「出世」と聞くと、一昔前ならかなりプラスのイメージがありましたが、今の若者には必ずしも当てはまるものではないようです。

むしろ思い浮かぶのは責任感、残業、ストレスといったマイナス要素。では、出世を避けてキャリアを築いていくにはどうしたら良いのでしょうか。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

そもそも出世に向かない人の特徴とは?

最近の傾向として出世したくない人が増えているとはいえ、どのような人がそう思いがちなのでしょうか。

まずはそこから確認していきましょう。

今のままで満足している

現在の業務に大きな不満も無く、給料もそこそこ貰えている。このような状態なら、ストレスが増えるとわかっている出世コースにわざわざ乗ろうとはしません。

むしろ現状維持し続けたいと思っていて当然です。

プレイヤー気質

ひとりで黙々と業務をこなしたいプレイヤー気質の人や、人の上に立つことが苦手な人も出世を避ける傾向にあります。

特に上司と部下の板挟みになるポジションだと、本来の仕事に集中できる時間も減ってしまうので、今の居心地の良さ失ってしまい兼ねません。

ワークライフバランスを維持したい

出世をすれば部下を持つことになり、その分どうしても責任が増えることになります。また仕事の幅も増えるので、残業時間が伸びたり休日出勤が増えてたりするリスクもあります。

今の仕事が好きではない

そもそも今の仕事が好きではなく、いつか転職をしたいと考えている人も出世コースは望まないはずです。

下手に出世してしまうと、いざ転職をするときに引継ぎや代理を探す面倒もかかってしまいますからね。

出世したくない人が取るべき行動3つ

では実際に、出世を避けるにはどのような行動を取ればいいのでしょうか。具体的に3つ挙げていきます。

1.スペシャリストになる

まず1つ目は、自分の得意分野をとことん極めることです。

「この仕事を任せるなら、あの人しかいない」と自他ともに認められるような立場や、資格などの肩書きを持つような職業であれば、プレイヤーとして仕事を続けやすくなります。

2.サブスキルを磨く

スペシャリストになれなくても、サブスキルを磨いてユニークな人材を目指す方法もあります。

例えば営業職の人がイラストや動画を作成するスキルを持っていたとしたら、会社の広報としても活躍することができます。

またサブスキルがあると自然と仕事の幅が広がるので、会社側も無理に出世コースを提案して負担をかけようとはしないはずです。

3.ポータブルスキルを磨く

ポータブルスキルは、いずれ転職したいと考えている人にとって最も重要視してもらいたいものになります。

簡単に説明すると、ポータブルスキルとは「業界や職場、企業が変わっても通用するスキル」のことで、専門知識や営業力などが挙げられます。

これがあれば転職先の幅を広げられるとともに、社内でも部署異動がしやすく、うまく出世を逃れる手段につながります。

関連記事

いずれ出世したい気持ちになるかも?

大人になると子供が可愛く見えるように、気づかぬうちに「部下を育ててみたい」という気持ちが芽生える可能性もゼロではありません。

だからこそ、20代といった若手の人ほど早急に将来を決めるべきでは無いといえます。

そのことを踏まえて、出世コースが匂ってきたと感じたら「人にやってもらうことの習慣化」を始めてみましょう。案外、仕事がスムーズに運んで、実は自分に適性があると気づく可能性があります。

出世しないことにはリスクもある

ここまで出世することのリスクを述べてきましたが、もちろんしないことのリスクもあります。こちらも併せて確認していきましょう。

仕事の幅が広がらない

いくらスペシャリストになれた場合でも、立場が変わらなければ仕事の幅もなかなか広がりません。

同じ会社に安定して居続けられても飽きが来る可能性もあり、いざ職場を離れなければなくなった場合には職種の幅が狭くなることも覚悟すべきです。

同期や年下が上司になっていく

当たり前のことですが、自分が出世しない分、同期や部下の誰かが代わりに出世していくことになります。

例えば、これまでライバルだった同期が出世して敬語を使わなければいけないとなると、何だか歯がゆい気持ちにもなりますよね。

リストラの対象になる可能性も

ミドル層の話になるかもしれませんが、若手でもできる仕事をいつまでも続けている人はリストラの可能性が高くなります。

悲しくも、伸びしろのある若手の方が会社側にとって有益な人材になるからです。

もし経営悪化といった会社の危機が起こった場合、真っ先に自分が対象になる危険も考えておくべきでしょう。

既に出世してしまった人はどうすればいい?

この記事を目にしている人の中には、既に出世してしまって悩んでいる人、今まさに出世の話を振られてあたふたしている人もいるはずです。

ここからはそんなあなたに3つのアドバイスを紹介していきます。

今の状況が辛いと相談してみる

1つ目は、素直に相談してみることです。

上司や人事に「今の仕事量が負担になっていて、パフォーマンスに影響している」「家庭・プライベートの時間を大事にしたい」などと正直な気持ちを伝えましょう。

しっかりとした会社であれば、仕事量を分散させるための人員配置、部署異動といった何かしらの措置を取ってくれるはずです。どんな仕事でも身体が資本ですからね。

転職する

2つ目は、転職してしまうことです。

会社に相談してみても一向に解決してくれず、どんどんストレスが溜まる一方であるなら、場所を変えてしまった方があなたのためにもなります。

また、既に長く働いていて今の仕事が合わないと感じている人や、会社に何らかの大きな不満を抱いている人も転職を選択すべきでしょう。

独立・起業する

3つ目は独立・起業ですが、この単語だけで「ハードルが高い…」と感じる人が多いかもしれません。

確かに準備や知識の会得は大変ですが、その分「会社を立ち上げた」という経験は、今後の転職で非常に強い武器となります。

たとえばゲームが趣味なら、新しいゲームの紹介動画やブログを立ち上げるといったことでも立派な「事業」になります。

もし広げられそうな趣味があれば、それを活用してみるだけでも、大きな人生経験になるはずです。

必要とされる人材であり続けよう

出世を嫌う人が増えているとはいえ、あまり早い段階で将来を決めつけるべきではありません。

ミドル層になればいつか面倒を見なければならない時が来ることも、ある程度覚悟しておくべきだといえます。

だからこそどんな状況にも対応できるように、あらゆるスキルを磨いておきましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


転職サイト|転職エージェント

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。