転職の失敗パターンと失敗した時にやり直す為の今後の取り組み方

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職の失敗パターンと失敗した時にやり直す為の今後の取り組み方

せっかく苦労して転職活動を行っても、その転職が失敗に終わってしまう場合も少なからずあります。

そうならない為にも自己分析をしっかり自分の希望を把握し、仕事選びをしっかり行い、内定後も今の仕事と転職先での仕事をしっかり確認し、失敗するリスクをできる限り抑えなくてはなりません。

しかしそのことに気づかず転職に踏み切ってしまったり、不十分なままに転職に踏み切ってしまってすでに失敗してしまった場合は、ああしてれば良かったなんて過去に後悔してももう手遅れ。

そこで今回は転職時のよくある失敗パターンや、万が一転職で失敗してしまった為の今後の取り組み方を紹介していきます。

関連:退職、転職後に意外と感じる寂しい気持ち。どう解消すればいい?

関連:転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

転職は絶対に成功するものではない

転職したことで年収が上がったり、理不尽な労働条件から解放されたり、苦痛な人間関係をリセットすることができ、心から転職して良かったと感じている人はとても多いです。

必ずしも転職することが正しいことであるとは言えませんが、同じ会社で働いていては実現できないことが転職では実現できることも多い為、転職する勇気を持ちその決断をすることはとても大切だと思います。

しかし中にはその転職が失敗に終わってしまう可能性もあるということは忘れてはいけませんよね。

せっかく頑張って転職活動をしたのに転職しなければ良かったと感じる人も一定数います。

転職での失敗はそれなりに痛いです。

戻りたくて戻ることはできないし、失敗したらからまた次の転職をしようにも転職してすぐにまた転職となれば転職では不利になってしまう。おそらく後悔の念がとても強くなることでしょう。

ただ失敗してしまったらその事実は受け止めなくてはなりません。そして今の状況を少しでも良くする為に取り組んでいくことでしか、後悔の念を取り払うことはできません。

転職の失敗パターン

ではここで転職の失敗パターンにはどういったものがあるかを紹介していきましょう。

転職して待遇が悪化してしまう

在職中に転職活動を進めて内定を貰ってから会社を辞めるのであれば、前職から待遇が良くなると分かった上で転職することができるので良いんですが、先に会社を辞めてしまうと想像以上に待遇が悪くなってしまう場合があります。

前の会社より待遇が良い会社からは内定を貰うことができず、無職期間が長くなり焦りから待遇が悪くなってもとりあえず転職しなくてはならなくなる。

そうなった時に感じるのはなぜ仕事を辞めてしまったんだろうという後悔の気持ちです。

転職で得たものより失ったものの方が大きかった

年収アップの為に、休みがもっと欲しいから、残業が少ない会社になど、転職する際には人それぞれ色々な希望があると思いますし、それを実現することは十分可能なことです。

しかしその希望が実現できたとしても、それ以外の面で失ったものが多すぎて転職が失敗に終わってしまう人も少なくありません。

年収アップを目指して転職したものの、それとは引き換えに仕事は忙しく残業は多くなってしまったり、逆に休みが多い会社に転職したものの、給料ダウンの影響が思った以上に厳しかったり。

良い面もあれば悪い面もあるのは当然なんですが、転職活動時点でそのことに気づくことができなかったり良くなる部分にだけ目がいってしまうとこういう失敗がおきてしまいがちです。

転職後に希望通りではないことに気づいた

希望通りの転職をすることができたと思っていたのに、いざ入社して働いてみると全然違ったなんて言うこともよくある話。

仕事内容が想像していたものとは全然違ったなんてこともありますし、聞いていた仕事内容とは全然違う仕事をさせられるなんて場合もあります。

ひどい場合だと労働条件が違うなんていうことも。給料が聞いていたよりも少なかった、休みが少なかった、残業が多すぎた。

希望が叶えられるからと転職を決めたのに、実はそれが叶えられなかった。それでは転職が失敗となってしまうのも当然です。

転職後に上手くやれない、馴染めない

いくら条件面、待遇面が良くなったとしても、仕事をしていく上で大切なことはそれだけではありませんよね。

中途採用者として期待されている仕事ができるのか、会社の雰囲気になじめるのか、人間関係は上手くいくのか。

働きやすさの観点から見るとこれらはとても大切なことですし、もしそれが上手く行かなければ会社に行くことは辛いものになってしまいます。

転職活動時には希望通りの会社から内定を貰うことがゴールになってしまいがちですが、実はそれはあくまでスタート。入社してからの方がずっと大切であることに気づかなくてはなりません。

