転職を検討している方の中には、一般の企業ではなく、会社の成長を間近で感じられるベンチャー企業を志望している方もいることでしょう。

新しいビジネスを展開するベンチャー企業は、やりがいがある仕事をしたい方やビジョンに共感できる方にとってはかなり魅力的に映るビジネスの場です。

実際に成功しているベンチャー企業もいくつかあり、社会に価値を生み出すような仕事に憧れる方には、ベンチャー企業こそが自分の居場所のように感じられることでしょう。

そんなベンチャー企業への転職は、いくつかリスクがあり大手企業とは異なる点も多いと言われています。

そこでここでは、ベンチャー企業に転職したときのリスクについて解説していきます。

ベンチャー企業に転職するリスク

ベンチャー企業は新しい世界を切り開くイメージや毎日やりがいを感じながら忙しく働くイメージがあることから、自分の能力を活かせる職場だと感じる方もいることでしょう。

ですが、実際には成長過程の企業だけに、投資機関から援助を受けている企業が多く、安定して働き続けるには不安があることも事実です。

具体的に、ベンチャー企業への転職にはどんなリスクがあるのでしょうか。

倒産のリスクが高い

ベンチャー企業は次々に新しく誕生するものの、事業が成功するかどうかが存続を左右します。

事業が世の中に貢献して大きな利益を出せるなら企業は成長できますが、事業が軌道に乗るまではいつ倒産してもおかしくありません。

また、援助を受けながら事業を進めるために、援助が打ち切られてしまえば事業の継続の危機に陥ります。

ベンチャー企業は、会社の成長に期待できるところが魅力であり、その反面、会社の将来がいつどうなるかわからないところが最大のリスクだと言えるでしょう。

年収アップの保証なし&待遇が悪い

大手企業からベンチャー企業に転職した場合、前職よりも年収がアップする保証はありません。

ベンチャー企業のうち、テレビCMを放送しているような成長著しい企業なら年収がアップする見込みがありますが、すべてのベンチャー企業が同じではないのです。

起業したてで、全てがこれからにかかっているようなベンチャー企業では、ボーナスも無く年収がダウンする可能性が高くなります。

また、福利厚生を含む研修制度などが整備されていないことが多いため、待遇が良いとはいえないケースも多いです。

即戦力が求められるわりに、有給が使えない、毎日のように残業することも覚悟しなければなりません。

想定していた仕事ができない可能性

規模が小さいベンチャー企業では、一人ひとりの業務範囲が広くなる可能性があります。

自分の経験やスキルをフル活用でき、それを企業の成長に直接つなげられるのがベンチャー企業の理想像ですが、人数の関係上いくつもの業務を兼任しなければならず、想定していた仕事ができなくなることも多いです。

また、ベンチャー企業では会社の社長からトップダウンで仕事の依頼が来ることも多いため、社員と対話をしない強権的な方が社長だと決定の一つで振り回される可能性もあります。

大企業と違って社長との距離も近いこともあり、考えや思想に対して違和感がある場合は、ますます思っていた仕事ができないと感じてし仕事へのストレスも増えていくことになります。

ハードワークで離職率が高い

ベンチャー企業との雇用契約書には終業時間が明記されていても、それが守られることはなかなかありません。

毎日が勝負のベンチャー企業では、会社で働いている時間が10時間を軽く超えることや毎日残業ということも珍しくないほどハードワークが続きます。

場合によっては週1の休日も取れないこともあり、こんな激務に耐えられず退職する方も多いのが現状です。

転職前と転職後でのイメージのギャップ

ベンチャー企業に転職する前は、

  • 経験やスキルを存分に発揮して働ける
  • 会社とともに自分も成長していける
  • やりがいを感じながら働ける
  • 経営層に意見を言いやすい
  • 自由度の高い環境で働ける

などのイメージを抱いている方が多いです。

しかし、いざ転職してみると経営者の意思のままに働かなければならなかったり、思ったより自由度がなかったり、やりがいというよりは複数の業務で手一杯で毎日がキャパオーバーだったりして、転職前のイメージとのギャップを感じる方がほとんどです。

