あなたが仕事がつまらなくて辛い理由は何も得られていないからかもしれない

つまらない仕事をするのはとにかく苦痛で辛いことですし、できることならやりたくないこと。

しかし、それでも仕方がないからと我慢して仕事を続けている人は少なくないでしょう。

ではなぜ仕事がつまらないのか、その根本的な理由を考えたことはありますか?

関連記事

 

仕事がつまらないのは当たり前?楽しくないのは当たり前?

仕事なんてつまらなくて当たり前、仕事なんて楽しくなくて当たり前。

そう考えている人も多いと思います。

ではそれは本当にそうでしょうか。

たしかに仕事をしていればつまらないこと、楽しくないことなんて山ほどあります。

むしろそんなことの方が多いかもしれません。

面倒な上司と客の板挟みにあったり、ちょっとしたミスで上司に怒られたり、多大な雑務にかなりの時間を要したり。

やりたいことだけできて、楽しいことばかりがある仕事なんておそらくありません。

誰もが何かしらつまらない、やりたくないこともやらざるを得ないからやっています。

しかし、だからといって仕事自体が絶対につまらないかと言うと決してそんなことはないはずです。

現に仕事を楽しんでいる人は大勢います。仕事=つまらないというのは決してんり立ちません。

では仕事がつまらない人とそうではない人は何が違うのでしょうか。

あなたが仕事がつまらないと感じている理由

仕事内容が原因でつまらないと感じている人は多いでしょう。

ただもっと根本的に考えると、以下のことがあなたが仕事がつまらないと感じてしまっている大きな理由となっているのではないでしょうか。

仕事に対する達成感が何もない

あなたは今の仕事で達成感を感じることができていますか?

難しい仕事を自分の力でなんとかやりきった達成感、誰かに認められたり感謝されたことによる達成感、突出した成果を出せたことによる達成感。

その仕事をしたからこそ得られる何かしらの達成感は、仕事をつまらないものではなくする為に必要なものです。

達成感があったからこそつまらない仕事でもやった意義を見出せるし、また次の達成感を感じる為にコツコツやっていけるもの。

何の達成感もなく、ただつまらない仕事をずっと繰り返すだけであれば、仕事自体がつまらなくて辛いと感じるのも仕方がありません。

また達成感も、同じことを繰り返していれば徐々に慣れてきてしまうもの。

それまで苦労してきた仕事も慣れてくると割と簡単にできるようになり、やり切ったという達成感も感じられなくなります。

いつまでも同じことではなく、徐々にステップアップして行くというのは、仕事で達成感を感じ続ける為には必要となります。

自分の成長が感じられない

できなかったことができるようになった、新しい専門知識を身につけることができた、周囲を動かして仕事ができるようになった。

こういった仕事を通じて成長できたという実感もまた、仕事をつまらないものにしない為には必要なこと。

簡単ですでにできることをただ黙々とやり続けるというのは、短時間ならまだしも何か月、何年と続けるのはかなり辛いです。

あなたはここ最近、自分が成長したと思える部分を挙げることができますか?

仕事がつまらないという人は、ぱっと思いつくことができないのではないでしょうか。

またこれについても、同じ仕事をいつまでも続けていれば成長を実感できなくなってしまうもの。

だからこそ、やはりステップアップして行くことは重要です。

目標に近づけていない

いずれはこんな仕事がやりたい、いつかはあんな風になりたいと言う目標に対し、それに近づけることができているかも大切。

もしその自分の目標に近づく為に必要なものであるならば、ちょっとくらい仕事がつまらなくたって辛いとは感じずに前向きに仕事ができるもの。

一方で自分の目標には全くつながらないこと、全く関係ないことばかりをさせられていて、いつまでたっても目標に近づくことができていないならば、仕事がつまらないと感じてしまいます。

あなたはなんとなくでもいいからこうなりたい、これをしたいといった目標がありますか?そして今の仕事をすることでそこに近づけていますか?

仕事がつまらないと感じている人は、目標がない、もしくは全く近づけていないという人ではないでしょうか。

何も得られていなければ、仕事はつまらない

あなたが仕事がつまらなくて辛いと感じているのは、仕事を通じて得るものが何もないからではないですか?

達成感を得ること、成長の実感を得ること、目標に近づいているという実感を得ること。こういったことがなければ、日々のしなくてはいけないつまらない仕事を前向きになんてできることはありません。

そして、仕事自体、仕事の全てがつまらないものだと感じてしまうことになります。

ではどうすれば、こういったことを仕事で得ることができるようになるのでしょうか。

もちろん会社、そして上司の存在は重要。

いつまでも同じ仕事をさせるのではなく、常に挑戦させてくれたり、ステップアップさせてくれればマンネリ化も起きにくくなります。

また、その人が達成した成果に対して正当に評価し、昇格や昇給など形で示してもらうことも大切。

ただ会社ばかりに原因があるわけではなく、そもそも自分自身に原因があるという可能性も考えなくてはいけない。

与えられた仕事に対してつまらないと決めつけたり、ろくに努力もせず挑戦を避けていたり、手を抜いて楽することばかり考えていれば、何も得られることはありません。

仕事内容、仕事量、職場環境などももちろん大切。

しかしまずはもっと根本的に、自分は何を得たいのか、なぜ得られていないのか、得る為にはどうすれば良いのかということを考えてみれば、今の仕事がつまらないという状況を抜け出せるきっかけになるかもしれません。

転職だって悪いことじゃない

仕事がつまらないから転職。それに対して甘えだと感じる人も中にはいるでしょう。

しかしそれは違います。つまらない原因が会社にあるならば、転職することは何ら悪いことではありません。

仕事がつまらない中で我慢して働くのはやっぱり辛いことですから。

たとえば今の会社では自分の目標としていることには近づけないだとか、達成感を感じるような仕事を全然やらせてくれない、ステップアップさせてもらえないというのであれば、自ら転職という形で挑戦してみましょう。

最後に

最後に、転職してみようかなという人の為におすすめの転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事