転職活動を始める人は必見、転職サイトを使う際に知っておくべきこと。スカウト機能は使うべき?オファーのメリットは?

転職活動を始める際、まずは転職サイトを使おうと考える人が多いのではないでしょうか。

転職サイトは求人検索から応募、そして企業のやり取りまでを行うことができ、転職活動を行う上で非常に便利なものとなっています。

しかし、ただ闇雲に使うだけでは、せっかくの便利な機能を活用することができません。

そこで今回、転職サイトを使う上での知っておくべきことをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

転職サイトを使うなら、最大限活用すべし

転職サイトは転職活動を行う上で非常に便利なツールであり、利用する人も多いです。

しかし、ただ使うだけではせっかくの機能を活かしきれません。

もちろん全てを使いきらなくても、求人を検索して応募するということは簡単にできますから転職先を見つけることはできるでしょう。

ただそれでは、せっかく良い求人があるのに見逃してしまったり、タイミングを逃して合格率を下げることになったりしてしまうので注意が必要です。

もしあなたが少ない労力で、最大限の結果を出したいと考えるなら、転職サイトを最大限活用することは必須です。

転職サイトを使う場合の転職活動の流れ

ではまずは転職サイトを使う場合の流れについて、あらためて確認していきましょう。

転職サイトへの登録

まずは転職サイトへの登録。

転職サイトにもよりますが、だいたい名前、電話番号、メールアドレス、パスワード、住所を記入して登録することになります。

登録自体はどこも数分で簡単に終わりますから、さくっと終わらせましょう。

詳細情報、レジュメの登録

実際に応募することや、スカウト機能を利用することを考えるなら、詳細情報やレジュメを記載しなくてはなりません。

なお記載内容としては学歴、資格、語学レベル、職務経歴、自己PR、希望条件といったものがあります。

記載した内容は応募した企業やスカウトを希望する企業が閲覧する為、非常に重要な項目です。

よく考え、しっかり記載するようにしましょう。

スカウト機能の登録

スカウト機能とは、企業側がレジュメを元に転職希望者をスカウトすることができる機能です。

この機能をONとした人のみ、オファーが届くことになります。

スカウト機能への登録はぜひ行うようにしましょう。設定等から簡単にできます。

自分では気づかなかった求人かのオファーが届くこともありますし、そもそも公開されていない求人からのオファーが届くこともあります。また、書類選考を免除して貰えるなんて場合もあります。

求人への応募

転職サイト経由での求人への応募は簡単に行えます。

各求人情報に「応募」の欄があるので、そこをクリックするだけです。

応募すると、事前に登録したレジュメが企業側に送信され、書類選考に進むことになります(場合によっては面接確約の場合もある)。

当然レジュメはしっかり書いておかなくてはなりません。企業が書類選考の上で用いるのはこのレジュメしかないわけですから。

書類選考、面接

応募後、転職サイト内のメールで企業側から連絡が来ますので、指示に従いましょう。

そのままレジュメだけで書類選考に進む場合もありますが、履歴書や職務経歴書の送付(郵送やEmail)をお願いすることがあるので、もしそういった指示をされたらできるだけ早く対応するようにして下さい。

結果や面接日程の調整もこのメールBOX内で行われる場合が多い(電話の場合もあり)ので、メールBOX内はこまめにチェックするようにして下さい。

内定連絡

内定の連絡は転職サイト内でのメールよりも、電話で来る場合の方が多いです。

ただ不採用の場合はメールで送信される場合がほとんどです。

内定の連絡後、入社の意思確認、今後の対応といったことに進んでいくことになります。

ここまでくると転職サイト内でのやり取りはほぼなくなり、転職サイトから卒業です。

転職サイトを使う際に知っておくべきこと

このような流れで行われる転職サイトを使った転職活動ですが、いくつかぜひ知っておいて貰いたいことがあります。

しっかり確認しましょう。

複数の転職サイトへ登録する意味

転職サイトは1箇所だけではなく、絶対に複数のものを利用することをおすすめします。

なぜなら転職サイト一つ一つで、掲載されている求人が異なるからです。

大手企業だと求人募集人数も多く求人にかけるお金も豊富なので色々な転職サイトにまとめて求人を掲載しますが、中小企業だとそうもいきません。

転職サイトへの求人掲載料はそれなりに高いので、ほとんどの企業はどこか1箇所の転職サイトに掲載するだけです。

よって、登録している転職サイトが多ければ多いほど、たくさんの求人からあなたにあった求人を見つけることが可能となります。

ぜひ登録しておきたいおすすめの転職サイトは以下の3つ。

odaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

また希望をすれば転職エージェントの利用も可能です。

登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで最初は履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

リクナビNEXTは転職希望者の8割が使うと言われている最大級の転職サイトです。

求人量はもちろんですが、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

レジュメの重要性

レジュメは応募するにもスカウトを待つにも非常に重要な役割を担います。

企業側があなたを判断する上で使えるものは、このレジュメだけです。

まともに書いていなければ、書類選考にも通らないし、スカウトも貰えません。

私自身、以前人事で採用活動を担当していましたが、このレジュメが不十分なまま応募して来る人が本当に多かったです。即不合格とはしませんでしたが、当然書類選考の上でマイナス評価です。

