転職するのは悪いことではない。人材が流動的になることはもっと推奨すべきこと。

日本では、終身雇用制度が一般的なものとなっていたため、「転職することがどこか悪いこと」といった風に考えられていることがあります。

ただ、転職することは本当に悪いことなのでしょうか。

むしろ転職を推奨しない環境のほうが、企業にとっても人材にとっても危険性は高くなってしまうのです。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職が悪いというイメージが引き起こす問題

転職が悪いというイメージは企業や人材にとってどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

今回は、その問題点について「人材面」、「企業面」の双方から紹介していきましょう。

キャリアアップのチャンスがなくなる

まず一つ目がキャリアアップのチャンスがなくなってしまうという点です。

新卒時にどこに入社したかによって、会社生活の人生が決まってしまうなんてことは、決して正しい形とは言えません。

企業の実態を入社前に知ることは難しく、就活生の多くは内定欲しさで必死になることが基本となってしまい、企業を真の意味で知ろうとすることはなかなかできません。

そのため、就活生の多くは入社後に同じ仕事をやっていても会社によって待遇も全然異なることや、成果をだして出世したところで他の会社の平社員にすら及ばないなんてこと、の2つに気づくのです。

このような後出しじゃんけん型の新卒一括型採用は、ベストな採用戦略とは言えません。

本来会社は能力給を採用して、優秀な人の待遇を向上させていくべきなのです。

そして、より優秀な人を採用することで企業としてのレベルもアップさせていくことが基本でしょう。

しかしながら、多くの優秀な人がそれに見合わない待遇を受け入れて、新卒で入社した会社で働き続けています。

企業の労働条件が改善していかない

転職が頻繁に行われていない状態であれば多少給料が悪くても、職場の環境が悪くても人材は流出しません。

そのため、企業は人材流出を防ごうと労働条件面を改善しようとしません。

だから、ブラック企業はブラック企業であり続けるし、サラリーマンの平均年収は全然上がりません。

このようなことから人材の流動性がないことは労働者にとってはデメリットであることが明らかですが、実は企業にとっても大変なデメリットとなっています。

なぜなら、ずっと働かせて見返りが低い場合、社員のモチベーションが低くなり、仕事がおざなりになり労働者の生産性が低下するためです。

社員のモチベーションがずっと低いと、「いいものを作ろう」や「いいサービスをお客さんに提案しよう」といったクリエイティブ精神も失われていくことになります。

そういったことがずっと続いていくと、しだいに企業が本来保有していた競争優位性も失われていってしまいます。

なので、本来は会社と労働者が対等の立場に立ち、会社側も辞められるかもしれないという危機感を持つべきなのです。

しかし多くの企業には、危機感があまりなく労働者よりも自分たちの方が優位であると考えているのが現実です。

なぜ社会は転職を悪いことだと考えるのか

では、なぜこれほど転職せずに定年までいることが良くないのにも関わらず、いまだに社会も転職を悪いことだと考えるのでしょうか?

これらの考え方は、社会における都合上の問題や旧来からの考え方や価値観などが原因となっています。

今回はこれらについてより詳しく見ていきましょう。

キャリア感がアップグレードされていない

「転職してキャリアを積み上げていく」といったキャリア観はいまだに多くの企業に受け入れられていません。

なぜなら、日本には旧来から新卒一括採用が根付き、会社のプロパー社員が役席を占めるといった組織構造をしているためです。

多くの日系企業では依然として中途採用は部長までしか上がれず役員になることが出来ません。

プロパーで役員になった多くの人は、「キャリアは同じ会社でずっと積み上げるべき」と考えており、中途で入ってきたたたき上げ社員のことを警戒しています。

そのため、組織の新陳代謝が行われず、なかなか会社自体の価値観がアップグレードされることはありません。

また経営陣以外のミドルマネジメントも、過去にはその新卒一括採用で組織を回してきた実績があることから「このままでいいや」といった妥協観が生まれてキャリア感をアップグレードすることはありません。

