WEBマーケティングは未経験でも転職可能。将来性の高い業界でスキルを磨こう

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

インターネットは今や生活に欠かせないものとなり、総務省によると国民のおよそ79.8%がインターネットを利用していることがわかっています。

小学生低学年から80代以上の方まで幅広い世代がインターネットを使用しており、多くの方が閲覧するWEBサイトも、さまざまな角度からアピールすることが必要です。

インターネット上で企業がユーザーにアピールするには何らかの戦略を立てなければ勝ち残れず、その役割を担うのがWEBマーケティングという仕事です。

具体的にWEBマーケティングがどんな仕事なのか、また、未経験でも転職できるのかを解説していきます。

参考:総務省|令和元年版 情報通信白書|インターネットの利用状況(最終確認2020/07/20)

未経験でも転職できるWEBマーケティングの仕事内容とは? 集客を担う2つの役割を紹介

未経験でも転職できるWEBマーケティングの仕事内容とは? 集客を担う2つの役割を紹介

インターネット上には、1日ではとても閲覧しきれないほど多くの情報があり、その中から自社の商品やサービスを知ってもらうことは簡単なことではありません。

WEBマーケティングの仕事は主に2種類に分けられ、WEB上での集客対象のWEBサイトへのアクセス数を増やすことが挙げられます。

これは商品やサービスを購入してもらうために行うのですが、集客やアクセス数を増やすといってもどんなことをすれば良いのでしょうか。

それでは、WEBマーケティングの仕事内容について掘り下げていきましょう。

集客するにはWEB広告が重要! WEBマーケティング業界を志望するなら押さえておこう

インターネット上で多くのユーザーにWEBサイトを見てもらうには、インターネット上に広告を出すことが有効です。

WEB広告には、検索エンジンに出す広告と、SNSに出す広告の2種類があり、近年ではSNSの利用者が増えていることからSNS向け広告の勢いが増しています。

どちらの広告も、ユーザーが入力した検索キーワードや趣味嗜好に合う広告を表示させて集客し、購入まで導くことが目的です。

それぞれの広告の特徴を紹介していきます。

検索エンジンによるリスティング広告

Googleなどの検索エンジンに出す広告はリスティング広告と呼ばれ、検索結果のページの上下に表示される関連広告のことをいいます。

ユーザーが検索したキーワードと広告の内容に関連がある広告を表示させる仕組みになっています。

ここで注意したいのは、リスティング広告はコストがかかるということです。

クリックされた数に伴って費用が発生するため、広告の業界や商品、市場の状況によってもかかるコストが変動します。

費用の相場も業界や商品により異なりますが、数十万円ほどはかかると思っていて良いでしょう。

各種SNSに表示されるSNS広告

SNS広告は、各種SNSを利用するユーザーのプロフィールを元にユーザーに合う広告を表示させる広告のことをいいます。

また、販売したい商品やサービスのターゲットを絞り込んで広告を表示することができることも特徴の1つで、例えば、東京の30代の女性をターゲットにしているとしたら、住まいが東京の30代の女性のみに広告を表示させることができます。

加えて、SNSは拡散力が高いことから、特にTwitterでは予想以上に多くのユーザーに見てもらえることもメリットでしょう。

そのため、リスティング広告のように興味のある方のみに表示されるのとは異なり、全く興味がない方にも広告を見てもらえる可能性があるのです。

費用の面では、何日間表示させていくらというように具体的な金額が決まっていないため、SNS広告を出したい側が予算を決めて、その範囲内で広告を表示させるというスタイルが一般的です。

SNS広告は、SNSの種類や予算次第で、費用をなるべくかけずに広告を出すことができます。

広告以外にも集客手段あり! ネット社会ならではの検索順位上位を目指すSEOマーケティング

WEBマーケティングの仕事には、広告を出す以外にGoogleなどの検索エンジンで検索を行った際に、自社サイトが上位に表示されるように工夫するSEOマーケティングが挙げられます。

SEOマーケティングは広告を出すこととは違い、広告費をかけずにできる集客方法です。

SEO(search engine Optimization)で自社サイトを上位に表示させるには、Googleなどの検索エンジンから優良サイトだと認められることが重要で、検索キーワードを多く使用すれば良いわけではありません。

検索エンジンから良いサイトだと認められるような、しっかりした内容のサイト作りが必要なのです。

検索エンジンから優良サイトだと判断されるための主なポイントには、次のようなものがあります。

<SEOマーケティングをする際のサイト作りのポイント>

  • 自社サイトのテーマに合うコンテンツで作成する
  • 検索キーワードのみならず、ユーザーの生活に役立つ情報や知識を提供している
  • 見たいページへの移動がスムーズなどのサイトの見やすさや使いやすさ

単純に見やすいだけではなく内容も吟味されることを考えると、定期的なサイトの更新やその時々のニーズの把握などもとても重要になります

全くの未経験でもWEBマーケティング業界で働ける?

全くの未経験でもWEBマーケティング業界で働ける?

