転職の面接で聞かれることの対策はどうすればいい?逆質問の仕方、質問の意図も解説

面接で質問されることは合否に直接繋がる

面接で質問されることは合否に直接繋がる

転職の主なステップは、履歴書と職務経歴書などの書類審査が通り、面接となるのが一般的です。会社によってはその過程のなかで、スキルやペーパーのテストなどが行われる場合もあるでしょう。

お互いのことを知る面接ですが、面接での応答は当然のことながら、合否に繋がることになります。

面接で問われる質問には、定番になっているものもありますが、会社独自の質問や、履歴書や職務経歴書を見た上で気になった内容を質問されることもあり、面接官が納得する内容を答えられなければ面接に落ちる可能性は高くなってしまいます

どんなに履歴書や職務経歴書が立派で、華やかな経歴があっても、面接での質問に上手く答えられなかったり、まごついてしまうと、不採用になってしまうということは珍しいことではないため、スキル面や経歴の確認だけではなく、会社の文化や社風、職場に馴染んで活躍してくれるかといった確認も行われていると思いながら挑むのが良いでしょう。

面接でよく聞かれる質問集と質問の意図

面接でよく聞かれる質問集と質問の意図

面接官が口にした質問は、何気ない内容であっても意図がある可能性があるため、曖昧な応えを返してしまうことにはリスクがあります。

よくある質問

退職理由を教えてください

退職理由を聞かれるのは、採用して入社した場合、前の職場と同じ理由で退職してしまう理由があるかどうかということが確認されています。

例えば残業のある会社であるのがわかっているのに、退職理由が残業をしたくないというものであった場合は、企業としてはミスマッチですぐに辞めてしまうのではと不安がられてしまいます。

また、嘘の転職理由を話してしまうと、入社後のミスマッチに繋がってしまう可能性があるため、不満や愚痴などに聞こえないように、自分の理想とするキャリアプランややりがいなどの目的に合致しなかったというように、具体的に何が問題であったのかを明確にし、働く目的に繋げるようにしましょう。

嘘をつくのは自分が困る事態になりかねませんが、全ての理由を正直に話す必要はなく、人間関係や漠然とした不安など、「すぐに辞めてしまいかねない」と思われるような退職理由は避けるべきです。

キャリアプランについて教えください

キャリアプランは、単純にやりたいことや理想を伝えるだけではなく、求人内容と応募者の望んでいる仕事内容がマッチしているかどうかや、どの程度向上心を持って働いてくれるのかということを確認されています。

自分のキャリアに対する軸と、会社の業務を推進させることが繋がっていると説明することで、ミスマッチによってすぐに退職してしまうという不安を払拭することができます。

自分の性格を一言で表すなら

単純に人柄を聞かれているのではなく、会社の価値観とのマッチ度、どのような人材を欲しているのかということを見られています。他にも簡潔に話すスキルがあるかどうか、基本的なコミュニケーション能力などを測っていることがあるため、冗長に話すのではなく、1~3分ほどにまとめられるようにしましょう。

普段休日はどのように過ごしますか?

プライベートを聞かれていると警戒する必要はなく、働く上で溜まるストレスをプライベートでしっかりと発散できるのかということや、休日の過ごし方から人物像や隠れたスキルがないかといった人間性などを見られています

場を和ませるための質問である時には堅苦しく考えずに答えてよいですが、あまりにも砕けた雰囲気にしてしまったり、長くだらだらと話してしまうなど、マイナスイメージを与えてしまうことは避けましょう。

過去に乗り越えた困難を教えてください。また、それをどう乗り越えましたか?

困難という質問には「どのようなことを困難と捉えるのか」「どのように受け止めたのか」「解決への実行力」が表れます。

どのようなことに困難を感じ、どれぐらいの課題を抱えることができるのかということは、仕事に対するストレス負荷や対応力につながり、問題を把握する力や状況を分析する能力、そこから解決に向けてどのような工夫を行ったのかということで、採用のミスマッチやどのように活躍してくれるのかを見られています

聞かれると困るけど聞かれる可能性が高い質問

空白期間は何をしていましたか?

率直に空白期間を何していたか知りたいという質問で、無計画に辞めてしまったのか、それとも勉強のために意図的に空白期間を作っていたのかなどを聞かれています。「単純に休みたかった」などの理由でやってもいないことを話してはいけませんが、今後のビジョンを前向きにアピールするようにしましょう。

職場の人間関係で困ったことはありますか?

どのような人間関係につまずきやすいのか、ストレスを溜めやすいのかといったことや、他社と揉める可能性がないかどうか、対人関係ですぐに辞めてしまう可能性などを見られています。

特にないという回答も嘘をついていると思われてしまうため得策ではなく、自分が中心にあった話ではなくても、チームで意見の違いがあったなどの出来事でも自分がどう対峙したのかという話をするようにしましょう。

事実を客観的に説明し、それに対する考え、どのように解決に努めたのか、その結果や得られた学びなどを冷静に伝えることが大切です。

ストレスには強いほうですか?

どのようなことにストレスを感じ、ストレスにどのように向き合い、解消する術があるかといった、ストレスを分析し対処できる人物かということを確認しています。

重要なのは、ストレスを全く感じないということではなく、自分なりに折り合いをつけて克服していくことができるか、乗り越えるだけのストレス耐性があるかどうかを確認することです。人物像やすぐに辞めてしまうことがないかを見ています。

あなたのスキルをこの会社で活かせる業務はなんですか?

