つまらなかった仕事が3年後に楽しいと思えるようになった理由

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

つまらなかった仕事が3年後に楽しいと思えるようになった理由

仕事がつまらないと理由で転職することは悪いことでもなんでもありません。

今は転職市場も活発で転職がしやすい状態にあるし、転職して仕事が楽しくなったという人だって実際にたくさんいます。

ただ中には、仕事を続けた結果、最初はつまらなかった仕事が楽しくなっていったという人がいることもぜひ知っておいてください。

関連記事

 

あまりにつまらなく苦痛でしかなかった仕事

仕事がつまらない。

新卒で就職してから約3年間、そんなことばかりを考えて仕事をしていた時期があります。

こんなこと、あんなことにやりがいがあるというのを上司を含め周りに言われても、そんな言葉は私に全く響くことはなく、そんなことは私にとって興味はないと決めつけていました。

自分が望んでいること、自分が期待していたことと違うことをいくら熱弁されても、それによって気持ちが変わることはなかったのです。

そんな気持ちでいるわけですから、仕事はとにかく苦痛。

当然辞めたいという思いもあったし、あまりにストレスが溜まってズル休みをすることだってありました。

つまらなくても仕事を続けた理由

ただそんなつまらないと感じていた仕事ですが、結局辞めることはなく続けています。

転職ということが頭に浮かんだこともありますし、実際に転職エージェントに登録し面談までしたこともあります。

ただそれでも結局辞めることはありませんでした。

別にやりたいことがあったわけではなかった

結局続けた理由の一つは、他にこれといって他にやりたいことがなかったから。

なんとなくこんな仕事の方がいいかなという思いはあったものの、わざわざ転職してまでというレベルまで強い気持ちは持てず、結局惰性で仕事を続けるだけになりました。

待遇が良かった

そしてもう一つ大きかったのが待遇が良かったということ。

給料は同世代、同業他社に比べても高く、また残業も多いわけではない。

働く環境としては文句を言っては申し訳がないレベルで良く、それもまた転職を止める大きな要因となっていました。

続けようと思ったではなく、辞めなかっただけ

結局、私がとった行動はどうするかをしっかり考えず惰性で続けただけ。

しばらく仕事を続けようと前向きに考えたわけでもなんでもなく、ただ何もしなかっただけ。

何もしないから、結局そのまま続けただけです。

仕事が楽しいと思えるようになった理由

ただそんな仕事でしたが、数年続けていると自然と気持ちに変化が起きました。

仕事を続けて3年、4年たったあたりから、気が付くと仕事が楽しいと思えるようになったのです。

その時はすでにそれほど苦痛なんて感じることもなくなりました。

なぜここまで気持ちが変わったのか。振り返って考えてみるとこんな理由からだったと感じます。

できることが多くなり達成感を感じるようになった

一応やらなくてはいけない環境だったから努力もしたし、しんどいことにも粘り強くやってきたこともあって、以前に比べればできることは多くなったし、任せられる仕事の幅も増え、裁量も増えていきました。

その結果、色々と達成感や充実感を感じることができるようになったというのが一つの理由です。

仕事ができず、周りはできて当たり前のことを苦労してやっていた時期には感じられることができなかった感覚でしたから。

人間関係が上手くいき、仕事がやりやすくなった

同じチームから、部内、社内、関係会社など人間関係の幅が広がるとともに良い関係を構築できたことも大きな理由。

困ったことがあったら頼れるし、ちょっとしたミスをしても許して貰える。一緒に雑談して楽しんだり、愚痴を言い合ったりもできるようになりました。

それによって仕事はやりやすくなったし、人と話すことが面倒なことではなくなったというのも私にとっては大きかったです。

感謝されることが多くなった

仕事ができるようになるにつれ、周りから感謝されることが多くなったというのも私にとっては大きな理由。

人からの感謝の気持ちってやっぱりモチベーションに繋がりますし、また頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

昔は「こんなことやったって」とか「めんどくさい」としか思っていなかった仕事にも前向きに取り組むようになれました。

自分が目指すべき形が見えた

色々な人と関わり、自分はこういった形を目指そうというものが見えてきたのも大きかったです。

仕事についてろくにわかっていなかった私は、ものすごくせまい視野でしか物事を考えることができず、将来なる姿も勝手に一つに決めてしまっていました。

ただ仕事の幅が広がり、色々な人と関わる中でそれは変わりました。

一人、尊敬できて憧れることができた上司の存在がいたのも大きかったです。

転職せず仕事を続けた今思うこと

結果的に私は、ある程度仕事を楽しいと思えるようになったので、あの時に転職しなかったことは正解となりました。

待遇の良い仕事を手放さなくて済みましたし。

やりたいことがあったり、どうあがこうとつまらないと自信を持って言える仕事ならば無駄に年を取る前にさっさと転職するのが良いとは思います。

すでに待遇が悪く転職したって失うものが少ない場合も思い切って転職したって良いと思います。

ただもし今恵まれた環境にいて、周りに楽しく仕事をしている人がたくさんいるのであれば、ある程度続けてみるというのも良いのではないでしょうか。

関連記事

 



このページの先頭へ