生活のために働きながら家事や子育てもすべて自分でこなすシングルマザーには、どんな仕事が適しているのでしょうか。

適した仕事を選ぶといっても、独身のころのように自分のことだけを考えて仕事を選ぶのではなく、子どものことも考えて仕事を選ばなければなりません。

また、育児や家計について1人でがんばらなければならない、親が協力してくれるなど生活スタイルも併せて考えていくと、簡単に仕事を決められない方もいるでしょう。

それに、結婚していたときの生活スタイルも大きく影響します。

ずっと専業主婦で働いてこなかった方は、生活のためにすぐにでも働かなければならなく、共働きで働いてきた方でもこれまで以上の収入が必要です。

思うように仕事が見つからない・決められないでいると、焦って追いつめられるような気持ちになることもあります。

そこで、シングルマザーにとってどんな仕事が適しているのか整理してみました。

仕事選びのポイントや働き方についても解説していきます。

シングルマザーが仕事を選ぶときに注目したいポイント

近年では離婚率の上昇とともにシングルマザーの数も増えていますが、多くのシングルマザーはどんな方法で仕事を選んでいるのでしょうか。

一般的なパートの給与は月に10万円前後と言われていて、母子扶養手当などの手当てと合わせても家計に余裕があるとは言えないでしょう。

もっと稼ぐ努力をするとしても、労働時間を長くしたり、バイトを追加したりすることは体力的にも厳しいものがあります。

それに、勤務時間や子どもの急病に対応できるかなど企業側の対応も気になるところです。

仕事を探すにあたり、優先したいポイントはそれぞれのシングルマザーにより異なると思いますが、仕事選びのときに注目してほしい、実際の仕事に就く前にチェックしてほしいポイントを紹介していきます。

勤務時間に融通が利く職場を選ぼう

シングルマザーが働く場合、残業が多い・フルタイムが基本・早退や欠勤は極力ない方が良いといった職場だと、働きにくく感じる方もいると思います。

子どもとの生活を考えると、これらの条件は仕事だからと割り切るにはかなり厳しいものがあり、もっと柔軟な対応がある企業への転職を考える方が良いとも考えられます。

そのため、シングルマザーが仕事を選ぶ際には、勤務時間に融通が利くかを重視することがおすすめです。

近年では、子どもを持つ女性が働きやすいよう配慮する企業増えていて、短時間正社員などが代表的です。

この短時間正社員制度を導入している企業では、勤務時間を子供に合わせた時間帯に調整してもらうことができます。

例えば、子どもが幼稚園や小学校に通っている時間帯に働けるように、勤務時間を10時~15時、もしくは9時~16時までといった感じで調整してもらえるのです。

短時間正社員として働くなら、仮に子どもが急に熱を出したとしても15時で退勤してから病院に行くことができるため、わざわざ会社を早退しなくても良いし、子どもに対してもしっかり対応できるようになります。

このように勤務時間に融通が利く職場は、シングルマザーと子どもにとって生活しやすい環境を作るとともに、職場でも労働時間内にしっかり働けるため居心地が悪くなることも避けることができます。

 

また、勤務がシフト制の場合は急な欠員が出ても補充できるか、出勤している方のみで対応できるよう工夫している企業もあります。

シフト制の職場の場合は、社員のほとんどが子どもを持つママさんというケースも良くあり、お互いに助け合っているところもあります。

このようなことからシングルマザーとして働くなら、できるだけ勤務時間に融通が利く職場の方が働きやすいと言えるでしょう。

子どもの発熱などの急な欠勤に対応できる子育て支援や補助がある職場

子どもの発熱などの急病はいつ起こっても不思議ではないもので、母親が忙しいときに限って子どもは熱を出すものです。

水疱瘡・はしか・手足口病・溶連菌感染症などは、季節や子どもの年齢により幼稚園や学校で大流行することがあり、数日間またはそれぞれの症状が落ち着くまでは自宅療養しなければなりません。

