証券会社で有利になる資格一覧。独立後も役に立つ資格は取得しておこう証券会社で仕事をする上で、必要な資格がたくさんあります。仕事をしながら勉強をするのは大変ですが、会社も全面的にバックアップしてくれます。

そして、その資格はもし証券会社をやめたとしても大いに役立つ資格です。

以下で証券会社で必要な資格や、取得した資格の今後の活用方法について紹介していきます。

証券会社の仕事とは?

証券会社の仕事とは?

証券会社の仕事は、主に顧客が株式取引をするときに証券取引所との取次ぎをすることです。

これは、同じ金融機関である銀行にも信託銀行でもできない証券会社の業務です。

他にも、投資信託、債券などの金融商品の販売、会社の資金での運用を行いますがこれは他の金融機関でも行っているところもあります。

また、企業の資金調達として株式を発行、上場させる業務、さらにその上場した株式を営業部門で販売する業務もあります。企業は資金調達手段として銀行から資金を借りる方法がありますが、いつか返済する必要があります。

一方、株式を発行して資金を調達する方法は、返済義務がないため、会社の資本とすることができます。

その資本を使って借入資金だけではできない海外進出などの大きな新規事業を行うことができます。

発行した株式を使って株式交換による企業買収を行うお手伝いをすることもあります。銀行と協同で行うこともありますが、株式の取次ぎができるのが証券会社であるため必ず証券会社が必要となります。

以下が主な証券会社での仕事になります。

  1. 営業職
    主に、法人または個人に顧客のニーズに合わせて株式、投資信託、債券などの金融商品を提案、取引の発注をします。法人営業では、金融商品の提案だけではなく、M&AやIPO(新規株式公開)などの提案やアドバイスをする部署もあります。

  2. 事務職
    営業職のサポートとして、注文に誤りがないかや適正なコンプライアンスのもと提案されているかどうか管理します。ときには、顧客と営業職の通話記録や提案経過などを見て、不適切な部分があれば営業職に指摘、改善を求めることもあります。

  3. アナリスト職
    銘柄分析やマーケット分析を行い。営業職や顧客の投資判断に参考となる資料を提供します。

  4. ディーラー職
    会社の大きな資金を使って、先物取引や裁定取引を行います。自社の営業外損益を左右する大きな利益を追求します。

  5. コールセンター
    証券取引や手続にかかわる質問に答えたり、取引を取り次いだりする仕事です。ほとんどが外務員資格を持つ派遣社員の方が担っています。

証券会社には、株式をはじめ資産運用、資金調達のための新規株式上場など多岐にわたる仕事がありますが、証券会社の大部分を占めるのが個人・法人向けの営業です。

次に多いのが営業をサポート、管理する事務職、ごく一部に個別企業の分析、為替、経済分析を行うアナリスト職、会社資金を使って運用するディーラー職となっています。

証券会社で必須の資格

証券会社で必須の資格

証券業務には最低限「証券外務員一種」と「証券外務員二種」が必要です。

また、保険も取り扱うため「生保一般課程試験(生保募集人試験)」「専門課程」「変額保険販売資格」「外貨建保険販売資格」が必要になります。ほとんどの資格を就職後に取得することが多いです。

ただ、証券外務員一種・二種はこれがないと証券会社で電話すらとれないため、就職が内定すると就職前に会社から取得をうながされます。

そうはいっても、外務員資格を就職が決定する前に取得する必要はありません。

なぜなら、就職後に取した方が、資格取得にかかる費用を会社が負担してくれ、自己負担がありません。

また、就職直前でも十分合格できる勉強量です。証券外務員一種・二種は個人でも受験可能で生涯有効ですが、生保関係の資格は個人で受験することはできません。さらに、取得しても離職するとすぐ金融関係に転職しないと再取得が必要になります。

  • 証券外務員一種・二種 難易度★ (一種は★★)
    勉強期間は1~3ヶ月程度で、仕事をしながら十分資格取得が可能です。選択制で試験会場のパソコンを使用して回答し、70%以上の得点で合格となります。ただし、不合格となると受験日から30日経過するまで再受験ができません。また、合格率も70%近くと高いため、不合格となると印象もよくありません。また、最低限証券外務員二種を保有していないと、金融商品に係る一切の勧誘・取引業務ができません。さらに、一種を取得すれば、信用取引、デリバティブ取引などの勧誘が可能になり、仕組債の提案もできるようになります。

