冬に転職って実際どうなの!?ポイントを押さえて成功をつかみ取ろう

冬の転職市場に関して

冬の転職市場に関して

転職活動を始める際、ボーナスをもらってから退職しようと考える方が多く、その穴を埋めるために秋口の採用は増加する傾向にあります。多くの企業は3月に決算の繁忙期を迎え、新年度である4月入社に向けて年明けからの採用が増える傾向にはありますが、冬のうちに転職することを考えると、新しい求人が出にくく、秋と比べると求人数が少ないのが実情です。

しかし、冬が転職に適していない時期なのかというと、そういうわけではありません。

冬はクリスマスや年末年始、忘年会や新年会などのイベントが増える時期であり、年末年始で気が緩みがちになる季節です。そのため、求職者自体の転職活動のペースもスローになる傾向にあります。そんな中でもペースを落とさずに転職活動を続けることができれば、周囲に差をつけて優位に転職活動を進めることができます。

自分を律して誘惑に打ち勝つことができるなら、冬は積極的に転職活動を進めるべき時期といえるため、どのような点が冬の転職活動にメリットがあるといえるのかを確認していきましょう。

冬に転職した方が良い理由

冬に転職した方が良い理由

求人の増える秋口ではなく、冬に転職を目指すことはいくつかのメリットがあります。どのような点がおすすめなのかを確認していきましょう。

ライバルが少ない

ボーナスをもらってから辞めたいという転職希望者は多いですが、夏に比べると年末年始に向けてイベントが増えていく時期であり、慌ただしい気持ちになってしまう冬のボーナス後は転職に向けて動き出す人が比較的少なくなります。

同じ応募条件で採用試験を受けたとしても、採用は同時期の求職者の経験やスキル、希望条件を比較して採用を決めます。求職者が多い時期よりも、ライバルの少ない冬の採用を狙うことで、選考を有利に進められることが考えられます。

年末年始などを利用して念入りに準備できる

年末年始は多くの会社が休みとなり、連休を確実に取ることのできる時期でもあるため、気が緩んだり、普段できないことで忙しいという時期でもあります。

本来は仕事終わりの時間や土日の休みなど、スキマ時間や疲れたままの状態で行うことが多い採用試験対策は、どうしても質の高いものに仕上げるということが難しくなります。

しかし、まとまった休みが取れるということは、自己分析や履歴書、職務経歴書などの書類作成、面接の練習などにじっくりと時間をかけて行うことができるため、より深い自己分析や書類を練り上げることに繋がります。

また、みんなが休んでいる冬の間に転職活動の準備を進めておくことで、ライバルよりも有利な転職を進めることにも繋がります。

年明けの転職が決まっている場合には、年末年始の間にリフレッシュを行い、新しい業務に向けた勉強や事前準備や、環境に慣れるための気持ちの準備などを行うことができます。

冬のボーナスをもらってから転職できる

冬に転職活動を始めると、すぐに内定が決まったり、年内に転職するということはなかなか難しいため、年末までは現在の会社に在職する可能性が高くなります。ボーナス前に辞めるということがなければ、現在の会社でボーナスをもらってから、新しい会社に転職するということができるため、初冬に内定が決まってしまい、嬉しいけれど少し後悔が残ったということもなくなるでしょう。

転職のために活動を始めていたとしても、それまでの評価や頑張った証であるボーナスは、もらってから辞めることがおすすめです。

時期によっては辞めやすい

冬の転職活動に出遅れてしまったり、なかなか決まらずに2月になってしまったという場合でも、2月頃になると求人数が再び増加してくる期間でもあります。2月の転職活動は春の採用に合わせたスケジュールになることが多く、内定が決まった後も、引き継ぎがしやすく、引き留めに合う可能性も低いとも言えます。

また自分も研修の多い時期に入社することになるので、新しい仕事にスムーズに馴染みやすいということが考えられます。

しかし、求人数が多くなり、春採用に向けたライバルが増えてくる時期でもあるため、できるだけ余裕を持って転職活動を進められる準備をしておくことがおすすめです。

冬に転職する際に押さえておきたいポイント

冬に転職する際に押さえておきたいポイント

冬の転職活動を進めるためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。どのような点を考慮しておくことで転職を有利に進めることができるのかをチェックしておきましょう。

なぜ転職したいと思ったのか、その理由を明確に

転職を検討したとき、人間関係や職場環境、年収などの待遇、仕事内容など、それぞれ不満に思い、職場を変えたいと考える理由があります。

理由がぼんやりとしている場合、冬の転職は求人数が少なくなく、一つひとつの採用に対して質を高めることが必要となります。転職を決意した理由を明確にして、このあとのキャリアアップやワークライフバランスをどうするか、どうありたいのかということを考えて転職活動に取り組むようにしましょう。

書類でも面接時でも一貫してその理由を軸にしていくことで、何を求めて転職をしているのかということを企業が汲み取ってくれる可能性が高まり、採用におけるミスマッチが起きにくくなることが考えられます。

条件を厳しくしすぎない

求人数が少ないからこそ、自分のキャリアと最低限の希望を書き出した後は、業界や条件をあまり絞りすぎないように気をつけることが必要です。採用が進んでからも絞り込むことはできるため、まずは積極的に応募をする姿勢で臨みましょう。