転職するのは逃げだと考える人がいるため

「転職するのは逃げ」だという考えは経営陣だけでなく、幅広い階層の社員にいきわたっています。

なぜなら日本では元来から「石の上にも3年」といったような、耐え忍ぶことを最優先とする価値観が尊重されているからです。

そのため、耐えられなかった人に対しては、「自分の方が辛かったのになぜ?」と思い厳しい評価を下す傾向があります。

仮にポジティブな理由で退職しても、面接官にはそうみられないのはこのような価値観が影響しているのでしょう。

いまは転職自体珍しいものではない

令和2年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省

厚生労働省の「雇用動向調査」によると現在では男性では12.7%が、女性では14.3%が20~24歳までの間に転職を経験しています。

一方で、定年するまでの35~60歳までの男性は転職している人数が10%以下になっています。

これは、転職の募集要項でマネジメント経験が求められており、多くの男性が「転職したくてもすることが出来ない」状況に追い込まれたことが原因であると考えられます。

女性の正社員の転職状況は産休や育休が考慮されているためか男性よりも比較的高い数値となっています。

定年を迎えた後の男性は実に12%もの人が転職を経験しており、実に10人に1人が転職していることがわかります。

このようなことを鑑みて、次に年代別転職回数を見てみましょう。

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態

年代別転職回数を見てみると転職が一番できなさそうなイメージがあった50代の転職回数が非常に多い結果となりました。

50代では実に46%もの人が2回以上の転職を経験していることがわかります。

一方で20代は転職したことない人も76%おり、転職していない人も依然として多い数値となっています。

50代の人は1990年代に新卒で入社した人が多く、そのころには新卒採用一括採用が今よりもはるかに深く根付いていて新卒ではあまり転職することが出来ない環境の方が多くいました。

それにもかかわらず、数値が非常に高い結果になったことから、今20代の人が50代になる頃には転職回数がより多くなることが予想されます。

このようなことから、転職は今となっては珍しいものではないということが出来ます。

転職のし過ぎには注意が必要

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態

見出しにもある通り、転職は今となっては珍しいものではないものとなっていますが、転職のし過ぎは要注意です。

なぜなら、人事が転職をしすぎた場合には本人に問題があると考えるためです。

リクナビネクストの調査によると、40%もの人事が転職歴が3回目からは少しネガティブな印象を持つことが明らかになっています。

そのため、転職をするにしても「転職のし過ぎ」には注意しましょう。

転職をしたときに企業側に発生するデメリット

転職が悪いことという認識があり、人材流動が活発ではないことは、企業にとって大きなメリットがあるのです。

今回は①教育面②労務面の2つに着眼してこれらについて見ていきましょう。

教育上のデメリット

転職を頻繁に行うことはあまり会社にとっては都合の良いものではありません。

なぜなら、日系企業は前述したように、新卒一括採用で採用した社員が多くを占めていて、会社には独自の文化や組織的な手続きが根付いていることが多くあり、他の会社とは全く慣例が異なっていることがほとんどであるためです。

そのため、企業の多くは新卒採用を推し進め組織的な手続きをOJTや研修で教え込み、一括で教育を行うことを依然として好んでいます。

一方でカルチャーが全く異なるところから来た中途採用は、新卒と比べて教育コストが大きくかかってしまうため、企業は採用を忌避したがるのです。

労務上のデメリット

労務上においても転職が多いことはデメリットとなります。

なぜなら人材の流動性が増すということは、悪い環境でも働き続けてくれる人が少なくなるためです。

また辞めていく人が多くなればなるほど、その企業は人材不足に悩まされ最終的には組織運用がうまくいかなくなるかもしれません。

仮に中途採用を行うとしても、年収の交渉なども行わなければならず、人件費が高騰することもあり、思うように人を雇うことが出来なくなる可能性だってあります。

これらのことから転職は悪いこと、リスクのあることのようなイメージが労働者側にあって、労働者が転職に対して消極的であればあるほど企業にとってはありがたいのです。

転職したいなら絶対に転職すべき

現在は転職がやりにくいものではなく、むしろやりやすい環境となっています。

入社1年目から3年目の人を対象として第二新卒の需要は多くなっているし、経験者採用であれば転職によって年収があがる人も多く、キャリアアップを実現させています。

実際の転職では、失敗した人よりも成功させた人の割合のほうが高く、転職が悪いというイメージとは真逆である結果がありますが、あまり知られていません。

まあ周囲の人間として転職されると困ることが多いでしょうし、成功されたらされたで妬んでしまいますから、転職しないほうが良いともいうし、悪い面を大げさに言うものです。

ただ、もしあなたが転職することを意識しているならば、無駄に人の意見を聞いたり、変なイメージを持つことで転職しない方に流れるのではなく、絶対に転職すべきであると考えます。

転職は決してマイナスなものではありませんし、特殊なことでもありません。むしろプラスのことであり、一般的なことなのです。

転職するなら早い方がいい

【転職成功者の年齢調査】平均年齢やコロナの影響、年代別のポイントは? |転職ならdoda(デューダ)

転職したいと思ったら早ければ早いほど転職を成功させることが出来ます。

dodaの調査によると実に38.8%もの人が25~29歳の間に転職を成功させています。

30歳を超えると途端に転職することが難しくなるうえ、そこからは年齢が上昇していけばしていくほどさらに転職成功率は低くなっていきます。

そのため、転職をしたいと思った方は一刻も早く行動へ移すことがおすすめです。

転職に向けて

では最後に転職に向けた取り組み方について紹介します。

転職は、なんでもかんでもがむしゃらにやればいいというものではなく、それなりに戦略をもって、上手く進めていく必要があります。

その為にも、転職サイトや転職エージェントは最大限フル活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


転職サイト|転職エージェント

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。