  • 生保一般課程 難易度★
    保険の勧誘を行う際に必要な資格になります。こちらも勉強期間は1ヶ月程度で、仕事をしながら十分取得可能な資格で、勉強は土日だけでも足ります。選択制の試験で、試験会場のパソコンで回答する形式となっており70%以上で合格となります。証券外務員の合格率70%に対して、合格率80%以上の資格であるため、きちんと勉強すれば落ちることはありません。受験前に会社で32時間程度の研修を受けてから、試験を受けます。

  • 専門課程 難易度★★
    上記一般課程があれば保険販売は可能ですが、通常証券会社では医療保険のような一般に保険として思い浮かべる保険は販売しておらず、資産運用目的で加入する運用によって受取り金額が変わる変額保険や外貨建てで運用する外貨建て保険を取り扱っています。このような商品の提案にはその商品の特性やリスクを説明できる「変額保険販売資格」「外貨建販売資格」が必要となります。そのような資格を取得する前に前提として、この専門課程を合格している必要があります。試験前に12時間以上の研修を受けている必要があります。試験は選択制の試験で、試験会場のパソコンで回答し、70%以上で合格となります。合格率70%と一般課程に比べるとちらほら落ちる人もいます。ただ、きちんと勉強していれば合格できる試験です。専門課程の試験回数は毎月行われていますが、次に紹介する変額保険と同時受験する人が多く、変額保険が年3回であるため一発で合格しておきたい試験です

  • 変額保険販売資格 難易度★
    専門課程に合格していないと合格できず、専門課程と同時受験することが多いので、専門課程と勉強期間は重なります。合格率70%と一般課程に比べるとちらほら落ちる人もいますが、受験できるのが年3回であるため一発で合格しておきたい試験です。

  • 外貨建保険販売資格 難易度★
    これまでこの資格がなくても外貨建保険を販売可能でしたが、為替リスクを販売員が顧客に十分説明しないまま加入し苦情となるケースが目立ち、創設されました。2022年春以降においてこの資格がないと外貨建保険を販売することができません。試験は選択制の試験で、試験会場のパソコンで回答し、70%以上で合格となります。

上記資格は、証券会社で働くのに必須の資格です。ただ、就職前にその資格を取得している必要はありません。

特に、保険関係は就職前には個人で取得することはできません

就職後は上記資格が最低限でも必要となるため、仕事をしながら勉強することになります。ただ、そんなに取得に難しい資格はなく、仕事しながらでも十分取得できる資格です。

また、資格を取るまでは会社側も資格取得のために定時退社させてくれるので、勉強に打ち込むことができます

試験は選択制で70%とれば合格でき、難易度もそんなに難しくないため、ほとんどの人が合格します。難易度が難しくないといっても全く勉強しないければ不合格となります。合格するためその資格に関する業務ができないため、上司に合格を促されます。

次に、必須資格ではないものの、証券会社で働くときに有利な資格を紹介します。

証券会社で取得すると有利な資格

証券会社で取得すると有利な資格

証券会社でこの資格がないと業務ができないという資格ではないものの、FP資格や証券アナリストの資格の取得が推奨されます。

通信教育費用の一部は会社が負担してくれ、合格すると報奨金が受け取れます。さらに、課長等管理職や営業部門をチェックする事務職になるためには「内部管理責任者」の資格が必要になります。

FPはファイナンシャルプランナーの略で、顧客の人生設計目標において、経済面での実現を応援する資格です

具体的には、顧客の住宅取得や老後などの大きなライフイベントごとに必要な資金を確保するために、計画を立てる(ファイナンシャル・プラニング)ことです。

FP資格には国家資格とFP協会による資格があります。国家資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士といい、1~3級まであります。一度取ればその後は特別な研修は必要なく、生涯有効な資格です。

