ベンチャー企業への転職はリスクが高いと言われていますが、成功している方もいます。

これまでにない新しい技術やサービスを開発して、世の中に出していこうとするベンチャー企業は、果敢にチャレンジする雰囲気があり魅力的に映ることでしょう。

憧れる気持ちから転職しようと思う方もいますが、その気持ちだけで成功することはまずありません。

転職はどんな業界を志望するとしても事前の情報収集が大切ですが、ベンチャー企業の場合は特にその傾向が強いです。

それでは、ベンチャー企業への転職を成功させる方法を解説していきます。

そもそもベンチャー企業とは?

ベンチャー企業は、中小企業・大手企業のように明確な定義はありません。

しかし一般的には、他の中小企業と区別するために「設立から5年程度の若い会社」「新しいビジネス領域に着手していること」などが挙げられます。

他にも、働き方においては手企業と真逆であることも大きな特徴といえます。

ベンチャー企業と大手企業の働き方は対照的

大手企業は上司の指示で働くイメージ、ベンチャー企業は毎日が勝負の連続で走り回っているようなイメージを持つ方が多いかと思います。

具体的にどのように違うのか、働き方にスポットを当てて見ていきましょう。

大手企業の働き方

大手企業のほどんどでは、1つのプロジェクトに対してチームを組んで進めることが多いです。

チームの中で自分がどのような仕事をすれば良いのかを理解することも重要で、万が一ミスが生じた場合は、チームの中で助け合うこともできます。

企業によっては非常に大きな規模のプロジェクトに参加することがあり、自分の仕事も多くの人に影響をもたらします。責任も重大ですがその分やりがいもあるでしょう。

また、ほとんどの場合は商品や企業の知名度が高いため、営業活動がスムーズに進みやすい傾向にあります。

しかしその一方で社内の人間関係が難しい、1つの課題をクリアするためのステップがありすぎて時間がかかってしまうなど、デメリットも存在しています。

仮にプロジェクトで大きな成功を収めたとしても、その活躍に対して昇給や昇進がすぐにあるわけではないことも大手企業の惜しい部分です。

大手企業の働き方は、業務上のスピード感や昇進は一般社員に反映されにくい環境にあるといえます。

ベンチャー企業の働き方

ベンチャー企業の働き方は大手企業とは対照的で、社員1人ひとりにある程度の責任がありスピード感を持って働きます。

社員の提案が事業そのものに採用されやすく、場合によっては新規事業を任されることもあります。

大手企業に比べて扱う事業の規模は小さくなりますが、社員が個々に考えて動ける環境です。

また、個人の仕事が会社の売上に大きく貢献したり、企業の成長に直結したりするので、大手企業では味わえない大きなやりがいを得ることができます。

ですが、その一方で労働環境や福利厚生などの待遇が整っていないことがあり、企業の未熟さや倒産リスクを抱えることになるのはベンチャー企業のデメリットといえるでしょう。

ベンチャー企業の働き方は、社員1人ひとりが責任と裁量権を持ちスピーディーに働く反面、企業としては未整備の部分が多い環境にあるといえます。

ベンチャー企業への転職を成功させるには?

ベンチャー企業への転職は、軽い気持ちで取り組むのではなく、転職時のリスクをしっかり理解して進めることが大切です。

とはいえ、リスクだけを見ていたのでは魅力が半減してしまうため、事前にしっかり情報収集をして転職に相応しいところか見極めることが必要です。

ベンチャー企業に転職しようとするときどんなことを調べたら良いのか、必ずチェックしておくことはどんなことなのか、ベンチャー企業への転職を成功させるコツを紹介します。

自分のキャリアプランを見つめ直し明確に打ち出す

ベンチャー企業では人材に即戦力を求める傾向が強く、少数精鋭主義で採用することがほとんどです。

求めるスキルレベルも明確になっていて、それにマッチする人材のみが採用されると思っていても良いほどです。

異なる目線から見ると、自分たちの業務上で足りないスキルを補えるような、足りない部分にハマる人材が欲しいので、転職動機が曖昧な方を人員確保のためだけに採用するようなことはほぼありません。