加えて、人事や労務制度が未発達なら、イメージのギャップが不満に変わる日も近いでしょう。

ベンチャー企業にない大手企業の特徴

ベンチャーと大手企業では、それぞれの持つ特徴も違ってきます。両者について詳しく比較していきましょう。

安定感があるが昇進は遅め

大手企業は抜群の安定感があり、給与の心配をすることはほとんどありません。

多少業績が悪いときでも、今日明日に倒産する心配はなく、福利厚生や人事・労務制度もしっかり整備されているので働きやすい環境も整っています。

ただ、昇進に関してはベンチャー企業よりもかなり遅く、規模が大きくなるほど同期が何百人もいて更に年功序列で昇進するシステムになっていることが多いです。

ベンチャー企業なら、入社2年目で複数人の部下を持つこともあります。

社会的信用が高くなる

日本は大手企業の信用が厚く、規模が大きいほど社会的信用も高くなります。

大手企業に勤めているだけで、優れた人格を持つと判断されることもあるほどなので、ローンを組むときや融資を受けたいときも、審査に通りやすくなります。

大手企業からベンチャー企業には転職しやすい

大手企業からベンチャー企業への転職はしやすく、豊富な転職先の中から選んで転職することも可能です。

大手企業の看板はそれほど人の価値を上げるもので、ある程度実績を積んだ方ならスカウトされる可能性もあるでしょう。

ただ、ベンチャー企業から大手企業への転職はかなり厳しくなるため、よほどの実績を残さなければ希望通りに進まないことも考えられます。

ベンチャー企業に転職するメリット

ベンチャー企業に転職する際にはさまざまなリスクがあり、大手企業とも違う部分がありますが、ベンチャー企業ならではのメリットも存在します。

どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

幅広い職種に挑戦するチャンスがある

ベンチャー企業のほとんどでは、担当職種はあって無いようなもので、いくつもの職種を兼任することが多いです。

人が足りない仕事は社員で補い合うことが常、ある意味幅広い職種に挑戦するチャンスが豊富にあります。

いろいろと体験していくうちに能力が認められれば責任感のある仕事を任されることもあり、結果として自分を成長させることにつながります。

営業、マーケティング、人事、顧客対応、広報、デザイナーなどさまざまな職種の経験を積めることがメリットです。

事業への貢献度が高い

ベンチャー企業での成果は、会社の利益に直結することがほとんどです。利益が数字に表れることで、自分の仕事がどれほど事業に貢献しているかを実感することでしょう。

大手企業では組織の中での成果のため、どうしても自分の仕事がどれほど会社に貢献しているかは実感しにくいものがあります。

ですが、ベンチャー企業ではこの感覚をダイレクトに感じることができ、事業そのものを自分が動かしている感覚は自信にもつながっていきます。

経営者のそばで働くことができ経営者の視点を持って働ける

ベンチャー企業では経営者との距離が近くて、その仕事ぶりを間近で見たり学んだりする機会が豊富です。大手企業では社長にあいさつする機会すらなく、顔も良くわからない方もいることでしょう。

ベンチャー企業では経営者と同じフロアで働くこともあり、環境によってはプロジェクトに対して意見を求められるなど、経営者のそばで働けることが多いです。

また、経営者の近くで働くことにより経営者の視点で物事を考えることが増えるので、将来的に独立を考えている方にとって最適な環境といえます。

やってみたい事業の提案やプロジェクトに参加させてほしいなど、直談判できることもメリットだといえるでしょう。

事業スピードが速く新規事業を任されるチャンスがある

大手企業では事業の決定までに相当な時間がかかる傾向にありますが、ベンチャー企業ではほんの30分程度の会議で事業の方向性が決まったり、新規事業が決まったりします。

また一方で、事業の開始から1ヶ月程度で撤退するといったことも良くあることです。

世の中を変革したい意向が強いベンチャー企業では、事業に対する意思決定が圧倒的に速いことが特徴です。

やりたい! と思ったことはかなりのスピード感で実現することができ、実現する際には社員の意見を取り入れて反映させる傾向があります。

個人のアイディアが新規事業につながることもあるので、仮にアイディアが採用された際には責任者に任命されるチャンスもあるでしょう。

同じ志を持つ感覚の近い人と一緒に働ける

ベンチャー企業は規模が小さい分、社風や方向性に経営者の意向が強く反映されやすく、それに魅力を感じる人が集まる傾向にあります。

小規模なほど結束力も強まるので、メンバーと同じ目標に向かって働けることもベンチャー企業のメリットといえます。

どんな人がベンチャー企業に向いている? 

大手企業とは勝手が違うベンチャー企業には、どんな方が向いているでしょうか。

ベンチャー企業で求められる人材の傾向、適性など解説していきます。

自分で考えて動こうとする主体性のある方

ベンチャー企業では自発的に働こうとする人材が必要となるので、事業を成功へと導くために、効率やプロセスを考えて動く主体性のある方が求められるます。

もしも、こうした主体性がない方がベンチャー企業に転職した場合、1人ひとりに細かい指示が飛ぶことが少ないため居辛くなる可能性もあります。

その一方で、自分が考えたアイデアや企画を世の中に広めたいと考えている方は自発的な傾向にあるため、ベンチャー企業向きだといえます。

新しい事に敏感で、適応力のある方

日ごろから新しい技術や情報に興味がある方は、例え限られた分野のみだったとしても常にアンテナを高くしています。

国内・海外の情報も気にかけていることが多く、小さな変化にも気づきやすい傾向です。

新しい物事に敏感で取り入れることに抵抗がない方は、変化することを恐れずに対応する力があるため、ベンチャー企業に向いているとも言えます。

また、世の中に自分たちのアイディアを出すには、これまで通りのやり方では通用しないケースがあります。

従来の固定概念を覆すような方法を考えたり、タブーとされていた方法を逆手に取ったりすることもあるでしょう。

こうした柔軟な考え方ができる方、さまざまな角度から考えることが得意な方もベンチャー企業に向いています。

常にスキルアップを怠らない方

ベンチャー企業は、これまでになかったような新しい技術やサービスを作り出す企業です。

そのために必要となるスキルの習得や学びのために自分のお金や時間を投資できることは、新しい何かを生み出す準備と考えても良いでしょう。

さまざまなことを学び続けることができる、つまり、常にスキルアップを怠らない方はベンチャー企業に向いています。

企業選びの注意点

ベンチャー企業のメリット・デメリット、向いている方について一通り述べたところで、実際に転職先を選ぶ際の注意点についてお伝えしていきます。

資金調達状況を確認、できるだけ黒字の企業を選ぶ

ベンチャー企業の多くは、ベンチャーキャピタルや投資家などから出資や投資を受けていることがほとんどです。

1つの目安としては出資額や投資額が多い企業を選ぶことが挙げられます。

その基準として複数回の投資を受けているかを確認し、投資回数が多い企業ほど継続して運営できていると判断します。

詳しい金額まで公開されていない場合でも、ある程度の情報を見極めることが重要です。

創業1年以上で、ある程度事業規模の大きな企業に絞る

創業1年未満のベンチャー企業は、ほとんどの場合が人事・労務制度が整っておらず、売上げや顧客も心細いことが多いです。

そのため、最低でも創業1年未満は避けて1年以上、大企業とまではいかなくとも、ある程度の社内システムが整っているところに絞るようにしましょう。

明らかにブラック企業のベンチャーは避ける

ベンチャー企業は未発達なこともありブラック企業に近い体制になりがちですが、その内実には新しいサービスや技術を世の中に出したいという志があります。

ですが、ベンチャー企業の中にはなんの志もない企業が存在し、社長の金稼ぎの一部になっていることがあります。

例えば、

  • 面接時に書類選考がない
  • 面接は1発内定
  • ベンチャー企業では異常な年収の高さ
  • 新卒に異常なほど関心が高い

このような傾向が見受けられるベンチャー企業は避けるようにしましょう。

新卒や第二新卒ならベンチャー企業は避けるのがベター

新卒や第二新卒では、ベンチャー企業への転職は避けるようにしてください。

特に、新卒ではベンチャー企業の良し悪しを見極めることができません。もしも、はずれのベンチャー企業に入社して1年未満で退職するようなことになれば、職歴の傷を増やすだけです。

また、即戦力を求めるベンチャー企業では、研修も無くビジネスマナーを学ぶ機会もありません。

自分の将来のためにも、新卒や第二新卒ではベンチャー企業を避けて、隅々までビジネスマナーを学べる企業を選ぶようにしましょう。

事前に情報取集をしてから転職しよう

ベンチャー企業への転職はリスクが多いため、安定感のある仕事をしたい方にはおすすめできません。

ですが、ベンチャー企業は世の中に既存のサービスや技術をリノベーションする可能性も秘めています。

実際にベンチャー企業へ転職するときはリスクを充分に加味し、事前に転職先について詳しく情報収集してから臨むようにしましょう。

積極的な採用を行っているか、他社とは全く違う明確なビジネスモデルがあることはもちろん、資金繰りにも着目してしっかりチェックするとなお良いです。

事業が成功すれば急成長する可能性もあるという、言わばギャンブル的要素も秘めてはいますが、自分自身の職歴に傷をつけないためにも細かく情報収集するようにしましょう。