仕事で成功するには?成功の定義や成功する為の秘訣

生活の大半を占める仕事において、成功したいと考えるのはとても普通のこと。

ただ実際は、仕事において自分は成功したと感じる人はかなり少数であり、多くの人は過去を振り返り後悔しています。

では仕事で成功するには一体どうすればいいのでしょうか。

関連;今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連;仕事で成長できない。転職すればもっと成長できるものなのか。

そもそも仕事で成功するとは?

仕事で成功したい。そう考えているならまずは成功って何なのかというところから考えてみなくてはなりません。

年収1000万円貰うこと?出世して役員になること?起業して億万長者になること?

成功の形というのは人によって異なります。

成功する為に必要なものとして何が必要かと問われた時、仕事での成果、上司へのごますり、学歴、資格、チャレンジ精神、運といったものが考え付きますが、成功の形によっては全く意味がない場合だってあります。

人によっては年収はほどほどでいいから残業ゼロの仕事についてのんびり仕事をできることを成功と考える人だっているでしょう。

成功の形は人によって違うのですから、成功の為のたった一つの方法なんてありません。自分の頭で何をすべきかを考えなくてはならないのです。

成功する為の秘訣

では仕事で成功する為に何をすべきか、具体的にその秘訣を紹介します。

自分の成功の形を明確にする

何はともあれまずは自分にとって成功の形を明確にすることが必要です。

高年収なのか、会社内での地位なのか、それ以外なのか。

まずはそこを明確にしないことには具体的に何をしていけばいいのかなんてわかるわけがありません。

方法と必要なものをはっきりさせる

成功の形が明確になったら方法と必要なものをはっきりさせましょう。

例えば年収1000万円が目標としましょう。

年収1000万円以上の給料を貰っている人はたったの4%であり、かなりの難易度があることです。

それを達成させる為の方法として考えられるのが出世、転職、副業。

今の会社でどの地位まで上り詰めれば1000万円になるのか、今の会社ではどうあがいても無理だから転職しなくてはならないのか、それとも副業として何かやったほうがいいのか。

出世で1000万円を目指すなら、今後どういった働き方が求められるのか、どういった能力を身につけなくてはならないのか。

より細かく方法とその方法を行うために必要なものを考えてみてください。

その際、自分の能力や自分の置かれている環境に関して客観的に見つめるということも大切です。

例えば、出世競争から外れてしまった人が今からそれを逆転できるような期待をしても、会社によってはいくら頑張ってもどうあがいても無理だという場合だってあるわけです。

客観的に判断して可能性の高い方法、可能性の低い方法をしっかり見極めていかなくてはなりません。

自分でコントロールできること、できないことをはっきりさせる

仕事には自分だけでコントロールできることと、できないことがあります。

それをたぶんなんとかなるだろう、たぶん上手くいくだろうと考えていてはだめ。

コントロールできないことを以下に少なくし、それをフォローできる手段をつくるということが必要になってきます。

変化を恐れない

方法もわかり必要なこともわかった。あとはやるだけだ。

そうなっても多くの人は変化することを恐れて何もしようとしません。いつかやる、いつかやると後回しにして結局やらないまま、手遅れになってから後悔するのです。

変化が必要なのに変化することを躊躇していては、絶対に成功に近づくことなんてできません。

常に情報をとりにいく

情報に関しては常にとりにいくように心がけてください。情報は常に変わっていきます。

待っているだけで入ってくる情報なんて限られており、自分からとりにいかなくては知りえないことのほうがずっと多いのです。

インターネットが普及している今、情報収集の手段は何でもあります。

狭い世界で生きず視野を広げる

一つの会社でサラリーマンとして働いていると、どうしても狭い世界で生きがち。

なぜか今の環境が当たり前になってきて、外の世界も同じようなもんだと決めつけてしまいがちになってしまいます。

今いる環境は普通ではありません。あなたが当たり前だと思っていることは、一歩外にでれば決して当たり前のことではないのです。

一発でなんとかするのではなく、ステップアップしていく意識も必要

何かを求めた時、人は一発で成功させようとしてしまいがち。

ただ一発で成功することができるなんてことは稀で、ステップアップしていく必要があるのです。

わかりやすい例で言えば年収。

年収500万円の人が年収1000万円欲しいと思った時、最初の転職で年収1000万円達成できる可能性は低いでしょう。

まずは年収700万円程度の会社に入ってその会社で仕事の経験やスキルを身につけ、また転職することで年収1000万円以上を目指すという形の方がずっと可能性があります。

いきなり大きな一歩を踏み出すのではなく、まずは小さな一歩でもいいので動き出してください。

転職サイトや転職エージェントは転職する時にはもちろんですが、そうではない場合であっても情報収集や自分を客観的に見るといった点でも非常に有効的です。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連;転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連;転職したいけどできないと悩むなら、その理由を一つずつ潰していくことが必要