企業研究などによって会社の業務についての理解をしているか、自己分析によって自分の強みを理解し、それを活かすことができるポジションを理解しているかということが問われています。

無理をして自分を素晴らしい人物に見せる必要はなく、自分が会社に貢献できるポイントを冷静に分析できていることを伝えましょう

最近感動したことはなんですか?

最近感動したことという質問は、一見業務には関係のないものですが、どのようなことに感動するのかという人柄や価値観をみるものとなっています。

読書や映画鑑賞、実際の経験などなんでもいいですが、ありふれたことでも自分の言葉として話し、その感動から何を得たのかということで話を締めるようにしましょう。

他にも選考が進んでいる会社はありますか?

採用意欲の高い人物であれば早急に内定を出す必要があるため、単純に応募状況を確認します。

その中でも第一希望であるなどの回答は必要となりますが、「御社だけです」といったような偽りはやめ、素直に答えるようにしましょう。

新卒と転職では質問内容や着眼点が変わる

新卒採用では、会社とのマッチングや将来性を質問が重視されますが、転職の場合は前職でどのようなことをしていたのかという経歴や、前の会社を辞めるきっかけは、必ずといっていいほど聞かれます

説明をしにくい質問内容もあるかもしれませんが、しっかりと回答することでプラス評価に変えていくことができます。

面接の質問で上手く対応するためのコツ

面接の質問で上手く対応するためのコツ

面接の回答では、基本的に愚痴や不満、ネガティブな言い方を避け、前向きな自分の問題解決能力やスキル、働き方などに繋げていくことで、面接官にもポジティブな印象を与えやすくなります。

面接の練習や準備をする段階で、どんな質問でも転職先への意欲や自分のスキルを活かしていけるという回答ができるようにしておきましょう。

逆質問をする場合どのようなことを言えば好印象になるのか

逆質問をする場合どのようなことを言えば好印象になるのか

面接では「最後に何か質問がありますか」という逆質問をされることが多いため、何を質問したらいいのかと悩むこともあります。

気になるところがなければ全く聞かないというのも一つの選択肢ではありますが、企業は遠慮しているだけではないかと考えたり、自社への転職に熱意が低いのではと思われてしまうことも考えられます。

逆面接は「この会社に興味があります」というアピールの場になるため、実際には質問をするほど気になる内容でなかったとしても、何か一つでも逆質問は行うことがおすすめです。

逆質問の具体例

逆質問として使われることの多い質問例を確認しておきましょう。

入社後は管理職を目指したいと考えています。どのような能力が必要でしょうか。

・入社をする前までに勉強をした方が良いことなどは有りますでしょうか。

・私と同年代で活躍されている方はどのような特徴がありますか?

自分が入社するということを前提にして、企業研究だけではわからない実際のところを深く知りたいというような質問をすることで、前向きなアピールをすることができます。

ホームページに載っていることを聞いたり、既に面接で説明があった内容について再度聞く、面接官を試すような意地悪な質問をするなどの質問は悪手となることがあるので、注意が必要です。

ホームページや面接で触れた話題をもう一度聞きたいという場合は、既知の情報を更に深掘りをするような話題にすることが必要となります。

例えば、「御社の企業理念の◯◯という内容に非常に共感をいたしました。普段の皆さんの業務の中で企業理念に通じるような場面はどのようなものがありますか?」など、企業理念はどういうことかではなく、企業理念を踏まえた上での質問を考えるようにしましょう。

面接時間の長さによって採用か不採用か判断できるのか

面接時間の長さによって採用か不採用か判断できるのか

面接時間が長ければ採用されるのか、短いと不採用なのかというのは、結論からいえば判断することができません。

どんな結果であっても30分や1時間など一定の面接時間を取るという会社もあれば、前向きに採用にしたい人にはたくさん質問をして長くなるという会社もあります。

面接時間が長いと「話が弾んだから良い結果になるかも」と思いたくなりますが、落ちることもあり得るため、面接時間の長さではなく、回答した時の相手の表情や反応などがどうであったかというのを見ておくようにしましょう。

質問への回答以外でも気を抜かないように

質問への回答以外でも気を抜かないように

面接対策ではどのようなことを話そうか考えたり、予想される質問に対しての回答をシミュレーションすることが多いですが、相手に印象の良し悪しを与える要素は質問だけではないということにも留意しておきましょう。

面接は会場へ入る時の所作、服装や髪に乱れがないかどうかといった清潔感、笑顔で挨拶ができているか、面接に至るまでのメールや電話のやり取りで相手を不快にさせないコミュニケーションが取れるかといったことも見られています。

面接が開始するまでに与えた印象が悪いと、どんなに回答内容がよくても、印象をひっくり返すのが難しくなってしまいますが、第一印象がよければ、面接も好意的な印象から始まり、上手く進んでいくケースが多くなります。

面接対策は質問内容の回答を考えるだけではなく、所作や身だしなみのチェック、ビジネスマナーなど、総合的に行うようにしましょう。

もし面接対策をしっかりとしたいなら

もし面接対策をしっかりとしたいなら

自分だけで面接対策をこなすことのできる方もいますが、自己分析やどのように回答していけば好印象を与えることができるのかをもっと知りたいという方は、他者からの指摘を受けることで、スムーズに改善していくことができます

1人で面接対策をするのが不安という方は、転職エージェントを利用することで、相手からどう見えるのかということや具体的な言い回しなどを指摘してもらうことができ、効率的な面接対策を行うことができます。

専任のエージェントの方が面接のアドバイスをしてくれるので、1人で対策を行うよりも、面接の通過率を上げることができるでしょう。