服装にも気を遣おう

冬の転職活動では、面接の移動中などにマフラーやコートなどの防寒着が必要となりますが、室内は暖房が利いている可能性が高く、その温度差で汗がダラダラと垂れてしまることがあります。面接で緊張していると、さらに汗をかいてしまうということも考えられ、着ぶくれしている姿はあまりいい印象を与えることになりません。厚着をしなくても温かい肌着や調節のしやすい防寒を心がけるようにしましょう。

また、身につけるアイテムが増えるからこそ、面接に向かう際に気をつけることが増えるため、荷物がスッキリとまとめられるかどうかということや訪問時のマナーをもう一度確認しておくことが必要です。

建物に入る前に面談できるようにしておくことがマナーであり、マフラーや手袋をしまうだけではなく、脱いだコートは裏返して腕に掛けるなど、スムーズに身なりを整えられるようにしておきましょう。

転職活動を効率よく進めたいのなら転職エージェントの利用を

転職活動を効率よく進めたいのなら転職エージェントの利用を

冬の転職活動は、求人数が多くはなく、新しい求人が出にくい時期といえます。だからこそ、採用試験の一つひとつを無駄にしないために、転職活動の高い質を維持することが求められます。

冬はイベントが多く、年末年始に気が緩んでしまいがちですが、休みの日が多いからこそ、自己分析や履歴書や職務経歴書の書類作成、面接対策などにじっくりと打ち込むことができるため、転職活動の質を上げていくことが可能な時期となります。

しかし、自分一人で転職活動を行うとなると、自分の認識の中でしか対策を練ることができず、質を上げるには限度があります。

書類になかなか通らない、自分の強みがわからない、アピールポイントが見つからないという場合には、転職のプロである転職エージェントを利用することで、自分に足りなかったものを補って、より効率的な転職活動を行うことができるようになります

専任のキャリアアドバイザーだからこそできるサポートを受けることで、個人で転職活動を行うよりも成功率を格段に高めることができるでしょう。

転職エージェントを利用するとどのようなサポートを受けながら転職することができるのか、詳細を確認していきましょう。

自分の希望にマッチした求人を紹介してくれる

転職エージェントでは、求人の紹介の前に、キャリアカウンセリングを行うことで、経歴の棚卸しやこれからのキャリアプランについて自分の希望をキャリアアドバイザーに伝えます。キャリアやスキル、希望条件に基づいて、キャリアアドバイザーがマッチする企業を紹介してくれるという流れになります。

紹介される企業の中には、ネットなどで公開されていない非公開求人といったものもあり、自分で探すだけでは出会えなかった仕事に巡り会う可能性もあります。

転職エージェントには、業界や職種などを問わずに求人を取り扱っている総合型や、女性のワークライフバランスに合わせた求人の多いものやIT業界などに強い特化型、高いスキルに合わせた高額な年収のハイクラス求人専門の転職エージェントなどがあるため、自分に合ったものを選ぶことができます。

転職エージェントで活動を始める際は、自分で管理できる2~3社に同時に登録することで、自分に合ったキャリアアドバイザーや企業を見つけやすくなるため、1つに限らず併行することがおすすめです。

企業に合わせた書類の添削や面接対策

キャリアアドバイザーは企業を紹介してくれるだけではなく、提出する履歴書や職務経歴書の書類の添削を行ってくれたり、面接の対策を行ってくれます。面談や対策を通じて、自分の思ってもみなかった強みを見つけてくれたり、企業の人事がどういうところを見ているのかを知っているキャリアアドバイザーだからこその言い回しやよりよくするための指摘を受けることができます。

書類が通りにくいという方や面接が苦手という方でも、転職のプロのアドバイスを受けることで、1人で活動を行うよりも心強く転職活動はできるようになるでしょう。

給与交渉も行ってくれる

転職における心配の一つに、年収が低下してしまうのではないかという懸念がありますが、転職エージェントを利用して転職を行うと、内定後の給料の交渉や入社日の調整など、自分が表立って行うことが躊躇われてしまう交渉事も、キャリアアドバイザーが行ってくれます。

もし退職を引き留められたり、なかなか辞めさせてもらえないという時にも職場への伝え方や対応などのアドバイスをしてくれるため、内定が決まった後も不安なく転職に向けて進むことができるので安心です。

冬の転職は転職希望者が少ないからこそ、繁忙期は数十人のサポートを行うこともあるキャリアアドバイザーも、1人辺りにかける時間をいつもより充分に取ることができるため、手厚いサポートを期待することもできるでしょう。

そのため、転職活動が初めてで不安であったり、自分のキャリアに自信がない、強みなどアピールポイントがいまいちわかっていなくて、キャリアアドバイザーのサポートに期待しているという場合には、転職希望者が少なく、キャリアアドバイザーに比較的余裕が生まれる冬の転職がおすすめです。

ほとんどの転職エージェントは無料で利用することができるため、大手の総合型転職エージェントの他にも業界に特化した転職エージェントなどの複数を併用して始めることで、自分にあうキャリアアドバイザーを見つけやすくなり、エージェントごとに持っている非公開求人に出会える可能性なども増えます。

冬に転職を決めてしまいたい場合は、転職エージェントに登録をして、スムーズな転職を成功させましょう。