スカウト機能を使うべき理由

スカウト機能はぜひ使うようにして下さい。機能をONにすれば良いだけでいいので、手間はありません。

オファーが来ることでその企業を知るきっかけになったり、非公開にされているオファーを貰える場合があります。

またスカウトの量から自分の市場価値を判断する指標にもなり、無駄に悪い条件での転職を防ぐ判断基準にもなります。

オファーの意義

スカウト機能利用時に来るオファーには種類があります。

たとえばリクナビNEXTなら、オープンオファー、興味通知オファー、プライベートオファーです。

そしてそれぞれのオファーには以下の特徴があります。

  • オープンオファー・・・企業が決めた条件に合致している人に一括送信するオファー。あくまで求人案内というもの。
  • 興味通知オファー・・・企業の希望条件に合致した人に対して応募を促がす為の一括送信されるオファー。個人単位でレジュメは見た上で送るものではない。
  • プライベートオファー・・・個別にレジュメを見て、個別に送られるオファー。期待度は高い。

プライベートオファーは、企業が1通送る為に必要な金額も高く、あなた自身のかなり高い興味を持っています。当然選考への期待度は高く、書類選考免除で即面接という場合が多いです。

一方、最も期待度が低いのがオープンオファー。単に一括送信されているだけで、あなたのレジュメを見てはいません。当然選考で有利になるとかはなく、応募した場合は通常の選考過程で進んでいくことになります。

ただオープンオファーは全く意味無いものかというと、決してそういうわけではありません。

確かに選考の上でのメリットはありませんが、少なくともその企業を知るきっかけにもなります。思わぬ良い求人を知るきっかけになるかもしれません。

新着求人のメリット、応募スピードの合否への影響

求人の掲載期間は長いところだと1ヶ月あります。しかしその掲載期間の範囲内は必ず応募を受け付けているかというとそうとは限りません。

途中の段階で使用予定人数に達した場合は掲載を取りやめる場合もありますし、たとえ掲載していてもそれは表面上だけで不採用となることが決まっている場合もあります。

企業は応募してきた人に対して必要以上に回答を待たせると他社に行ってしまう為、そこまで引き延ばすことはできません。また一度内定を出したら取り消すことは基本的にできません。

ですから、求人掲載に対するアクション、企業からの指示へのアクションは早いにこしたことはありません。その方が採用される可能性は高くなります。

たとえばリクナビNEXTだと水曜日と金曜日に求人情報が更新され、新規求人が掲載されます。このタイミングでこまめに求人をチェックし、もし良い求人があったらできるだけ早く応募するように心がけてください。

自社求人、関連求人の閲覧時の注意点

掲載されている求人を見ただけで、企業側はあなたの情報をそれなりに知ることができます。

名前や連絡先などは過去の勤め先などは伏せられますが、学歴や職歴などは、ただ求人を見ただけでも知られてしまうのです。

ですから、今自分が勤めている会社や、関連企業の求人は十分に注意してください。基本的には閲覧すらしない方が良いです。

下手したら転職活動を行っているということがばれてしまいますから。

またスカウト機能だと閲覧していなくてもその人の情報にたどり着くことができてしまうし、企業側が知ることができる内容も増えます。

勤めている会社にばれないようにする為にも、特定の企業があなたのレジュメを見れないようにするブロック機能を活用して下さい。

求人情報から知ることができること

求人情報は条件等だけではなく、ぜひ隅々まで見るようにして下さい。

ホワイト企業は従業員にメリットがある情報を隠しません。一方ブラック企業はあいまいな書き方をします。

また正社員としての募集なのに最初の1年間は契約社員といった形になっている場合なんかもあります。

あなたが求めている条件に本当に合致しているか、怪しい部分がないか、しっかり確認するようにしましょう。

小さい広告にこそホワイト企業は隠れている

掲載されている求人の大きさは、企業が支払う掲載料に応じて異なります。

大きい求人は写真も大きくインパクトがありますし、条件を入力した際に最初の方ででてきるのでついつい注目してしまうがちですが、むしろ注目すべきは後半にでてくる小さい広告の会社です。

小さい求人にもホワイト企業は豊富にあります。しかも注目されない分、倍率は低くなるので入社難易度も低くなります。

インパクトがないから、見栄えがないからと避けてしまうのではなく、ぜひ内容で応募企業を選ぶようにして下さい。

直接応募は避けた方が良い

現在はindeed等、様々な転職サイトで掲載されている求人を一括で掲載されているものもあります。

そしてそういった求人を見て、メールや電話等で直接応募して来る人も少なくはありません。

ただこれは極力避けた方が良いです。

企業は転職サイトで採用活動を一括管理している為、直接応募すると手間が増えてしまいます。その為、転職サイトからの応募を促してくれたり、対応してくれる場合もありますが、そうならず不採用とされてしまう場合もあります。

もしそういった所で求人を見つけたら、該当の転職サイトに登録した上で応募するようにしてください。

転職活動を成功させたいなら転職エージェントの利用もおすすめ

もしあなたがこれから転職活動を始めるなら、転職サイトではなく転職エージェントを利用することもおすすめします。

転職エージェントは好条件の非公開求人を紹介して貰える、書類選考や面接に対するアドバイスを貰える、面接日程の調整や年収交渉をして貰えるなど数多くのメリットがあります。

自力でやるよりも転職成功率は上がるし、労力は減るはずですからぜひ活用してください。

ちなみにおすすめの転職エージェントは以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

dodaは求人検索・応募や診断テストの利用など転職サイトとしても使えますが、転職エージェントによる転職サポートのサービスも希望者は受けることができます。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

大手なだけあって dodaはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