資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

転職したいと思った時、まず資格をとろうとする人がいますが、資格をとることが正しいとは限りません。

もちろん、資格を持っているから不利になることはありませんが、とりあえず資格をとろうとするのではなく、自分がやりたい仕事、進みたい道から取得するかしないかを決めなくてはいけません。

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:未経験でMRに転職する場合の注意点、MRのメリット、デメリットとは。

スポンサーリンク

資格が必要となる場合や必要ない場合

資格があれば転職で活動を有利に進めることができる。

転職サイトDUDAの「資格を持っていれば転職に有利?」によると、転職の際の資格の有無による選考への影響は以下の通りとなっています。

  • 資格が必須・・・15%
  • 資格があると尚可・・・8%
  • 資格の有無は問わない・・・77%

このように、ほとんどの企業では資格を持っているからといって有利にはなりません。

また、資格が必須という場合も、薬剤師や建築士といった資格を持っていなければ、仕事自体ができない場合が多く、

さらに資格を持っているだけではだめで、実務経験がないと意味がないという企業が85%にのぼります。

すなわち、転職の為に新たに資格をとらなければいけないというのは、資格が必須となる15%のうちの、さらに経験不問である15%であり、全体の2.25%にすぎません。

また、資格を持っていれば有利になる企業も8%しかありません。

この8%も、実務経験が無いと持っていないと同等とみなされる場合も多くあります。

ですから基本的に転職の為にわざわざ資格を取得する必要はありません。

なぜ、ここまで資格取得が重視されないのでしょうか。

薬剤師や税理士いった資格がなければ就くことができない仕事でない限りは、必要ないからです。

資格の有無と、仕事ができるかできないことは関係ない為、資格を持っているからといって優遇はされません。

資格を持っていても、実務経験がないと評価されないということもここからきています。

実務経験があれば、即戦力となると思われますが、実務経験が無く資格だけ持っていても、即戦力とはならないのです。

スポンサーリンク

有利になる資格はどんな資格?

しかし、資格の中にも転職で有利になるものはあります。

薬剤師や税理士、公認会計士といった、転職の為に取得するには非現実的であるものを除き、いくつか紹介しましょう。

宅地建物取引主任

不動産業界に転職をする場合に、持ってると有利になることが多いです。

不動産業を行う場合に、この資格を持っている人がいなければならないという法律もある為、たとえ実務経験が無くとも有利に運ぶことが多いです。

普通自動車免許第一種

営業だと、車の運転ができないとそもそも仕事ができないといったことから、必須としていることが多いです。

持っている人も多く、取得費用も高い為、入社後に会社が取得させるといった形はほとんどありません。

日商簿記検定

簿記検定を持っていることで、事務系、特に一般職で特に優遇されることも多いです。

特に経理関係は知識が必要となる為、基礎知識を持っているという点、苦手意識がない点を証明できます。

簿記検定には3級もありますが、資格を武器にするなら2級を取得する必要があります。

MOS

Windowsのソフトである、officeのスキルを証明するための資格です。

ExcelやWordは使えて当然と思っている企業お多いですが、意外に使えない人も多い為、証拠として使えます。

しかし、企業はそこまで高度なスキルを求めているのではない為、使える証拠程度に思っておいたほうがいいです。

資格取得を目指すかどうかは自分のやりたいことを考えて決める

転職で有利になる資格は限られます。

もし、それが自分のやりたい仕事、転職したい仕事であるならば、取得を目指してもいいでしょう。

しかし、そうでなければ、とりあえず資格をとるのではなく、転職活動を進めるべきであると言えます。

もちろん、資格をとることが全くの無意味であるとは言いません。

取得することによって、やる気がある、熱意があると思われることもあります。

ただ、スキルとして見てくれることはめったにありません。

転職することが目標であるならば、転職活動も同時に進めていかなくてはなりません。

資格がないと転職できないと思っているならば、まず実際に転職活動を始めてみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

関連:転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?

関連:転職したい時、何をすべき?何故なかなかできない?

スポンサーリンク



このページの先頭へ