仕事に飽きた時の解決策。やりがいのある仕事への転職術を伝授。

人生で過ごす時間の大半は仕事です。

そのため、毎日仕事をしていると、時には飽きてきたと感じる瞬間があるでしょう。

それが一時的な感情であれば、気持ちを切り替えて乗り切れば、再びやる気が復活しますが、仕事に飽きたといった感情が慢性的に生まれる場合は、転職が頭をよぎるでしょう。

もちろん、仕事を選ぶ権利はあなたにあるので、仕事に飽きたといった理由で転職しても問題ありません。

とはいっても、闇雲に転職するとかえって辛い状況になったり、上手くいかなかったりする恐れがあるのは事実です。

仕事に飽きたと感じている時は、まず原因を明確化して、それに合った対策を講じてみる方が良いでしょう。

それでも解決できなかった場合には、転職を視野に入れてみてください。

本記事では、仕事に飽きる原因と対処法について解説します。

転職を検討している方に向けて、希望の職場に転職できるコツについてもお話するので、仕事に飽きたから辞めたいと考えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に飽きたと感じてしまうのはどんな時?

仕事に飽きたと感じてしまうのはどんな時?

まずは、仕事に飽きたと感じる瞬間について解説します。

原因によって対処法が変わってくるので、この項目をよく読んで、どれが自分に当てはまっているか考えてみてください。

特にこれといった目標を持たずに働いている時

目標がなかったり上手く目標設定ができていなかったりすることは、仕事に飽きてしまう原因のひとつです。

何か明確な目標を持たないと、方向性を意識せずに漠然と仕事を進める事態となります。

特に何の目標もなく、振られた仕事を淡々とこなしていくだけでは、モチベーションが下がってしまうのも仕方がありません。

反対に毎日同じ仕事をしていても、細かい目標設定があれば、飽きずに作業を進められます。

同じ環境で、同じ業務が繰り返されている時

メンバーが何年も全く変わらないなど、変化のない人間関係は飽きを感じさせる要因となります。

あまりにも変化がないと、「飽きた」「退屈だ」と感じてしまうのも無理はありません。

もちろん、人が変わらないのは社員が定着しているといえるため、決して悪くありません。

しかし、飽きたと感じる人間関係なら、それは付き合いが薄かったり、関係が悪かったりするのかもしれません。

また、習慣化・定型化でその仕事に慣れてしまうと、マンネリ感から飽きたと感じてしまいます。

反対に、同じ作業の中でも明確な目標ができれば、マンネリ感から解放されることもあるでしょう。

新しいことに挑戦して、成長できる機会がないと感じた時

仕事をするうえで、何か新しい目標に挑戦して自身の成長を感じることは、モチベーションの維持に重要です。

そんな中で、業務量が少なかったり簡単で単調な業務だけを任されたりすると、仕事での成長を望めずに飽きに繋がります。

また、「今日はこれを新たに学んだ」と思えれば、自身の成長を感じやすいでしょう。

フィードバックや評価が貰えない環境であると、改善策や次の目標が見つからず、仕事の飽きに繋がってしまいます。

仕事のやりがいや働く意義を見失ってしまっている時

仕事へのやりがいや働く意義を見失っている時も、仕事に飽きたと感じやすいものです。

例えば、「こんな社会人になりたい」「この会社で◯◯を成し遂げたい」など、新入社員の時に抱いていた夢や目標がなくなると飽きてしまいます。

または目標を達成して、これから何のために働けば良いのか分からなくなってしまうケースもあります。

そして、別のやりがいなどが見つからない限り、この喪失感は消えません。

仕事とプライベートの切り替えが上手くできていない時

仕事のオン・オフが上手く切り替えられず、飽きたと感じてしまうケースは多いのです。

特に残業が多かったり、仕事を持ち帰ってすることが多かったりして家に帰ってもずっと仕事モードでいると、延々と仕事をしている感覚に陥り「飽きた」と感じてしまいます。

どんなに好きな仕事でも、そればかり考えると飽きるのは当然なので、仕事が終わったら別の趣味を楽しむなどのオン・オフの切り替えが大切です。

仕事を飽きたと感じた時の対処法

仕事を飽きたと感じた時の対処法

ここまで、仕事に飽きる原因について解説しました。

そして、原因が明確になれば対処も可能です。

続いては、仕事に飽きたと感じた時の対処法について解説します。

直近1年間の具体的な目標を考えてみる

明確な目標がなく漠然と働いている場合は、直近1年間での具体的な目標を立ててください。

目標が決まれば「自分がいま何を目指していて、何をすべきなのか」が明確に見え、モチベーションを回復できる可能性が高いでしょう。

その際の目標設定は、できるだけ具体的にしてください。

例えば、1年後の目標を「営業成績を1.5倍にする」と掲げたとして、その後に大切となるのは目標達成までにすべき作業の細分化です。

「月に1件新規顧客を開拓する」など、具体的に数値化すると成果が見えやすくなり、モチベーション維持に繋がりますので実践してみてください。

ちなみに、具体的に目標を立てると仕事の効率アップにも繋がり、成果も出やすくなるため、それが仕事のやる気に繋がります。

仕事への取り組み方を変えてみる

与えられる環境や仕事に変化がないために飽きを感じている場合は、自ら新しいアクションを起こしてみてください。

この場合の変化は、それほど大きなものでなくても問題ありません。

例えば、作業に取り組む順番を変えてみたり、タスクに時間制限を設けてみたりといったといった導入しやすいものでOKです。

また、可能であれば「在宅勤務の時間を調整する」「フレックスタイム制で働く」など、職場の環境を変えるのも有効な手段となります。

自身の仕事の意義と目的を再確認する

自身の仕事の意義や目的を見失っていると飽きを感じてしまうので、「何のために働いているのか」を改めて認識できれば、モチベーションを回復できる可能性が高いでしょう。

もし、慣れが生じて仕事に対する価値観が見えなくなっている場合は、「誰のための仕事なのか?」「その仕事を行うことで何が得られるのか?」「なぜその仕事が必要なのか?」といった点について、あらためて考えてみてください。

