テレワークができる仕事に転職すれば通勤の時間が削減できたり精神的な負担が軽減するなど、様々なメリットがあります。

しかし、同時に仲間意識ができにくかったり、仕事の概要全体が見えにくかったりといったデメリットや問題点も企業によっては浮き彫りになってきます。。

2020年はテレワークを導入する企業が爆発的に増えました。

これをきっかけにテレワークに憧れる方も増えたでしょう。

しかし、先述のとおりテレワークには仕事の自由度といったメリットだけでなく様々なデメリットがありますし、性格面での適正として自分がテレワークには向いていない可能性だってあります。

そこで今回はテレワークに転職したと考える方に向けてテレワークのメリット・デメリットと向いている人・向いていない人やテレワークができる職業・職種についてまとめてみました。

テレワークとは?リモートワーク・在宅勤務との違い

テレワークとは、働く場所が限定されておらず、好きな場所で働けるという意味です。

リモートワークもテレワークと同じ意味になります。

在宅勤務もテレワークと似たような意味として使われていますが厳密には違った意味があります。

というのも、在宅勤務というのは家で働くという意味だからです。

つまり、カフェや外出先で仕事をしていれば、それはテレワークやリモートワークではあっても在宅勤務ではなくなります。

また、テレワークとリモートワークは業界や企業によってどちらを使うか違う傾向があります。

  • テレワーク:官公庁、日系大手企業など
  • リモートワーク:外資系企業、IT系企業、スタートアップ企業など

しかし、基本的には「テレワーク=リモートワーク=在宅勤務」と考えて問題ありません。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークには、メリットだけでなくデメリットもあります。

また、働く側と企業側それぞれにメリット・デメリットがあるので、それらの点について解説していきましょう。

働く側のメリット

働く側は、主に時間的な余裕が生まれたり、人間関係のトラブルがなくなったりといったメリットが見られます。

通勤時間を短縮できる

テレワークになれば通勤をする必要がなくなるので、通勤時間を大幅に短縮でき、その分プライベートの時間を確保できるようになります。

ちなみに通勤時間の全国平均は往復1時間19分となっています(参考:総務省統計局「平成 28 年社会生活基本調査― 生活時間に関する結果 ―」)

つまり、テレワークなれば1時間以上も自分や家族のために好きに使えるようになる訳です。

子育てや介護に忙しくても働きやすくなる

テレワークになれば、子育てや介護に忙しい方でも働けるメリットがあります。

そもそもテレワークは、好きな時間に好きな場所で仕事ができるため、自宅から離れられないような方でも無理なく働けるのです。

このように家庭の事情に柔軟に対応できるのが、テレワークの大きなメリットと言えるでしょう。

人間関係のトラブルに悩まされにくい

職場に行くと大勢の人がいるため、当然人間関係で気を遣う場面が増えてきます。

場合によっては大きなトラブルに発展する可能性すらあるのです。

しかし、テレワークになれば職場の人との関わる機会が少なくなるので、トラブルに発展するリスクが軽減されます。

企業側のメリット

テレワークにすれば、働く側だけでなく企業側にもメリットがあるのです。

離職率を低下できる

テレワークが可能になると社員の離職率が低下するというメリットがあります。

特に女性の離職理由の多くは結婚や子育てなどの家庭の事情です。

実際に厚生労働省が平成30年に調査した離職の理由を見ると、その多くが結婚・出産・介護などが占めています。

性別

結婚

出産・育児

介護・看護

男性

0.7%

0.3%

0.6%

女性

2.6%

1.3%

1.2%

合計

3.3%

1.6%

1.8%

参考:厚生労働省「-平成 30 年雇用動向調査結果の概況-」

これら3つの理由を合計すると6.7%の方が家庭の事情で退職しています。

つまり、テレワークになれば確実に離職率を低下させられるようになります。

従業員の満足度アップ

テレワークになると以下のようなメリットが働く側に生まれます。

  • 自由に使える時間が増える
  • 満員電車に乗るストレスがなくなる
  • 人間関係のトラブルが減る

これだけのメリットが生まれるということは、当然働く方の満足度はアップする傾向が強くなります。

そして、社員の満足度が高まれば働く意欲も高くなるので、結果的に会社の業績アップに繋がっていく可能性も高くなっていきます。

働く側のデメリット

一見メリットが多いテレワークにもデメリットとなる部分があります。

これを理解しておかないと後々に後悔をするかもしれません。

自己管理ができないと作業効率が低下する

テレワークじゃ自由に仕事ができると同時に、自己管理を徹底する必要があります。

仕事開始から終了の時間も自分で決める必要があるので、自己管理能力がないと作業効率が悪くなる恐れがあるのです。

会社によってはコアタイムとしてテレワークでも出勤する時間を決めている所もありますが、会社で仕事をするのと家で仕事をするのでは緊張感に差が出てくるため、テレワークを始めて生産性が落ちてしまったなと感じる方も少なくありません。