ベンチャー企業の採用目的が明確なら、転職を希望する側もどんな仕事をしたいのかどんなスキルをどこまで活かせるのかを明確にすることが必要です。

また、なぜベンチャー企業に転職したいのか、目的をはっきりさせることも重要となります。

憧れの気持ちから転職を決意したなどではなく「この会社でなければできない仕事がある!」 くらいの強い思いを持つことも必要です。

しっかりした目的を伝えることができれば、ベンチャー企業側にも「この人と一緒に働きたい」と思わせることができるでしょう。

リスクを具体的に理解して仕事をする覚悟を決める

ベンチャー企業では、業務上で1人ひとりの責任がぐっと重くなり、それを引き受けて働くようになります。

会社の将来が全くわからない中で事業を任されることや、必要なシステムを一から作るなど、一般企業では考えられないような責任を持つことが日常的にあるのです。

こうしたリスクを具体的に理解してしっかりと引き受けて仕事をするにはそれなりの覚悟も必要になります。

この覚悟があるかないかによっては、最後まで業務を担当できるかどうかにも影響してくるでしょう。

ベンチャー企業のこうしたリスクは、チャレンジ精神旺盛な方には魅力的に映りますが、魅力や憧れだけではなくしっかり覚悟を決めることも重要だといえます。

また、ベンチャー企業への転職を成功させるためには、良いベンチャー企業を選ぶことも大切です。

次に、良いベンチャー企業の見極め方を解説します。

良いベンチャー企業の見極め方を解説

ベンチャー企業とひと口に言っても、起業したばかりの会社からある程度の規模のところまでさまざまな規模の企業があります。

さらに優良企業からブラック企業と呼ばれるものまでが混在しているため、できる限り良いベンチャー企業を見極めなければなりません。

それでは、良いベンチャー企業の見極め方を一緒に見ていきましょう。

ベンチャー企業の成長ステージをチェックする

ベンチャー企業には成長に合わせて4つのステージに分類されます。

この4つのステージは主に投資の際の目安となるものですが、転職する際にも企業を見極める目安になります。

1.シードステージ

シードステージは事業を立ち上げる準備段階で、種子のシードからこの名称が付いています。

ビジネスとしても種の段階のため、会社の将来が全くわからない段階です。

2.アーリーステージ

アーリーステージはスタートアップ期などとも呼ばれる次期で、事業の立ち上げから起動に乗るまでの段階を指します。

このころのベンチャー企業は最も倒産の可能性が高く、常に赤字の会社も多いです。

3.エクスパンションステージ

エクスパンションステージは、事業が軌道に乗り始めて少人数のチームが組まれ、サービスや製品がユーザーに浸透し始めている状態を指します。

一度は事業が軌道に乗りひと安心だと思う方もいますが、まだ安定しているとはいえず倒産のリスクがある状態です。

4.レイターステージ

レイターステージは、事業にある程度の土台ができてキャッシュフローも黒字になっている企業のことを指します。

ここまで来ると倒産のリスクはかなり低く、さらなる事業拡大も進められる段階になります。

 

倒産のリスク回避という点ではレイターステージが最も良いですが、シードステージやアーリーステージから参入することで入社していきなり幹部・経営陣になれる可能性が高いというチャンスもあるのです。