ほかにも多くの感染症がありますが、自宅療養が必要なときはシングルマザーも仕事を休むようになります。

子どもの急病により仕事を欠勤しなければならないことを考えると、仕事を選ぶときは子どもの急病での欠勤に理解ある職場がおすすめです。

加えて、欠勤に対応する子育て支援や補助がある職場ならなお良いでしょう。

シングルマザーにとって子どもの急病は、

  • 子どもの状態が心配なこと
  • 早退・欠勤すると職場に居づらくなる心配があること
  • 欠勤すればその分給与が少なくなること

などの不安や心配が付きものです。

仕事の内容にもよりますが、子どもの急病時は在宅勤務への切り替えができるか、欠勤のときは補充する人員を確保できるのかなど、事前にしっかり確認するようにしましょう。

残業時間・体力的な負担・給与面はどうかなど

シングルマザーが仕事をするときに必ずチェックしたいのが残業時間・体力的な負担・給与面についてです。

多くのシングルマザーの場合、働くために未就学児は幼稚園や保育所、小学生は学童保育などを利用しており、預ける地域や施設により預けられる時間が異なりますが、平均すると夕方は18時までのところがほとんどです。

中には、30分程度延長できる施設もありますが、近年では防犯やトラブル防止などの理由から18時と決める施設が増えてきています。

シングルマザーの終業時間が17時の場合、残業の依頼があった場合はどれだけ残業できるでしょうか。

預ける施設が近場だとしても、お迎えの時間を考えればほとんど残業することができません。

できたとしても20~30分程度で、急いでお迎えに行くようになることも予想できます。

このようなことから、子どもを祖父母に預かってもらう場合を除き、シングルマザーはなるべく残業がない仕事が良いでしょう。また、体力的な負担も考えたいところです。

 

いくら体力に自信があるといっても、女性の体はデリケートなものです。

無理を重ねればホルモンバランスを崩したり、婦人科系のトラブルが起こったりします。

万が一、過労で倒れるようなことがあれば、それこそ子どもはびっくりするでしょうし寂しい思いをさせることにもなります。

体力的な負担が大きい仕事はまとまった給与をもらうことができますが、女性であることや万が一のことを考えて、ほどほどの負担の仕事を選ぶのが良いでしょう。そして、給与の面では生活に必要な金額を確保できるかを考えてみてください。

パートの平均給与は10万円前後と言われていますが、母子家庭がもらえる各手当と併せても、

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 食費
  • 医療費
  • ガソリン代などの車の維持費
  • スマホやネットの料金

などをすべて支払うことができるでしょうか。

それに、将来子どもを進学させようと思っているなら、学費も今から貯めなければなりません。

貯金する分も考えると給与は、生活に必要な金額を賄うことを基準に考えるのが良いでしょう。

シングルマザーはパート・派遣・正社員のどれを選べば良いのか

シングルマザーが仕事をする場合、どんな働き方が良いのでしょうか。

働き方には、パート・派遣・正社員などがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

それでは、働き方別にメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

パートのメリットとデメリット

パートはさまざまなジャンルで求人が多くあり、働く時間に融通が利きやすいことがメリットです。

未経験者でも問題ないか採用されるチャンスが多く、年齢や学歴不問の求人も多い傾向です。

一方でパートは時給制で働く時間が短いため、給与が低いことがデメリットです。

福利厚生が正社員に比べて充実していないことがほとんどで、ボーナスや退職金もないことが一般的です。

パートのみで生計を立てているシングルマザーもいますが、子どもが小さいうちはパート、手がかからなくなったら派遣や正社員になるなど、上手く使い分けることがおすすめです。

