

プライベートももちろん大切。

しかし生活の大半を費やすことになる仕事が、そんな状態であっては人生の充実なんて得られません。

パフォーマンスの低下

上記のグラフはヤーキーズ・ドットソンの法則と言われるものであり、ストレスレベルとパフォーマンスの関係性を表したものです。

ある程度難しい仕事をする場合、ストレスレベルが低すぎるとパフォーマンスも低いです。

そこからストレスレベルが高くなってくると、パフォーマンスが向上していきます。

しかしあるピークをむかえるとまた下がっていきます。

すなわち、適度なストレスであれば高いパフォーマンスで仕事ができるが、ストレスが過剰になってしまっているとパフォーマンスは低下していってしまうと言うことです。

ただ辛いだけではなく成果を上げることができなくなり、成長を阻害することにも繋がってしまいます。そしてそれがさらなるストレスを生むという悪循環に陥ってしまいます。

仕事のストレスがやばいなら退職も視野に

このように様々な悪影響をもたらしてしまう過度なストレスに対し、ただ我慢してしまうのは非常に危険です。

いざとなったら退職することも視野にいれなくてはなりません。

乗り越えることが必ず良いとは限らない

ストレスに打ち勝ち乗り越えるというのももちろん大切なこと。そうすることがストレス耐性の向上や仕事での成長に繋がります。

しかし、それはあくまでそのストレスが適度である場合のこと。

乗り越えることができない過度なストレスに対して無理をしても、あなた自身にとってデメリットを生み出す結果にしかなりません。

どんなストレスでもなんとかなる、乗り越えるべきなんて考え方は正しくありません。

ギリギリまで誰もあなたを助けてはくれない

人によってストレスの感じ方も違えば、適度なレベルも違います。

それ故にあなたが感じているストレスの大きさを、周りは理解してくれません。

そして理解して貰えないので、誰も助けてはくれません。

ようやく助けて貰えるのは、体調を崩すなどわかりやすい異変が起きた時だけです。

環境を変えることでしか解決できないことだってある

たとえば睡眠を良くとる、運動するなどストレスの解消法や乗り越え方には色々なものがあります。

しかし、最も重要で簡単なのはストレスの原因となっているものから離れること。

特にあまりに過剰で慢性的なストレスな場合、そうすることでしか解決できない場合が多いです。

退職し環境を変える。それがやむを得ないこともあるのです。

ストレスで辞めるのは逃げでもなんでもない

ストレスは乗り越えるべき、逃げの転職は上手くいかない。

そういった考えがあると、このままではやばいとわかっていても中々退職に踏み切ることができません。

ただ、その考え方は今すぐ改めるべきです。

我慢することが良いことだという思い込みはやめるべき

何でもかんでも我慢することが良いことだと言う思い込みは、いい加減やめましょう。

もちろん我慢しなくてはいけないこと、いけない時だってあるのは事実。しかしそんなことばかりではありません。

もし自分に危険が迫っているなら我慢せずさっさとその場から離れた方が良いし、もし違う環境の方が良いとわかっているならさっさとそっちに移るべき。

周りがどうこうだとか、一般論がどうだとか関係なく、自分にとって何が良いのかを考えましょう。

ネガティブな理由が転職理由だってなにも問題ない

転職活動での面接では、ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうのはNG。ポジティブな転職理由に切り替えないと良い評価を得られず、うまくはいきません。

しかし、それはあくまで転職活動での建て前の話。実際の転職理由がネガティブなものであっても何も問題はありません。

ストレスがやばい。これが転職する理由でも全然良いのです。

よく不満からくる転職、いわゆる逃げの転職は上手くいかないなんて言われることもあります。

しかし、それは全く事実ではありません。

ほとんどの人は人間関係、仕事内容などに不満を感じて転職しています。そしてその転職を成功させています。

たとえそれが逃げだとしても、逃げたおかげで多くの人が良い結果を手にしているのです。

最後に

ストレスがやばい。そう自覚しているなら、あなたは今動き出すタイミング。

このまま我慢し続けて体を壊してしまう前に、あなた自身がこの先も成長して行けるように、ぜひ退職、そして転職することも前向きに考えてみてください。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事