採用状況をチェックする

良いベンチャー企業を見極める方法として、積極的に採用しているかどうかをチェックすることが挙げられます。

人材を積極的に増やせるということは、雇えるだけの事業や売上げがあると判断でき、この先伸びていく可能性が高いと捉えられるでしょう。

またベンチャー企業は即戦力を求める傾向が強く中途採用がメインというイメージがありますが、あえて新卒採用を進めているところもあります。

中途であるということが、場合によってはビジネスへの考えの衝突を招く恐れがあるからです。

ですから、新卒採用ばかり進めている企業だからといって不安を抱く必要はなく、見極めるべきは会社の離職率が高いかどうかだといえます。

他社とは異なるビジネスモデルがあるかどうか

ベンチャー企業はこれまでになかったような新しい何かを、世の中に送り出すことで生き残ることができます。

そのため、大手企業にはない何らかの技術やサービスを持っているかどうかをチェックしてみましょう。

他社とは異なるビジネスモデルを持っている企業は今後伸びていく可能性が高く期待できます。

転職するならオリジナリティー溢れるビジネスモデルを持つ企業が望ましいです。

経営者は信用できる人間かどうか

ベンチャー企業の経営者の中には、個性的で魅力的な方が多くいます。

その人柄に惚れ込んで転職を決意する方がいますが、よほど人を見る目に長けている自信がない限り、人柄のみで転職を決めるのは避ける方が無難です。

そのため、人柄の良さに加えて信用できる人間かどうかをしっかり見極めるようにしましょう。

可能であれば経営者のSNSなどをチェックして、どのような情報を発信しているか見てみてください。

多くのフォローがあり横のつながりも広く、有益な情報を発信しているかなども、ある意味で信用できるかどうかの目安になります。

 転職後に成功する人と失敗する人

ベンチャー企業への転職が成功しても、それで安心できるわけではありません。

転職後の仕事のやり方次第では、成功する人と失敗する人に大きく分かれてしまいます。

どんな人がベンチャー企業への転職で成功するのか、または失敗するのかその傾向を見ていきましょう。

転職後に成功できる人

精神的なタフさを持ち自分で考えて行動できる人

ベンチャー企業の仕事は、指示をもらって働くことが少なく、自分で考えて動くことがほとんどです。

常にどうなるかわからない不安と隣り合わせで働くこともあるので、精神的にタフな方が長く勤めることができます。

また周囲を過度に頼らず、自分から業務をこなし課題を設定できる方が、早く大きな事業を任せられるなど結果を出せる傾向にあります。

精神的にタフで自分で考えて行動できるタイプの方は、ベンチャー企業に転職したあとの活躍が期待できます。

新しいものに興味がありアイディアと行動力に溢れる人

常に変化し続ける外部環境の中で、アンテナを高くして新しいものに興味を持てることは、ベンチャー企業で働く上で大きな武器になります。

有益な情報をいち早くキャッチできれば、その分早く事業を立ち上げて動くことができるからです。

海外や異業種・競合企業などにも目を向けて、常にスピーディーに情報を収集できれば、ベンチャー企業にとってアドバンテージになるでしょう。

また、集めた情報からアイディアを出してすぐに行動できるようなら、ベンチャー企業の真骨頂を発揮できる人材になるでしょう。

自分を常にアップデートできポジティブに考え続けられる人

現状では順調に事業が進んでいてもその状態が永遠に続くわけではありません。

外部環境が刻々と変化していくように、ユーザーのニーズも受け入れられる事業にも変化があります。

そのため、さまざまな変化に応じられるよう自分自身も変わっていくことが必要となります。変わることを躊躇しているようでは、そのうちに業界のスピードに乗り遅れてしまうでしょう。

恐れずに自分から変わり続けることができ、環境の変化に応じて自分自身をポジティブにアップデートできる人材こそがベンチャー企業で活躍できるのです。

事業を成功させるためにどうすれば良いか考え続けられることは、成功への一歩でもあるからです。

既存の常識や枠にとらわれない人

ベンチャー企業そのものが既存の常識や枠にとらわれない、新しいものを生み出すことを使命としている企業です。

事業を進める上でも一般的な考え方ばかりでは、いずれ行き詰まり倒産の危機に陥るでしょう。ベンチャー企業では、これまでにあるようでなかった新しい発想や、考え方ができることも必要です。

従来の常識的な考えでは行き詰まるようなことも、枠にとらわれない考えを用いて対応すれば想像もしなかったレベルの答えが見つかる可能性があります。

それはベンチャー企業にとって大きなチャンスとなり、その発起人ともなれば今後の活躍が期待できる人材として重宝されるでしょう。

転職後に失敗してしまう人

転職する動機が曖昧かつ憧れの気持ちから転職してしまった人

大手企業に勤務する方から見て、ベンチャー企業は自由度が高くやりたいことができるなど、隣の芝生が青く見えてしまうことがあります。

職場の人間関係にうんざりしている方や、仕事に先が見えないと思っているなど、現状の仕事に不満がある方は特にこの傾向が強いです。

しかし、ベンチャー企業で働くリスクや適性を良く考えずに転職してしまうと、転職してから後悔することになります。

憧れる気持ちが強いほど自分のイメージと現場のギャップが大きくなり、転職して失敗することが多いです。

本心では安定した生活を望んでいるのにベンチャー企業に転職した人

毎月給与が振り込まれることや福利厚生などの待遇が、大手企業に勤めていると当たり前のように感じます。

ですが、その感覚のままでベンチャー企業に転職してしまうと、不安定さに耐えられず失敗したと思う方もいます。

ベンチャー企業では、求人を出すほかに友人知人の紹介で入社することも珍しくないので、断り切れずに転職した方に良くある失敗事例です。

本心では安定した生活を望んでいるなら、転職せずに大手企業に勤め続ける方が無難でしょう。

業務上の課題解決能力は高いが自分で課題を見つけられない人

大手企業で活躍する方の中には、与えられた仕事をミスなくこなし業務上の実績を積み、自分はどの企業に行っても仕事ができると思い込んでしまう方もいます。

そういった方が自信を持ってベンチャー企業に転職した場合、大手企業とベンチャー企業で求められる能力の違いについていけないケースがあります。

大手企業では与えられた課題を解決すれば良かったのに、ベンチャー企業では自分で業務上の課題を見つけなければならないため、自分の能力の違いにモチベーションが下がる方もいます。

業務上で課題を見つけられない方は、どうしても転職して失敗したと感じることが多いです。

ベンチャー企業はリスクも目立つが、能力を発揮できる魅力もある

ベンチャー企業への転職は、事業の不安定さや倒産などのリスクが目立ちますが、自分の能力を存分に発揮できる魅力や自分自身が成長するチャンスもあります。

転職が一般的になった今、転職=年収アップといった良いニュアンスで転職に取り組む方が多いですが、仕事への魅力ややりがいを求めるならベンチャー企業の方が合っているでしょう。

大手企業ではチームで取り組む仕事がメインのため歯車になりがちですが、ベンチャー企業は苦労も多い分オールラウンドプレーヤーを目指すこともできるのです。

向上心が強く、やりがいのある仕事をしたい方は、ベンチャー企業への転職を考えてみるといいでしょう。