前の会社の良さが大きくなった

離れたからこそわかる良さというのもあり、転職前はあれほど嫌だった会社にもいざ退職すると色々な良かった部分が見えてきて辞めたことを後悔することになる人も多いです。

転職前には悪い部分に目が行ってしまいがちですが、そこは冷静に見極めなくてはいけませんね。

もっと良い会社に転職できたのではないか

転職活動はそれなりに大変なものだし、できるだけ早く転職したいと思っている人も多いので、内定が出ると安易にその会社に転職を決めてしまいがちです。

しかしそれをしてしまうと、後々実はもっと良い会社に転職することができていたのではないか、この会社を選んだことは失敗だったのではないかと思いがち。

前職から待遇が良くなったとしても、可能性はあったかもしれないと思い、あたかも選択ミスをしたかのように捉えてしまう人も多いです。

転職で失敗してしまったらどうする?

転職が失敗だったという人の多くは、上記で紹介したパターンのいずれかに当てはまる人が多いのではないでしょうか。

まあいずれの場合でも、失敗は失敗。

ただそのままうじうじしていたところでこの先良いことはありません。

失敗は失敗としてまずは受け止め、今ある現状をどうすれが良い方向に進めていくことができるかを考えていきましょう。

今の仕事には全力で挑む

たとえ今回の転職が失敗だったとしても、一度転職したからには今の仕事に対して全力で挑むようにしてください。

辞めたい、やってられない、こんなことはしたくないという気持ちはわかります。

ただ最初からマイナスに受け止めて手を抜きながら適当に仕事をしていては、得られるものは何もないし気持ちが変わることもありません。

全力でしたからこそ気づけるというものもあるものですし、それがまたこの先のキャリアに繋がっていく部分でもあります。

今後のキャリアを考える

今後のキャリアについてもしっかり考えてみましょう。

将来どうなりたいかを考えた時に、今の仕事を続けることがマイナスになるのかプラスになるのか、この先どういった可能性があるのか。

それがより自分に現実を見つめ、さらに今後の指針を示してくれるものになります。

失敗を客観的に捉え原因を考える

失敗したという事実は仕方がないこと。ただそれをただ後悔するだけのものだけではなく、少しでも自分のプラスにするものにしなくてはなりません。

だからこそ客観的に原因を考えてみることが大切。

転職活動を焦りすぎた、情報収集が不足していた、自己分析が不足していた、感情で動いてしまったなど、人によって失敗した原因はあると思います。

たまたま失敗した、会社が悪かったなど運や自分以外のせいに片付けて終わらせないでください。

転職が失敗に終わった人の大半は、遅かれ早かれ再度転職をすることになると思います。その時には確実に成功できるように、しっかり失敗原因を把握しておきましょう。

仕事は辞めずに転職活動を始める

今の仕事を続けていてもあまりメリットはないというのであれば、転職後であっても再度転職するのは悪くないと思います。

必ずしも長く働いた方が今後には良いというわけではありません。

ただ短期離職は転職活動では不利になる要因。無理に転職すると状況がさらに悪化する可能性もあります。

だからこそ転職活動は仕事を辞めずに行いましょう。

辞めていなければ、自分が満足できる転職先が見つかるまでじっくり転職活動を進めることができるので再度の失敗をする可能性がかなり低くなります。

在職中の忙しい中で転職活動するならば転職サイトや転職エージェントを使って効率よく転職活動を進めるようにしてください。

特に転職エージェントは利用するかしないかで転職にかける時間、労力が大きく変わってくるので必ず使いましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

後悔するのではなく前を向くこと

転職で失敗してしまったら後悔してしまう気持ちもわかります。そしてそれはそう簡単には消すことができるものでもありません。

しかし単に後悔しているだけではそこから何かが変わることはありません。

後悔するのではなく前を向く。まずはそこから始めていきましょう。



このページの先頭へ