この2種類のFP資格のうち証券会社で必要とされる資格は、FP協会による民間資格の方です。

FP協会による資格は、取得後も生涯研修を受けなければならず、更新手続が必要です。

また、入会費用、年会費が必要になります。就職後は年会費を会社が負担してくれますが、就職前の場合には自分で支払う必要があります。証券会社で求められる資格はAFP資格で、国家資格のFP2級と同じ水準となります。その上位資格がCFPです。

  • AFP 難易度★★★ 合格率30%前後
    AFP認定研修終了後、「FP基礎」「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業承継設計」「提案書作成」に関する知識を問う試験を受験します。AFP認定研修もあることから、テキストのみの学習ではなく、通信教育による学習が必要となります。試験は選択式で60%以上得点すれば合格です。証券会社での経験があれば、通学なしでも十分合格できます。                                
  • CFP 難易度★★★★ 全課目合格率6.5%
    AFPの資格を保有しており、CFPの試験6課目「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業承継設計」に合格する必要があります。この6課目は1課目でも合格すれば引き継ぐことができます。課目毎合格率35~40%で、何%得点すればよいというわけではなく、競争形式で課目毎に上位35%前後得点する必要があります。AFPに比べると難易度が高く何年もかかって合格する人もいます。合格後にCFPエントリー研修を受け、通算3年以上の実務経験を積めば晴れてCFP認定者となることができます。実務経験は、金融機関での業務以外でもみなし実務研修や協会実施の研修を受講することで認められることもできます。こちらも、証券会社での経験があれば、通学なしでも十分合格できます。

  • CMA (証券アナリスト協会認定アナリスト)難易度★★★ 合格率50%前後
    第1次レベル、第2次レベルと2段階試験となっています。試験前にまず日本証券アナリスト協会実施の通信教育講座に第1次レベル、第2次レベルごとに申込み受験資格を得る必要があります。合格後資格取得するためには、CFP同様実務経験3年以上または証券分析に関する学識、経験、能を十分に備えた者のいずれかに該当することが必要です。こちらも、証券会社での経験があれば、通学なしでも十分合格できると考えられますが、第1次レベルの必須通信教育に60,000円、第2次レベルの必須通信教育に53,500円かかり、さらに第1次レベル合格後3年以内に第2次レベル通信教育を受講しない場合、受講後連続3回で不合格になったときは再度最初の第1次レベルの通信教育から受講しなければなりません。このように、アナリスト試験にはきちんと第1次レベル、第2次レベル合格していかないと多額の通信教育費がかかってしまい、テストを改めて受験しなくてはならないという難しさがあります。

上記資格は資格の勉強に専念できればそんなに難しくないかもしれません。
しかしながら、必須資格である外務員資格と保険関係の資格を取得すれば本格的に仕事が始まり、残業することも出てきます。

また、勉強量も外務員資格と比べものにならないほど多くなります。ただ、証券会社で働いていると金融知識は自然と身につくため、AFPとCFPの金融関係の課目、アナリスト資格は働いていないときに比べれば有利に勉強をすすめることができます。

会社を辞めても生かせる資格は?

会社を辞めても生かせる資格は?

証券会社を離職して、すぐに金融関係に転職する場合に金融商品の販売に関わるなら外務員資格、保険商品に関わるなら保険関係の資格が役に立ちます。また、AFP、CFP、CMAを保有していると、就職に有利で、転職後もアドバンテージがあるでしょう。

ただ、金融関係以外への転職の場合にはどの資格も使いません。

しかしながら、どの資格も自己資産の資産形成を行う上で大いに役立つ資格です。

AFP資格があれば自分の生涯設計における必要な資金を計画的に運用しながら貯めていく計画を自分で立てることができます。また、その金融知識を生かして投資や資産運用を行うこともできます。

さらに、AFP、CFPの資格があれば独立してFP業務を行うことができます。FP業務には主に顧客の相談に乗る業務ですが、証券会社と提携してIFAとなり証券会社のように金融商品販売の仲介を行いその販売手数料を受取る業務を行うこともできます。

転職を考えている場合は資格が活かせる会社を見つけておくのが良いでしょう。