積極的にコミュニケーションを取る必要もある

仕事をする上で全くコミュニケーションを取る必要のない人もいますが、多くの方は自分ひとりだけではなくチームで動いているでしょう。

通常の働き方であれば対面でのコミュニケーションができるので会話をして簡潔に内容を伝えることができますが、テレワークだとテキストでのコミュニケーションが増えてくるため、説明を丁寧に行い、伝わり方に齟齬がないかなどの確認もしっかり行う必要があります。

そして結果としてテレワークになってメールやチャット、ビデオ会議の回数が増える可能性があります。

対面でのコミュニケーションは得意だけどメールやチャットだと上手く伝えられないという方にはテレワークは少し大変な面が多くなるかもしれません。

成果型・実力主義にシフトする可能性がある

テレワークになると仕事への評価が過程ではなくアウトプットした内容や数値としての結果に寄っていく傾向があります。

日本の企業の多くは成果型・実力主義ではなく年功主義を採用しているところも多くあるため、テレワークになった途端に会社からの評価が下がってしまう方もいるでしょう。

「本人は仕事をした気になっていたけど、実際に結果として出てないなら評価できない」と判断されてしまった場合は給与面でのマイナスだけではなく、会社に居づらいと感じてしまう人が出てきてもおかしくありません。

テレワークになることで、よりアウトプット内容を意識して仕事をする必要性があります。

企業側のデメリット

企業側もメリットだけでなくデメリットとなる部分があります。

場合によっては会社にとって致命的なダメージを追う可能性すらあるのです。

従業員やセキュリティの管理が難しい

テレワークになると従業員の働く姿が一切見えません。

そのため、サボっていたり、不正行為があったりしても発覚する可能性が低くなります。

また、情報も社外に送る必要が出てくるので、セキュリティ面での管理も難しいというデメリットがあるのです。

社員や情報の管理はしっかりとマニュアル化する必要があります。

100%テレワークにできない仕事がある

テレワークにできる作業は限られます。

そのため、結局は社員に出社してもらう必要が出てしまい、あまりテレワークのメリットが活かせない可能性があるのです。

各企業は、自社がテレワークに移行するメリットをあらかじめ考える必要があります。

テレワークに向いている人・向いていない人の特徴

テレワークには向き不向きがあります。

あなたが本当にテレワークに向いているのか理解するために、ここではテレワークの向き不向きについて解説していきましょう。

向いている人の特徴

まずはテレワークが向いている人の特徴を確認しましょう。

何かしらの理由で通勤できない人

テレワークに向いている人の特徴1つ目は何かしらの理由で通勤できない人です。

何か理由で通勤ができない人は、テレワークに向いているというよりも、テレワークがおすすめという方が正しいかもしれません。

やはり、自宅に居ながら仕事ができる環境は、介護や子育てなどで外に出られない方には最適でしょう。

また、身体が不自由で電車通勤ができない方でも働けるのが、テレワークの特長の一つです。

仕事の要件が決まっていて、それに向き合える人

テレワークに向いている人の特徴2つ目は仕事の要件が決まっていて、それに向き合える人です。

そもそもテレワークは、仕事を進める上で必要な要件(条件)が決まっている必要があります。

あなたが行う作業に必要な要件が決まっていて、尚且つそれに向き合えるようならテレワークに向いていると言えるでしょう。

仕事以外で人とのコミュニケーションをとる機会がある人

テレワークに向いている人の特徴3つ目は仕事以外で人とコミュニケーションをとる機会がある人です。

なぜ、仕事以外で人とのコミュニケーションを取る機会があった方が良いのかというと、テレワークは誰とも会話する機会がなく孤独だからです。

もちろん、何年も人と話さなくても苦ではないというなら話は別ですが、なかなかこのような方は少ないでしょう。

だからこそ、プライベートでは人と接する機会があった方が良いという訳です。

時間管理やスケジュール管理ができる人

テレワークに向いている人の特徴4つ目は時間管理やスケジュール管理ができる人です。

自由な時間で働けるということは、当然時間管理を自分でする必要があります。

あなたが時間やスケジュールといった管理ができるなら、テレワークは非常に働きやすいのでおすすめです。

向いていない人の特徴

続いてはテレワークが向いていない人の特徴を確認しましょう。

自宅にパソコンなどの働く環境が整っていない人

テレワークに向いていない人の特徴1つ目は自宅にパソコンなどの働く環境が整っていない人です。

必要最低限のパソコンや周辺機器などは会社から支給されることも多いですが、PCデスクがなかったり、椅子がないため体を痛めてしまうなど、細かいところでの環境整備は自分で行うことも多いです。

