仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事をしたくないと強く思った時に転職を考えるべき理由

毎日仕事で大変な思いをしていたり、つまらなさを感じていると、つい「もう仕事をしたくない」と思ってしまうもの。

そんな時はぜひ一度転職することを考えてみてください。

ただ今のまま過ごしていては、中々いつまでたっても前向きになることはできません。

関連記事

 

仕事をしたくないと強く思った時は転職を考えてみよう

仕事をしたくないとたまに考えることは誰にでもあること。

ただもしもその気持ちが強くなり、それこそ毎日のように考えるようになったら、ぜひ転職することを考えてみてください。

甘えと片付けて我慢しても解決はしない

仕事をしたくないなんて単なる甘え。みんな大変でも我慢して頑張っているし自分も我慢しなくてはいけない。

ついそんなことを考えてしまいがちですが、そう考えるだけでは何も解決はしません。

いつまでたっても仕事をしたくないと思い続け、毎日我慢し続けて、ストレスを溜め続けることになってしまうだけです。

もちろん大変でも頑張らなくてはいけない時もあるし、粘り強くやり切らなくてはいけない時だってあります。

ただ仕事に対して何も楽しいと感じることができず、ただ耐えるだけのものになってしまっているなら、何かを変えなくてはいけません。

辞めるだけはリスクが大きい

仕事をしたくないから一旦辞めて仕事から離れるというのも確かに一つの手段です。

退職して3ヶ月もたてば失業保険もでますし、貯金があるならそういった選択をとることもできるでしょう。

ただ辞めるということにはやはりリスクがあります。

いざ復帰しようにもその時どんな仕事に就くことができるかは未知だし、ブランクによって評価を下げられてしまうことだってありえます。

一旦辞めて休むことを否定するわけではありません。

ただ結局はまた働くことになるのですから、それならばまずは働きながら解決する手段を探してみるべきです。

一旦、転職を視野に入れて動いてみてみる

そこですべきなのが転職について考え、動いてみること。

実際に転職するかどうかはまだ決める必要なんてありません。

色々と求人を見てみたり、転職エージェントと話を聞いてみるだけでもOK。

とにかくやってみることをおすすめします。

仕事をしたくないと感じた時に転職を考えるべき理由

なぜこの時に転職を考えるべきなのか、その理由は以下の4点からです。

視野が広がり、あらためて働き方を考えることができる

仕事をしているとなかなか外の会社について知る機会はありませんよね。

ただ世の中には色々な仕事があるし、働き方にも色々なものがあります。

在宅勤務ができる会社、正社員でも週3休みが基本の会社といったものも多いわけではありませんがちらほらあります。

今を当たり前と思わず、視野を広げてみることによって、自分にとってベストは何なのかがわかるかもしれません。

自分にとって不満なことを明確にできる

今の会社の何が不満なのか、理想と現実にどれほど隔たりがあるのか、本当はどうなってほしいのか。

転職活動をするとそういったことを自然に考えるようになり、自分の中で明確になっています。

ただ我慢して働いていると、仕方がないと割り切り嫌なことに目をつぶってしまいがち。

それでは解決に近づきません。

今より自分に合った仕事が見つかる可能性がある

そこまで転職する気はなくても、いざ転職してみると今の会社より自分に合っているという仕事が見つかるかもしれません。

そして応募してみたら内定を貰えるかもしれません。

転職活動してみればそんな可能性もありますが、我慢するだけではそんな可能性はゼロです。

実際、転職する気はそれほどなかったけどやってみたら良い企業が見つかったので結局転職したという人も意外に多いのです。

やるだけやってみる価値は充分ありますよ。

今の仕事に対するメリットを見いだせる可能性がある

他の会社を調べて今の会社を比較してみると、思いのほか今の仕事にはメリットが大きいと感じることだってありえます。

今の会社だけしか知らなければそれがわかりません。

もしそういったことがわかれば、これまでただ嫌だけだった仕事も少しは前向きになれるかもしれません。

それに先走って辞めた後で、辞めなければ良かったなんて後悔することだって減るはずです。

転職すべきかは後で考えればいい、とにかくまずはやってみる

転職すべきかどうかは今考えなくてもいいです。とにかく大事なのはやってみること。

やってみて良い会社が見つかれば転職に踏み切ればいいし、逆に今の会社の良いところが見つかれば続ければいい。

なにかしらの良いきっかけにはなるはずです。

仕事をしたくないなんて甘えだと片付けてしまうことこそ、よっぽど現実から逃げています。

ぜひこれから取り組んでみてください。

転職するならここがおすすめ

転職するなら以下のものがおすすめです。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連記事

 



このページの先頭へ