転職の市場価値診断、テストの種類や知っておく必要性

自分の転職市場価値はいったいどれくらいなんだろうと気になったことはありませんか?

転職するにしろ、今は転職を考えていないにしろ、自分の市場価値を知っておくことは、大切なことです

そこで、今回は転職市場価値診断の必要性や、無料でできる診断テストの種類について紹介します。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

転職市場価値診断の必要性

自分の市場価値を知っておくことは、多くのことに役立ちます。

年収の妥当性がわかる

市場価値診断を実施する最大のメリット、現在の年収の妥当性がわかることです。

年収はその人個人の能力ではなく、会社による場合がほとんどです。

いくらスキルを持っていても、多くの経験をしていても、同じ会社にいてはそれが年収アップにはつながりません。

実は、他の会社で働けば、今よりもかなり高い年収を貰うことができる場合があるのです。

実際、転職することで年収アップにつながる人は非常にたくさんいます。

今後、伸ばしていくべき能力がわかる

一つの会社にいると、その会社に必要とされる能力ばかりが身についていきます。

効率の良い人ほど、無駄な能力は身につけてなく、基本的な能力すら身につけていないこともあります。

しかしそれでは、他の会社で全く通用しなくなってしまいます。

最後まで同じ会社で働くことができれば問題ありませんが、絶対大丈夫と言える人はいないでしょう。

どんな企業だって何が起こるかわかりません。

他の会社でも通用する能力をみにつけて行く為に、まずは何が必要とされていくかを知ることが大切です。

他の人との相対位置がわかる

他の転職者との相対的な位置がわかります。

こういったものも、自分が転職すべき人間なのか、それとも今はまだ辞めておいたほうがいいのかということを掴むヒントになります。

転職しようかどうしようかという、答えがでていない状態は最も避けたい状態です。

転職活動にも力を入れれず、今の仕事にもモチベーションがあがらないという状態は、マイナスでしかありません。

とは言え、多くの人にそういう時期は来るものです。

市場価値診断は、その状態を抜け出すきっかけにもなるでしょう。

思わぬ企業と巡り合える

転職サイトでの市場価値診断は、実際に受けるオファーから算出される場合と、いくつかの質問に回答するタイプがあります。

後者の場合でも、その質問に回答することで、オファーが来るようになります。

これまで知らなかった企業からオファーを受けるということは、大きなメリットです。

一つの会社で働いていると、どうしても視野が狭くなってしまいます。

無料市場価値診断テストの種類

先ほども述べましたが、市場価値診断は2つの種類があります。

それぞれについて紹介していきましょう。

実際に来るオファーから価値を診断

転職サイトでは、スカウト機能という、レジュメを登録することによって企業からオファーを受けることができるシステムがあります。

そして、こおオファーの数、質といったものから自分の市場価値を算出することができます。

その例がリクナビネクストです。

オファーから算出される、転職市場におけるランキングを見ることができ、また実際にオファーがもらえる為、その内容からどういった自分の能力が評価されていくかがわかります。

以外な業界からオファーを受けることもある為、自分の価値について新たな気づきもあるでしょう。

実際に来るオファーから算出される為、レジュメをしっかり書けば、それなりに正確な結果として把握できるでしょう。

市場価値を診断する⇒リクナビネクスト

質問の答えて価値を診断

複数の質問に答えることで、市場価値を診断するという方法もあります。

その例が、ミイダスです。

このサイトでは、複数の質問に答えると、あなたの適正年収がどの程度かということを算出してくれます。

あくまで質問に答えるという形の為、実際にオファーを貰って算出するよりが精度が落ちますが、

簡単、かつ短時間で算出できる為、気軽に実施できるのが特徴です。

また、このサイトでは診断テストに登録するだけで、面接確約のオファーも来る為、気楽の転職したい人にとっては便利なサイトです。

適正年収を診断する⇒ミイダス