また、最近では家でPCをほとんど使わないのでインターネットの固定回線を引いていないという方も珍しくないので、テレワークをするということになるとネット回線の環境も整える必要があります。

テレワークを始める前にどこまでが会社持ちで購入できるのか、どこから先が自分の出費となるのかなどを細かく取り決めをしておきましょう。

仕事の全体要件が見えづらい仕事をしている人

テレワークに向いていない人の特徴2つ目は仕事の全体要件が見えづらい仕事をしている人です。

仕事の全体要件が見えづらい仕事だと、頻繁に上司などに連絡して要件を確認する必要があります。

あなたの職種が全体の要件が見えづらい仕事なら、テレワークに転職するのは難しいかもしれません。

チームワークや仲間意識を大切にする人

テレワークに向いていない人の特徴3つ目はチームワークや仲間意識を大切にする人です。

そもそもテレワークのメリットは人との関わる必要がないというものなので、チームワークや仲間意識といった考え方はほどんとありません。

あなたがチームワークや仲間意識を大切にしたいなら、テレワークではなく内勤業務の方が向いているでしょう。

ただし、テレワークでも定期的に会社に通って会議やミーティングをするという環境なら、仲間意識を大切にしつつテレワークができます。

テレワークができる職業・職種

ここではテレワークができる職業・職種をご紹介します。

事務

テレワークができる職業の定番と言っても過言ではないのが事務職です。1人で黙々とデータ入力や資料整理といった作業をするので、テレワークには最適な職業となります。

実際にテレワークを導入している企業も多く、未経験でも働きやすいメリットがあるので、テレワークに転職したい方は視野に入れてみてください。

システムエンジニア

システムエンジニアも1人きりで作業する仕事の定番です。

また、パソコンを使ってリモートでシステムを操舵できるため、自宅などでも環境が整っていれば取り組めます。

また、プロジェクトを立ち上げてチームで働く場合でも、ICTツールが整備されていればOKです。

あなたがシステムエンジニアとしてのスキルを持っているなら、テレワークとして働くには非常に良い職業となっています。

プログラマー

システムエンジニアと同様にプログラマーもパソコンに向き合って仕事をするため、テレワークの定番職業です。

設計に基づいてプログラミングを行う職種なので、顧客とのやり取りなども少なく、システムエンジニア以上にテレワーク向きと言えるでしょう。

1つの会社に正社員として雇用されながらテレワークをするケースや、会社には所属せずフリーランスとしてテレワークをする人など様々な働きかが可能です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントのWebサイトを構築する職種なので、クライアントとのヒアリングが必要です。

しかし、この作業はSkypeなどを使えば可能なので、基本的に全ての作業がテレワークで可能となります。

極端な話、Webデザインの専用ソフトがインストールされたパソコンがあれば、外出先でも仕事ができてしまうのです。

Webライター

Webライターは、Web上にアップする記事を執筆する仕事なので、WordやGoogleドキュメントなどが使えれば仕事ができます。

Webデザイナーやシステムエンジニア・Webプログラマーよりも専門知識が必要なく、必要なツールもパソコンにデフォルトで備わっているものでOKなので、比較的転職のハードルが低い特徴があるのです。

テレワークができる職業に転職するためのポイント

今回はテレワークに転職したいというあなたに向けて、テレワークのメリットやデメリット、向き不向き、職業・職種について解説しました。

ここまで記事を読んだ上で、やっぱりテレワークができる職業に転職したいと思ったのなら、まずはテレワークができる職種・職業の勉強をしてみましょう。

また、テレワークができる求人を探す際は、テレワークというキーワードだけでなく、リモートワークや在宅勤務といった言葉でも調べてみてください。

近年は、転職をサポートするサービスも豊富にあるので、テレワークへの転職をしたいと考える方は、これらのサービスを利用してみるのも良いでしょう。