転職活動のモチベーションが上がらない。どうすればやる気はでる?

いざ転職活動を始めてみても、徐々にモチベーションが低下してしまって内定を貰う前にほとんど何もやらなくなってしまったなんていうこともよくある話。

ただ何もやらなければ当然転職先は決まることもなく、転職活動が長期化してしまうだけになってしまいます。

転職活動を成功させる為には、コツを知り書類選考や面接の対策することももちろん大切ですが、まず何より転職が決まるまで続けることが一番大切なことです。

関連:効率の良い転職の仕方。転職活動は全く難しくない!

関連:転職活動時の書類選考で不採用になる理由にはどんなものがある?

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

転職活動のモチベーション維持は中々大変

転職活動のモチベーションが中々維持できないという人も多いかと思いますが、それは決して特別なことではありません。

転職活動のモチベーションを維持するというのは中々大変なことなんです。

やることがそれなりに多い

転職活動は仕事を探し、履歴書を書いて書類選考に応募し、通過したら面接の為に企業を訪れる。

これを内定が貰えるまで繰り返すことになり、その過程では自己分析をしたり業界分析をする場合もあります。

よって、そこそこ労力は必要となりますよね。

これを仕事が終わってからだとか、貴重な休みにやらなくてはいけないとなるとやっぱり大変で、休みたい、遊びたいと思うのも仕方ないことかもしれません。

そこそこ時間がかかる

転職活動にかかる期間は平均するとおよそ3ヶ月程度と言われており、それだけの期間、自分のプライベートの時間を削ってやらなくてはいけません。

3ヶ月って終わってみると短いかもしれませんが、実際に続けている立場だとやっぱり長いと感じるものです。

それだけの期間、モチベーションを高く維持するというのは中々大変なことです。

周囲に気を遣う

在職中に転職活動するとなると、周囲にばれないようにだとか、面接に行くためにうまく休める方法を考えたりだとか、色々と気を使わなくてはならない場面が多々あります。

気を遣うというのはやっぱり疲れることですよね。そして疲れてくると当然モチベーションは下がってしまうものです。

頭を使う

履歴書に書く内容を考えたり、面接での想定質問に対する答えを考えたりと頭を使うことが多いのも転職活動に疲れてしまう原因。

書くことや考えることが好きな人はいいかもしれませんが、苦手な人にとってはかなり苦痛なことかもしれません。

私自身、履歴書を作るのが一番しんどくて、転職活動がなかなか進まなかったという経験があります。

結果が約束されていない

大変なことであっても、結果が見えていればなんとか頑張れるもの。

今しんどくてもいつまでには解放される、終わったら確実に得られるものがあるのがわかっていればモチベーションはあまり下がりません。

ただ、転職活動というのはいつ終わるかもわからなければ、希望通りの会社から内定を貰えるということが約束されていません。

もしかしからダメかもしれない。そんなことが頭によぎってしまうと、どうしてもモチベーションは下がってしまうものです。

落ち込むことも多い

転職活動では、落ち込まされることも多いですよね。

渾身の出来の履歴書を書いたのに書類選考が通過しなかったり、割と上手くいった面接も受からなかったり、面接でボロクソに言われたりなんてこともあります。

そのたびに心は傷つき、転職活動のモチベーションなんて下がってしまうものです。

モチベーションが上がらない時にやる気をだすには?

転職活動にはこのように、モチベーションを下げる要因となることがたくさんあります。

それでもなんとかやる気をだして転職活動を行わないことにはいつまでたっても転職することができずに悶々とした日々を過ごしてしまうことになるんですよね。

ではどうすればやる気をだすことができるのでしょうか。

休日を決める

転職活動をしていると、毎日毎日何かしら転職活動に関わることをやっている人が多いかもしれません。

仕事選びをしたり、履歴書を書いたり。

ただ仕事以外の時間全てを転職活動に注いでいては、心も体も疲れがたまっていく一方で、長続きはしません。

転職活動はそれなりに時間がかかるものですから、休む時はしっかり休むのも大事です。

土日休みならどちらか一日は何もしない人を作ったり、平日も時間を区切るなどして全ての時間を転職活動に注ぐのは避けたほうがいいでしょう。

落ちた時でもプラスになったことを考える

転職活動では落ちるなんてことはよくあることです。まったく落ち込む必要はありません。

履歴書が良くできていたって、たまたま会社が希望している人材とマッチングしなければ落ちるのも仕方のないことです。

転職活動では平均しても20社近く受けて1社受かるくらいであって、落ちることは普通のことだと受け入れる必要があります。

応募した会社に落ちると、これまで努力していたことが無駄だったと感じてしまう人も多いかもしれませんが、得られたものがゼロということはないはずです。

履歴書を書くことで頭の整理につながったり、面接に挑むことで次への反省点が見つかったりと、多かれ少なかれ自己成長にはつながっているものです。

ですからできるだけ落ち込まずに、前向きにとらえていくというのも大事なことなんです。

今の仕事の嫌なことを考える

今の仕事の嫌なことについてもあらためて考えてみるといいいかもしれません。

給料が低すぎる、仕事がつまらない、人間関係が悪すぎるなど、とにかく仕事を辞めたいという気持ちを高めるのです。

最初転職しようと思ったのは、何かしら今の仕事で嫌な部分があったはず。ただ転職活動が大変だと感じるようになるとそのことが薄れていってしまうことになります。

早く仕事を辞めたい。早く転職したいというのもモチベーションを維持する大切な考え方です。

期間を定める

仕事をしながら進める転職活動は、内定が貰えるまで続けるという形ではなく、3ヶ月という期間で区切ったほうがいいです。

その3ヶ月で決まらなかった時には一旦休むことにすることにしてもいいですし、まだ頑張れるなら続けてみることにしてもいいでしょう。

期間を定めることによって、短期集中で頑張ることができるし、明らかな目標ができるのモチベーション維持をしやすいです。

人を頼る

転職活動を一人の力でやっている人もいるかもしれませんが、できるだけそれは避けたほうがいいですよ。

一人だと相当自分に厳しくないと怠けてしまうし、悩みができた時も解決に必要以上の時間がかかることになります。

リクルートエージェント やdoda といった転職エージェントを利用すれば、いつまでに何をやらなくてはいけないということも決められてフォローもしてくれますし、悩んだ時も割と簡単に解決してくれます。

転職活動自体の負担も大幅に削られるので、モチベーションも低下しにくいですしね。

転職はきっと成功する

転職は成功するかどうかわかりません。もしかしたら転職先が見つからないかもしれないし、転職後に後悔する人だっています。

ただ、失敗なんて恐れていても何も前進はありません。きっと成功する。そう思い込むのも大切なことですね。

実際、転職活動の成功率は8割程度もあって、失敗を恐れる必要なんてないことです。転職することによって得られる明るい未来を想像して少しだけ踏ん張ってみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと