仕事が長く続かなくて辛い。でも甘えがあるからではなく職場との相性問題

仕事が長く続かない人の特徴とは

仕事が長く続かない人の特徴とは

そんなつもりはないのに、仕事が長く続かなくて悩んでいるという方の中には、自分に甘いのではなく、職場や仕事内容との相性が悪いという可能性があります。まずは仕事が長く続かない人にはどのような特徴があるのかを、確認していきましょう。

飽きっぽい性格

飽きっぽい人は、仕事の成果が出るまでに仕事のモチベーションを持ち続けることができず、自分の仕事に満足することができません。「あっちの仕事の方が楽しそうだ」と他の会社に目移りしてしまうと、仕事が長続きせず、転職を繰り返してしまうことになります。

細かいところも気になってしまう

細かいところが気になってしまう性格だと、仕事内容や職場の人間関係、環境や待遇など、さまざまな不満を見つけやすく、会社へ満足できなくなってしまい、転職を検討するようになってしまいます。

見切りが早い

仕事を始めてもしばらくはミスがあったり、スキルを身につけるまである程度時間がかかるということがありますが、見切りが早い人は習熟の途中でも「自分に向いていない、合っていない」と思ってしまい、仕事を辞めてしまいます

行動力がある

行動力があるということが上手く仕事に繋がると実績を築くことができますが、計画や慎重さに欠けていたり、周囲への根回しや配慮を疎かにしてしまうという短所になりうる一面もあります。また行動力があることで、転職に関しても躊躇せずに進めてしまい、結果的に仕事が長続きしないということにも繋がる恐れがあります。

ある程度楽観的に物事を考える

楽観的に物事を捉えることはストレス耐性が強いなどの長所にもなりますが、「仕事を辞めても次がある」と気楽に考えてしまいがちになるため、転職することに躊躇せずに辞めてしまうことがあります。

周囲の人とコミュニケーションを取るのが苦手

コミュニケーションが苦手な場合、職場の雰囲気に馴染めないなど、人間関係が問題となってしまうことがあります。業務上の疑問や悩みを相談するなど、周りに頼ることができないとストレスを溜めやすくなってしまうため、転職を考えることに繋がってしまいます。

自分の今後のキャリアを模索している

やりたいことがなかったり、今の仕事が向いていない、もっと自分に合っている仕事があるのではとキャリアを模索し続けている人の場合、キャリアに活かせるかもと考えて転職を繰り返してしまうことがあります。

自己分析があまりできていない人

自己分析が不足していると、自分にやりたいことや向いていることが理解できておらず、仕事に違和感を覚えてしまうことがあります。細かい仕事が向いていないのに経理の仕事に就いた、体力がないのに肉体労働をしているなど、ミスマッチによって転職をしても何が合っていないのか理解していないことによって、再び合っていない転職してしまう可能性が考えられます。

仕事環境・待遇に関しての理想が高い

職場や仕事内容に対する理想が高い場合、ここでは自分のやりたいことができないと感じたり、もっと待遇のいい職場で働くことができるはずと転職を検討する場合があります。スキルに対して待遇が悪い場合は転職によって改善することができますが、もしそれが自分の能力に見合ったものであった場合、転職によって待遇がさらに悪化してしまうことがあります。

自己分析ができていないことにも繋がりますが、自分の過大評価している場合、周囲の評価とのギャップが大きくなります。自分はこんなにできるのに周りが評価をしてくれない、仕事を任せてくれないと感じてしまい、自分の能力を活かせる仕事に転職したいと考えるようになってしまいます。

達成感が早い

入社したときは仕事に対して楽しさを感じていたのに、資格を取ったり、人間関係が円滑に回りだしたり、チームリーダーになったりすることで、やりきったという感覚を感じてしまい転職を考えてしまうこともあります。

認められたいという気持ちが強い

自分はここまでやっているのに、誰も気づいてくれない。前の上司は自分を肯定してくれたけど、今の上司はまったく褒めてくれない。といったように自己肯定を強く求める方は、人事異動や周囲の環境によって評価してくれる人が変わったり、プラスのものがマイナスの見方をされたりすると転職を考え始めます。

仕事が長く続かないことによるデメリット

仕事が長く続かないことによるデメリット

仕事が長く続かなくても次の仕事が見つかればいいのではと考えられる面もありますが、転職を繰り返してしまうことには、基本的にデメリットの方が多くなってしまいます。どのようなリスクが考えられるのかをチェックしておきましょう。

転職をする時に不利になる可能性がある

キャリアアップのために戦略的に転職を計画しているという方もいますが、何度も転職を繰り返してしまうと、採用試験で不利になる可能性が出てきます。

どのぐらいの期間でいくつ転職しているのかにもよるものの、あまりに短い期間で繰り返し行っていると、面接官に転職が多すぎる理由として何か問題があるのではと警戒されてしまうことになります。

すぐに辞めてしまう癖がつく

何度も転職を繰り返すことで、またすぐに次を見つければいい、また転職しようと考える思考癖が付いてしまい、何かきっかけがあった時に仕事を辞めてしまうことに対してのハードルが低くなってしまうということが考えられます。

スキルや経験を積みにくい

ある程度の勤務期間がないと、経験として認められないことが多く、短い期間で辞めてしまうことでスキルが身に付きにくいという可能性が高いです。

3年以内に辞めている場合、経験のある業種に転職をしようとしても、経験者として扱われないという可能性があるため、年齢を重ねるごとに転職活動が厳しいものとなっていくことが考えられます。

経済的に安定しない

仕事を長く続けることで、昇級や出世によって年収を上げたり、賞与をもらえたりということがありますが、仕事が長続きしないと年収を上げる仕事になかなか巡り会うことができず、経済的に不安定になりがちです。

支給される有給の日数が増えていかない

有給休暇は会社によって支給される日数は変わりますが、基本的に勤続年数に応じて有給の日数が増えていくようになっている会社が多いです。転職が多いと勤続年数が短くなり、転職の度にカウントがリセットされるため、なかなか有給の日数を増やすことができなくなります。

回数が増えていくと転職の選択肢が狭くなる

転職の回数が増えてしまうと、採用の段階で面接官に警戒されてしまう、スキルが身に付かず経験者としての採用が難しくなるなど、採用してくれる会社が減っていってしまい、転職の選択肢が少なくなってしまうという可能性が高いです。

選択肢が少なくなれば、待遇のいい企業への転職は難しくなり、自分に向いていない仕事や社員として勤務できなくなるということも考えられます。

転職を決める前に立ち止まって考えてみよう

どうしても今の職場で続けていくのが辛い、キャリアアップのために必要な手段、劣悪なブラック企業から身を守るためなど、必要に駆られた転職であれば、転職は有効な手段です。

もし既に何度か転職をしているのであれば、短期間での転職を繰り返すことのリスクを承知した上で活動を進めていく必要があります。また、状況に応じて転職をする前に準備が必要となるケースがあります。

メンタルが弱さや甘えが原因とはいえない

メンタルが弱さや甘えが原因とはいえない

仕事が長く続かないことで、「自分はメンタルが弱いから、続けられないのだろう」「ちょっと嫌なことがあると逃げたくなってしまうのは、甘えが原因だ」と自分を責めてしまう方がいます。

仕事が長く続かないことには確かにメンタルの弱さや甘えがちな性格が影響を与えていないと言い切ることはできませんが、転職するに至る理由には複合的な要因が絡んでいることがほとんどです。

職場での人間関係はよかったか、働く環境はよかったか、仕事内容は職に就く前のイメージとギャップがあったかどうか、聞いていた待遇と異なっていなかったかどうか、自分の性格や体力に仕事内容が合っていたかなど、転職を検討するときには多くの場合、複数の不満を抱いているといることがあります。

自分に合っていない仕事内容や職場環境ばかりに転職をしている場合には、転職してから早い段階で辞めたいと感じてしまうのは仕方がないとも言えます。

自分を責めて終わりにしてしまうのではなく、現在の仕事でできることを見直してみるか、次の転職こそ自分に合った職場を見つけることを重要視することが大切です。

20代でも転職が複数回あるのは珍しくない

20代でも転職が複数回あるのは珍しくない

以前よりも転職に関して企業は寛容になってきており、20代では転職が複数回あっても影響は少なくなってきています。

しかし、3回目ぐらいから「なぜこんなに転職をしているのか」ということがやや警戒され始め、4回目以降になると必ず転職の理由を聞かれるようになっていきます。面接官が納得するような回答を用意出来なかった場合、面接で不採用になってしまうという可能性が高まっていきます。

仕事が長く続かないのは職場とのマッチング度が低かったから

仕事が長く続かないのは職場とのマッチング度が低かったから

仕事が長く続かないというのは、性格的な問題の他にも、職場とのマッチング度が低いことから生じているという可能性があります。

それまではすぐに仕事を辞めてしまっていたという方でも、相性のいい職場や仕事に出会ったことで長く続いているということは充分にありえることです。ただし、相性のいい職場を求めて転職を続けてしまうというのは本末転倒になってしまうことには注意が必要です。

キャリアアップのためであったり、何か意図的があって短い間隔で転職をしたいという方は引き続き定期的な転職を行っていくのもいいですが、今度こそ長く在籍したいと考えているのであれば、会社や仕事内容と上手くマッチングするための転職活動を意識することが重要です。

安定して長期的に同じ職場で働くために

安定して長期的に同じ職場で働くために

一つの職場で長く働くことができないというのは、性格や考え方によるものの他に、職場や仕事とのミスマッチによって起こっているという可能性があります。意図せず転職を繰り返してしまうことは精神的な負担が大きく、自分を必要以上に責めてしまうということでストレスが溜まってしまいます

転職を繰り返してしまうことで、次第に転職先の選択肢が狭まっていき、待遇のいい職場や自分の望み通りの転職先を探すことも難しくなってくるので、次こそ「転職したいと思わない」くらいにマッチング度の高い職場を見つけたいと思うのであれば、転職エージェントの利用を検討するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば長く続けられる仕事に出会える可能性は高まる

これまでの転職活動で失敗が多いと感じているのであれば、やり方を変えることで、これまでと違う転職の結果に導くことのできることが考えられます。1人での転職が捗々しくなかったのであれば、転職のプロである転職エージェントのサポートを受けることで、長く続けられる仕事に出会える可能性があります。

転職エージェントは、最初の面談でこれまでの経歴や希望条件などの詳細を伝えることができ、希望に沿った会社を紹介してくれるサービスです。

高望みはできませんが、自分に合っている仕事や会社がわからないという場合も、これまでの経歴によって、どのような仕事内容や職場が向いているのかというアドバイスを受けることもできます。

企業の内情を知っているキャリアアドバイザーに、紹介された会社について気になることを詳しく聞くこともできるため、会社を個人で調べるよりも詳しく知った上で転職を行うことができるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書類の添削や、面接対策も行ってくれ、経歴に不安がある場合の伝え方やよりよい質問の答え方などを聞くこともできるので、転職を繰り返しているという方にとって心強いサポートとなります。

内定が決まった後も、待遇や入社日の調整などの交渉をキャリアアドバイザーが行ってくれるため、これから働く職場で口に出しづらい金銭的な交渉も任せることができます

1人で転職活動緒行ってきて仕事が長続きしないのであれば、誰かの手を借りることでそれまでと違う結果になることが考えられます。転職のプロである転職エージェントは無料でサービスを利用することができ、自分に足りなかった視点や人事を知っているからこそのアドバイスを受けて、相性のいい職場に出会う転職を行いましょう