休みをきちんと取り、プライベートを充実させる

働きすぎによる疲れから仕事への飽きや嫌気を感じている場合は、休日や休憩時間にしっかり休むようにしましょう。

ランチを食べながらメールチェックしたり、在宅勤務で平日の就業時間外や休日につい仕事をしてしまったりしている場合は、休み中は仕事から一旦離れることを徹底するのがおすすめです。

また、「休みは取っているけど、何となく気分が晴れない」という方は、プライベートの過ごし方の見直しが大切です。

プライベートが充実しておらず何もしない時間が多いと、どうしても仕事のことを考えがちとなるため、読書や映画鑑賞、友人や家族と出かけるなど色々と試して休みを充実させてみてください。

仕事に飽きたから転職するのはアリ?

仕事に飽きたから転職するのはアリ?

転職は収入ダウンなどの多少のリスクを伴うため、飽きたという感情だけで今の職場を辞めるのはあまり賢い判断とは言えません。

飽きたという感情を抱えながら、その仕事を続けるのは辛いので、「飽きた」と感じる原因が職場にあるのなら、そんな環境で働き続けて成長できない方がハイリスクです。

あなたが以下のようなケースに当てはまる場合は、迷わずに転職を決断してみてください。

明確な転職目的を持っている場合

あなたが、「○○に携わりたい」「○○といった業務を通して△△のスキルを身に付けたい」「年功序列ではなく、成果主義の会社でバリバリ働きたい」など、明確な転職の目的を持っているなら、転職に踏み切っても問題ありません。

むしろ、こういった理由は転職活動の軸になるので、企業選びや面接の際に役立ちます。

一方、「今の仕事に飽きたから」という理由以外に転職する理由が思いつかない場合は、たとえ転職したとしてもまた不満が生じる可能性が高いでしょう。

「今の仕事のどんな何に対して不満を抱いているのか」「本来はどんな仕事・職場で働きたいのか」などを改めて考え、転職の目的を明確にしてから検討してください。

職場環境が劣悪である場合

残業の常態化パワハラの横行など、職場環境に問題がある場合は一刻も早く転職した方が良いでしょう。

なぜなら、そのまま働き続けても、あなたの人生やキャリアにプラスに働くことは一切ないからです。

また、同じ職場で働き続けていると客観的な判断が難しくなります。

業務以外で何かストレスを抱えているなら、家族や別の会社で働いている友人、厚生労働省の「労働条件相談 ほっとライン」など、相談しやすい人に相談してみてください。

正当な評価を受けられていないと感じる場合

成果を出しているはずなのに給与やボーナスに反映されなかったり、なかなか役職に就かせてもらえなかったりと、正当な評価を受けていないと感じる場合は、転職を検討するのもありです。

ただし、あなた自身は努力して成果を出しているつもりでも、会社側は「まだまだ不足している」と捉えている可能性も否めません。

加えて、そこに気が付かないまま転職してしまうと、転職先でも同様の悩みを抱えることになりかねないのが実情です。

まずは、「自分に足りないことは何なのか?」「何を満たせば評価されるのか?」について上司や人事と話すことが必要でしょう。

今の会社では、自身のキャリアプランの実現が難しいと感じた場合

あなたが、「〇歳には結婚して子供は3人欲しい」「〇年後にはマンションを買いたい」などの人生プランがあったり、「若いうちに手に職をつけたい」「20代のうちに役職に就き、マネジメントスキルを磨きたい」などのキャリアプランを考えったりしたうえで、今の仕事ではそれを実現できないと感じたなら転職すべきです。

実際、手に職をつけるためにスクールなどでプログラミングを習得し、未経験からエンジニアに転職する人もいますし、マネジメントを経験するために、年功序列の企業から成果主義の企業に転職する人もいます。

今の生活や仕事が大切なのは当然として、それでも5年後10年後を見据えて転職するのは良いでしょう。

仕事に飽きたと感じているなら、何か行動を起こしてみよう

仕事に飽きたと感じているなら、何か行動を起こしてみよう

いまの仕事で頑張るにしろ、転職にチャレンジするにしろ、何かしらの行動を起こさなければ現状は変わりません。

もし、いまの仕事に飽きてしまったのなら、必ず何かしらの行動に移すようにしてください。

仕事に飽きたと感じているのには、必ず何か原因がある。

仕事に飽きたと思いながら我慢して働き続けるのではなく、今回紹介した対処法を試してみるのがおすすめです。

また、もしそれでも改善が見込めないなら、転職するのもひとつの選択肢でしょう。

社会人生活はこの先何十年と続いていくわけなので、少しでも充実した働き方ができるように行動を起こしてみてください。

充実して働ける職場へ転職したい方は、転職エージェントを利用しよう

転職する決意が決まったのなら、まずは転職エージェントに登録してみるも良いでしょう。

転職エージェントなら、転職に関するあらゆる部分をプロの視点からサポートしてくれます。

あなたにピッタリの求人紹介はもちろん、各企業に合わせた履歴書の書き方、面接での受け答え、模擬面接などを実施してくれます。

会社の面談ではないため、転職エージェントの担当者に「仕事に飽きてしまった」ということも素直に伝えられるため、いまの仕事に飽きてしまった方の良さを知り、ピッタリの企業を紹介してくれるでしょう。

利用料金は完全無料なので、ぜひ転職エージェントをフル活用して、やりがいのある職場に転職してみてください。