資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

転職したいと思った時、まず資格をとろうとする人がいますが、資格をとることが正しいとは限りません。

もちろん、資格を持っているから不利になることはありませんが、とりあえず資格をとろうとするのではなく、自分がやりたい仕事、進みたい道から取得するかしないかを決めなくてはいけません。

資格が必要となる場合や必要ない場合

資格があれば転職で活動を有利に進めることができる。

転職サイトdodaの「資格を持っていれば転職に有利?」によると、転職の際の資格の有無による選考への影響は以下の通りとなっています。

  • 資格が必須・・・15%
  • 資格があると尚可・・・8%
  • 資格の有無は問わない・・・77%

このように、ほとんどの企業では資格を持っているからといって有利にはなりません。

また、資格が必須という場合も、薬剤師や建築士といった資格を持っていなければ、仕事自体ができない場合が多く、

さらに資格を持っているだけではだめで、実務経験がないと意味がないという企業が85%にのぼります。

すなわち、転職の為に新たに資格をとらなければいけないというのは、資格が必須となる15%のうちの、さらに経験不問である15%であり、全体の2.25%にすぎません。

また、資格を持っていれば有利になる企業も8%しかありません。

この8%も、実務経験が無いと持っていないと同等とみなされる場合も多くあります。

ですから基本的に転職の為にわざわざ資格を取得する必要はありません。

なぜ、ここまで資格取得が重視されないのでしょうか。

薬剤師や税理士いった資格がなければ就くことができない仕事でない限りは、必要ないからです。

資格の有無と、仕事ができるかできないことは関係ない為、資格を持っているからといって優遇はされません。

資格を持っていても、実務経験がないと評価されないということもここからきています。

実務経験があれば、即戦力となると思われますが、実務経験が無く資格だけ持っていても、即戦力とはならないのです。

有利になる資格はどんな資格?

しかし、資格の中にも転職で有利になるものはあります。

薬剤師や税理士、公認会計士といった、転職の為に取得するには非現実的であるものを除き、いくつか紹介しましょう。

宅地建物取引主任

不動産業界に転職をする場合に、持ってると有利になることが多いです。

不動産業を行う場合に、この資格を持っている人がいなければならないという法律もある為、たとえ実務経験が無くとも有利に運ぶことが多いです。

普通自動車免許第一種

営業だと、車の運転ができないとそもそも仕事ができないといったことから、必須としていることが多いです。

持っている人も多く、取得費用も高い為、入社後に会社が取得させるといった形はほとんどありません。

日商簿記検定

簿記検定を持っていることで、事務系、特に一般職で特に優遇されることも多いです。

特に経理関係は知識が必要となる為、基礎知識を持っているという点、苦手意識がない点を証明できます。

簿記検定には3級もありますが、資格を武器にするなら2級を取得する必要があります。

MOS

Windowsのソフトである、officeのスキルを証明するための資格です。

ExcelやWordは使えて当然と思っている企業お多いですが、意外に使えない人も多い為、証拠として使えます。

しかし、企業はそこまで高度なスキルを求めているのではない為、使える証拠程度に思っておいたほうがいいです。

資格取得を目指すかどうかは自分のやりたいことを考えて決める

転職で有利になる資格は限られます。

もし、それが自分のやりたい仕事、転職したい仕事であるならば、取得を目指してもいいでしょう。

しかし、そうでなければ、とりあえず資格をとるのではなく、転職活動を進めるべきであると言えます。

もちろん、資格をとることが全くの無意味であるとは言いません。

取得することによって、やる気がある、熱意があると思われることもあります。

ただ、スキルとして見てくれることはめったにありません。

転職することが目標であるならば、転職活動も同時に進めていかなくてはなりません。

資格がないと転職できないと思っているならば、まず実際に転職活動を始めてみましょう。