派遣のメリットとデメリット

派遣のメリットはなんといっても時給が高めなことです。

時給がパートよりも高く、仕事内容によっては正社員に並ぶこともあるほどです。

自分のスキルや知識を活かしやすく勤務形態も選べることもメリットといえるでしょう。

対して派遣のデメリットは、正社員に近い形で勤務時間が決まっていることが挙げられます。

パートに比べて勤務時間の融通が利かないので、子どもの急病などで早退や欠勤をしにくい職場もあります。

また、時給が良い分早退や欠勤が多くなれば、その分の給与が目に見えて減ってしまいます。

派遣の仕事は自分が希望した部署や職種に就けないこともあり、この点についてもデメリットと言えるでしょう。

正社員のメリットとデメリット

正社員は、給与の待遇が良くて毎月安定した給与をもらえることがメリットです。

福利厚生が充実していて、ボーナスや退職金などももらえるため給与面では最も良い働き方です。

ただ、勤務時間が最も長くて残業もしなければならず、勤務時間の融通が利かないことがデメリットです。

仕事の責任が大きくなること、1度退職したら再就職しにくいこと、配偶者の扶養からは外れてしまうなどのデメリットもあります。

給与と勤務時間の融通の利きやすさを比較してみよう

パート・派遣・正社員の3種類の働き方にはどれも一長一短なところがあるものの、給与では正社員が最も多くもらえることがわかります。

ですが、勤務時間の融通の利きやすさでは、パートが最も融通が利きやすく正社員は融通が利かないことがわかります。

シングルマザーにとって、給与と勤務時間の融通の利きやすさはどちらも仕事選びのポイントになるものです。

子どもの年齢、自分の状態や環境、希望する給与の金額などから自分に合った働き方を選ぶようにしましょう

給与

正社員>派遣>パート

勤務時間の融通の利きやすさ

パート>派遣>正社員

シングルマザーにおすすめの職種や業種はコレだ!

シングルマザーが働きやすい職種や業種はどのようなものがあるのでしょうか。

これまで専業主婦だったために働いて来なかった方にも取り組みやすい、おすすめの仕事を紹介していきます。

柔軟なシフトが魅力! 接客・販売系の仕事

接客や販売系の仕事は、ほとんどがシフト制で勤務しています。

そのため、子どもがいるシングルマザーでも働きやすくて、子どもを預けている時間のみ働くこともできます。

ただ、接客や販売系の仕事は向き・不向きがありますが、笑顔でいらっしゃいませと言える方なら大丈夫でしょう。

資格がなくても働ける! 医療・介護系の仕事

医療や介護系の仕事というと、はじめに資格を取得しなければならないイメージがあるかもしれませんが、看護助手や介護の仕事は資格がなくても働くことができます。

1日4時間程度のパートから8時間のフルタイムでのパートなど幅広い求人があるので、比較的簡単に就職することができます。

特に介護の仕事は慢性的な人手不足なので、資格がなくても人柄で勝負することができます。

スケジュールが立てやすい! 事務系・コールセンターの仕事

事務系やコールセンターの仕事は、仕事の時間がある程度固定されている仕事です。

そのため、仕事以外のスケジュールが立てやすく、安定的な給与をもらうことができます。

正社員ではなくとも、契約社員やパートでも働けるので、自分に合った働き方を選ぶこともできます。

子どもの預け先を確保すればシングルマザーでも仕事に就ける!

シングルマザーになると、はじめに考えるのは働くことや生活することではないでしょうか。

これは、シングルマザーなら誰もが1度は向き合う事柄で、新しい人生の一歩と同時に真剣に考えるべきことなのです。

これからのことを考えないといけない! ということは頭ではわかっていても、シングルマザーになると多くの女性が不安や孤独を感じます。

しかし、自分に合う働き方や今後の生活の目途を一つひとつ立てていけば、自然と不安や孤独は消え去り毎日を元気に生き生きと過ごせるようになります。

そのためにはまずたくさん情報収集を行い、子どもを預けるにはどうしたら良いかを調べてみてください。

認可保育所や学童保育のことは市区町村で取り扱っているので、1度所定の窓口を訪ねてみると良いでしょう。

子どもの預け先を確保できれば、預けている時間は存分に働けるようになります。

正社員としてしっかり働ける方が良いのでしょうが、まずは子どもの年齢や状況に合わせてパートや派遣を上手く使ってみてください。

 

仕事を探すときは資格やスキルがあると有利になるため、活用できそうな資格やスキルがある方は、どんどん活用していきましょう。

また、子どもが小さいうちはパートで働きながら、将来のために資格取得を目指すのも良い方法です。

新しい人生の1歩は、幸せへの1歩だと信じて進んでいきましょう!