転職後に後悔した場合にしなくてはいけないこと

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職後に後悔した場合にしなくてはいけないこと

わざわざ苦労して転職活動をしたのに、転職後に後悔することになるのは本当に辛いこと。

転職したばかりであるが故にどうすれば良いかわからず、身動きがとれないままただ悩み続けているという人も少なくはないと思います。

ではもしそういったことになった場合、この先何をして行けば良いのでしょうか。

関連記事

 

転職後に後悔、やってしまったら仕方ない

サービス残業が多い、思ったような仕事ではなかった、仕事が辛すぎる、会社の雰囲気に馴染めない、人間関係が上手くいかない。

こういった理由から転職後に後悔している人は少なからずいると思います。

ただまず一つ言えるのが、今更後悔するような転職をした事実を変えられることはないということ。

あれこれ悩もうが、もう戻ることはできないのです。

もちろん、そう簡単に割り切れはしないでしょう。そんな簡単に割り切れるならそもそもそれほど悩まないと思います。

ただいつまでも後悔しているだけではこの先何も良くならず余計に辛い思いをするだけです。

少しでも気持ちを楽にする為には、これから何をすべきかを考えなくてはいけません。

転職後に後悔している場合の選択肢

ではもし転職後に後悔している場合、これから先どういった選択をすることができるでしょうか。

それぞれのメリットやデメリットを確認して行きましょう。

我慢して働き続ける

まず一つ目が、我慢して働き続けるという選択です。

転職したからにはすぐ辞めるわけにはいかない、ある程度は働かなければと考える人は多いと思います。

そしてこのメリットは以下の通り。

  • 短期離職と言う転職活動での欠点がなくなる
  • 仕事に馴染み後悔の気持ちがなくなる可能性もある

一方デメリットは以下の通り。

  • 嫌な仕事を我慢してしばらく続けなければならない
  • いつまでたっても気持ちが変わらない可能性もある

転職のことを考えるならできる限り短期離職は避けたいところ。ただ辛い仕事をそれこそ1年も2年も続けるのは中々きついものがあります。

もう一度転職する

続いてもう一度転職するという選択。

転職したことに後悔してしまうような会社から、少しでも希望に近い会社をと望んで早い人であればそれこそ数日で仕事を辞めて転職するような人もいます。

このメリットは、すぐに嫌な会社・仕事から離れることができるという点。転職が上手くいけば、今の後悔している気持ちなんて吹き飛びます。

一方でデメリットは短期離職となることが転職で不利になるという点。

転職が上手くいけばいいものの、それが難しくなってしまうという部分があります。

また無理に転職してしまうと、また同じような目にあう可能性も。下手したらさらに悪化してしまうかもしれません。

以前の会社に出戻り転職する

以前の会社に転職するという選択も一つ。

ただ誰でもできるわけではなく、前の会社が出戻りすることを許可してくれる場合に限る為、おそらくは不可能な人の方が多いでしょう。

もしできる場合、まずメリットは言わずもがな。転職したことをそもそもなかったことにできることです。

ただデメリットとして、前の会社の戻れたとしても前と同じようにはいかない可能性もあるということ。

たとえば評価は悪くなり出世等はできなくなったり、場合によっては条件を下げられるなんてことも。周りから良い目では見られず居心地が悪くなってしまうなんてこともありえます。

さらなる後悔を防ぐ為に大切なこと

こういった選択がある中、まず気を付けなければいけないのが、さらに後悔の気持ちを強くしてしまうこと。

間違った選択をしてしまえば、状況はどんどん悪化していきます。

それを防ぎ、少しでも状況を良くする為には以下のことが大切になってきます。

何に後悔しているのかあらためて考える

まずあらためて、自分が何に後悔しているのかを考えなくてはなりません。

どんな会社に勤めようが、どんな仕事をしようが、全てに満足できるなんてことはありません。

何かしら不満はでてしまうものだし、嫌なことだってあって当たり前。

だからこそあらためて何に後悔しているのかはっきりさせ、それが本当に自分にとって大きなことなのか、耐えがたいことなのかを確認してみる必要があります。

前の会社を退職した理由を振り返る

一度仕事を離れると、嫌だったことが徐々に薄まっていき、良かったことばかりが思い浮かぶようになるもの。

結局それが転職後の後悔に繋がっている可能性があります。

だからこそ、あらためて前の会社を退職した理由を振り返ってみましょう。

今振り返れば辞めなければ良かったと思うかもしれませんが、その当時は退職という思い決断をしたわけですから、それ相応の退職した理由があるはずです。

どんな仕事にだって良い部分もあれば、悪い部分があるもの。

前の会社は良い部分ばかりを見て、一方今勤めている会社は悪い部分だけ見ていれば、前の会社の方が良かったと思うのは当然のことです。

転職後の会社に慣れるまでは冷静に判断をできない

転職してから会社、そして仕事に慣れるまでというのは誰だって大変です。

仕事のやり方がわからず苦労もするし、人間関係を構築できるまでは居心地だって悪いもの。最初は誰だって苦労するのは当たり前なんです。

そんな状態では、転職が成功か失敗かなんて冷静な判断はできないもの。前に比べて大変なのですから。

転職活動を進めてみるのはあり

こういったことを考えてみた時に、やっぱりこのまま続けることは辛いと感じたなら転職活動を進めてみるのは十分ありなこと。

短期離職であることが不利に働くなど難しい面はありますが、それがあるからと言って転職が上手くいかないというわけではありません。

実際にすぐに転職してしまったけどもっと良い会社に転職することができたという人はたくさんいます。それに一度失敗してしまったという武器もあります。

上手くいく保証はなくとも、決して低い可能性ではない以上はチャレンジしてみる価値は大いにあるはずです。

再転職の判断は慎重に

ただ再度転職すると判断する場合は慎重にならなくてはいけません。

特に内定が貰ったことに浮かれ、そのまま勢いで転職に踏み切ってしまうのはかなり危険。

本当に転職すれば自分が感じている不満は解消されるのか、転職したことによって新たな不満は生まれないのか。

慎重に、しっかり転職する価値があるのか判断しましょう。

長い目で見たら、とりあえず今の会社を続けてしばらくたって転職するという方が良い場合だって大いにあることを忘れてはいけません。

できることをやれば納得もできる

人によって、そのまま続けるのが良いのか、もう一度転職するのか、出戻り転職するのか、どれが一番良いのかは違います。

ただ大切なのは、とにかく先のことを考えてできることをやってみること。

いつまでも前の会社のことを引きずるのではなく、できる限りのことをやるだけやれば、不満は残るかもしれませんが結果はどうであれある程度は納得できるはず。

少なくとも今後ろ向きになっているよりは、多少なりとも気持ちは晴れるはずです。

転職活動するなら

もし転職活動をするならば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