WEBマーケティングは、顧客のニーズやSNSユーザーの動きをいち早く察知して対応することが必要ですが、全くの未経験の方でもWEBマーケティング業界で働くことができます。

業界の歴史がまだ浅いことや、常に人材が不足していることから、未経験者が転職することも珍しくありません。

具体的なマーケティング手法は実務を通して学ぶ必要があるものの、ユーザーが何を求めているのか顧客や業界のニーズを読み取ることができれば、問題なく取り組むことができます。

ニーズの把握のほかでは、より良い広告を流すにはどうすれば良いかなどの発想力がある方が有利です。

今まであるようでなかった、全く新しい斬新な広告などのアイディアを出せることは強みになります。

また、数値を読み取る力もある方が良く、商品やサービスへの関心の高さやアクセス数などを敏感に感じ取れるかもポイントになります。

業務に携わるうちに慣れてくる部分もありますが、なるべくなら積極的に習得するようにしたいものです。

WEBマーケティングの考え方や主な手法は、インターネット上でも多くの情報が出ています。

WEBマーケティングについて全く知らないという方でも、インターネット上から多くの情報を集めて独学が可能です。

独学するには書籍を購入する方法もありますが、WEBマーケティング業界は変化が早いため、インターネット上から最新情報を入手する方が早いでしょう。

本格的にWEBマーケティング業界で働きたい方は、外部の企業の勉強会やセミナーに参加することも良い方法です。

勉強会やセミナーなら、自分と同じようにWEBマーケティングの知識や情報を得るために参加してきている方が多いため、お互いに情報交換するにもベターだといえます。

こうした場で横のつながりも作っておけば、業界の動向に変化が生じたときの情報交換はもちろん、切磋琢磨できる仲間にもなり得るでしょう。

いざWEBマーケティング企業に転職するとき、未経験者がアピールすべきポイント

いざWEBマーケティング企業に転職するとき、未経験者がアピールすべきポイント

WEBマーケティング業界未経験者が、いざWEBマーケティング業界に転職しようとするとき、どんなことをアピールしたら良いでしょうか。

業界未経験なのだから、WEBマーケティング業界について知識を蓄えるよりも、業界で働く上で必要なスキルがあることをアピールすることがおすすめです。

WEBマーケティング業界では、数値を管理して必要な情報と照らし合わせることが重要です。

そのため、Excelを使った数値管理やプログラミング言語のスキルがあると有利になります。

今まで働いてきた職場で、Excelの関数を使いながら数値を管理していた経験がある方は、Excelで関数を使えることをアピールすることをおすすめします。

このとき、どの関数を使ってどんな内容を整理・管理していたのかを簡潔に説明できると良く、面接官にも印象づけることができるでしょう。

また、プログラミング言語では分析業務と相性が良いPHPやPythonが挙げられます。

WEBマーケティング業界では分析することも大切な業務のため、PHPやPythonを扱うことができる、もしくは前職で扱っていたという経験があるなら、マーケターとして重宝される可能性が高いです。

現状では扱えるプログラミング言語がないという方は、実際に転職する前に学んで身に着けておくことをおすすめします。

未経験からWEBマーケティング業界に転職するなら身につけておきたいこと

未経験からWEBマーケティング業界に転職するなら身につけておきたいこと

未経験からWEBマーケティング業界に転職を検討している方は、十分な準備をしてから転職することをおすすめします。

未経験だからこそ最低限準備しておきたいのが、次の4つです。

  • データ分析力
  • 人を巻き込めるコミュニケーションスキル
  • 市場のニーズを読み取る力
  • 流行への敏感さ

データ分析はマーケティング業界では必要不可欠なものですが、日常生活のみではなかなか習得する機会がありません。

アクセス数やコンバージョン率などの数値を見るだけなら、誰でもなんとなく注目されている・売れていると判断できますが、それとは別に数字が意味するものを読み取る力が必要なのです。

データ分析力を身に着けるには、分析の考え方や複数の統計手法を学んでおくと良いでしょう。

また、人を巻き込めるようなコミュニケーションスキルというのは、周囲をやる気にさせる声がけや一緒にがんばろう! と協力を求めるコミュニケーションスキルのことを指します。

WEBマーケターは、1人ではなくWEBサイトを作るデザイナーやエンジニアなどとの密なコミュニケーションがあって成り立つ仕事のため、コミュニケーションスキルは高い方が有利です。

そして、市場のニーズを読み取る力とは、自社のWEBサイトをスマホやパソコンを介して見ている方が、何を求めて考えているかを想像する力のことです。

ニーズを読み取ることで、ユーザーに商品やサービスの購入を促すようなWEBサイトを作り、施策を立てていくことに繋がります。

WEBマーケティングは顧客主導でもあるので、こうした市場を読み取る力が必要なのです。

最後に、流行への敏感さについては、WEBマーケティング業界はIT業界の中でも特に変化が早く、新しい商品やサービス・技術が次々登場するため必要不可欠な能力といえます。

こうした変化に遅れることなく対応していくには、普段から流行やちょっとした変化にも敏感になり、広く情報収集することが大切です。

インターネット上のニュースはもちろん、SNSを介してトレンドをチェックするなど、柔軟に対応するようにしましょう。

WEBマーケティングは将来性の高い職種! スキルを習得するなら早い方が良い

WEBマーケティングは将来性の高い職種! スキルを習得するなら早い方が良い

WEBマーケティングの仕事は、一見すると難しくて専門的な知識がなければできないように感じられますが、未経験でも転職する方が多い職種です。

WEBマーケティングの仕事の1つである広告は、WEB広告が伸びていて他の業界は不振が続いており、同じマーケティング業界でもWEBマーケティングは将来性が高いといえます。

広告費の面から見てもCMより、WEBマーケティングの方が安く広告を出すことができるのです。

WEBマーケティングのスキルは、転職により会社が変わったとしても普遍的に利用しやすいので、1度身につければ長く仕事に活かすことができます

多くの経験を積んでいけば、次に転職する場合にも武器となり有利に進められるでしょう。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)