紹介予定派遣とから正社員になれる人、契約社員になってしまう人、採用されない人の違い

通常の派遣社員と違い、一定期間働いた後は直接雇用されることが前提となっている紹介予定派遣制度。

企業側にとっては実際の労働者の働きぶりを見てから、労働者は実際に働いてみて社風や職場環境を確かめた上で判断できるというメリットがあります。

派遣社員として働く期間も最長で6ヶ月となっている為、直接雇用となるまでの時間もそこまでは長くないというメリットがあります。

しかし、いくら直接雇用が前提であるとは言っても、全員が正社員になれるわけではないので注意が必要です。

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:大手企業の契約社員は中小の正社員よりもまし?大企業だと安心すると痛い目見るかも

紹介予定派遣で直接雇用されても正社員とは限らない

紹介予定派遣の場合、一定期間過ぎた後に正社員として直接雇用される場合、契約社員として直接雇用される場合、直接雇用に至らない場合があります。

その割合は正社員が25%、契約社員が20%、どちらにもなれないのが55%といったところです。

直接雇用するかしないかは、企業にも労働者側にも選択肢があり、双方で合意することができなければ直接雇用とはならない為、それなりに高い確率で直接雇用されません。

正社員になれる人、契約社員になれない人、直接雇用されない人

できることなら正社員として働きたい。紹介予定派遣で働き始めた時にはそんな風に思っている人が大半でしょう。

しかし、希望通りにはなかなかいかず、正社員になることができずにいます。

では、正社員になれる人、契約社員になれる人、直接雇用されない人にはどういった違いがあるのでしょうか。

正社員になれる人

紹介予定派遣から正社員になる為に一番大切なのは、派遣先の企業が正社員として雇用するつもりがあるということです。

企業が最初の時点で正社員として雇用するつもりなのか、それとも契約社員として雇用するつもりなのかは決めています。

正社員になろうとした場合、企業がそのつもりがあることがまず最低条件であり、その上で大きな問題を起こさずに日々の仕事を頑張ることが必要となります。

仕事で求められるレベルはそこまで高くはなく、真剣に仕事を取り組んでいれば基本的には問題ないはずですが、あらかじめどういった人材が求められているかを確認し、それに沿った自分を日々の仕事でアピールすることが大切です。

契約社員になる人

いくら正社員になりたいと願っても、企業にその気がなければ正社員になることはできません。

ずばぬけた能力を発揮すれば万が一もあるかもしれませんが、そんなことはほとんどないと考えていいでしょう。

正社員になれずに契約社員としての直接雇用になってしまう原因は、たいてい本人の能力ではなく、会社の都合によるものです。

正社員として雇用すると、企業は簡単に辞めさせることができなくなる為、それなりにリスクのあるものです。その為、とりあえずは契約社員と考える企業は少なくありません。

直接雇用されない人

最後に、正社員としても契約社員としても雇用されないパターン。

これは企業の状況が変わったか、労働者自身に問題がある場合かです。

紹介予定派遣を採用した時点では直接雇用するつもりがあったものの、経営状態等が変わる必要がなくなったという場合は少なからずあります。

ただやはり労働者自身になんかしらの問題がある場合が多いです。

基準のレベルに達していなかった、仕事に対する姿勢が良くなかった、周囲の人間と上手くコミュニケーションをとることができていなかった。といったことが挙げられます。

紹介予定派遣の場合は、元々直接雇用する気はなかったのではないかなんてことはほぼありません。最長でも6ヶ月しか雇用できないルールですし、わざわざ通常の派遣社員ではなく紹介予定派遣を利用するメリットが何もない為です。

正社員登用は期待しなほうがいい

もし紹介予定派遣で働いても直接雇用されなかった場合なら、反省するところは反省し、次の仕事をまた探すしかありません。

ただ、契約社員として直接雇用される場合だと、正社員になりたいという人はかなり迷うかもしれません。

企業側はいずれは正社員登用なんていう甘いことを言ってくる場合もあります。

しかしながら、正直言って契約社員からの正社員登用はかなり確率の低いことであり、期待していいものではありません。

契約社員として働くことができるのは5年。正社員になる保証はないのに、それだけの期間待つというのはあまり現実的ではありません。

ですから、もし正社員になりたいのであれば、契約社員として働いている間も転職活動をする必要があります。

今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:正社員になれない理由とは?派遣社員、契約社員から抜け出す為に大切なこと