仕事に理想と現実にギャップを感じて転職するのは有りか。時には受け入れることも必要。

就職して間もない新卒社員が退職する理由としてよくあるのが理想と現実のギャップ。

就職するまでは色々と希望を抱いていたものが、実際に働いてみると全くことに気が付いてしまい、仕事をするのが嫌で嫌で仕方なくなってしまう人が多数いるのです。

ただ、本当にそんな理由で仕事を辞め転職してもいいものなのでしょうか。転職したところで結局は現実の厳しさに打ちひしがれるものではないでしょうか。

関連:新卒入社1年目で会社を退職。第二新卒の転職を成功させることができた理由。転職に踏み切る勇気も大事

関連:第二新卒の転職で失敗し辞めたことを後悔。それでもなんとかやり直せた体験談

就職して感じる理想と現実のギャップ

働いてみると、理想と現実が違うことなんて山ほどあります。

クリエイティブな仕事が入って就職したのに、大半が雑務に追われたり、

周りの人と仲良く楽しく仕事ができると思ったら人間関係が悪かったり、

想像以上に仕事での責任が重たかったり、

毎年給料が上がっていくと思っていたらほんのわずかしか昇給しなかったり、

順調に出世できると思っていたら全然評価されなかったり。

他にももっともっとあって、挙げればきりがないでしょう。

多少の違いであれば、まあ仕方ないと受け入れることができるかもしれません。

ただ。抱いていた理想とかけ離れていればかけ離れているほどに、感じるストレスは大きいものとなります。

その結果、こんな仕事をやりたくない、こんな会社にいたくないと仕事を辞めてしまうことになるのです。

理想ばかりでは転職しても変わらない

では、もし仕事を辞めて転職すればあなたが抱いていた理想は現実のものにすることができるのでしょうか。

会社に属して働くということはそんなに甘いものではありません。

給料を貰うという以上、学生の頃のように好きなことばかりするわけにはいきませんから、希望通りにいかないことなんて山ほどあります。

じゃあ辞めたところで意味がないかというと必ずしもそういうわけではありません。

理想と抱いているものには2種類あります。

現実を知った上で抱く理想と、現実に目を向けることないままに抱く理想です。

前者であれば、転職することによって解決する可能性はあります。実際、会社が変わればたくさんのことが変わる為。多くの人が転職したことによって不満を解消できたという事実もあります。

しかし後者であれば転職したところでまた同様にギャップを感じてしまう可能性は非常に高くなってしまうでしょう。

どんな会社であっても実現できない理想を抱いていれば当たり前のことです。

現実に目を向けることは絶対に必要

結局働くという以上、どこかで現実に目を向けなくてなりません。

よく3年働けという言葉があるのは、だいたいそれぐらいたてば現実を受け入れるようになって、その中の理想を抱くようになることができる為です。

では3年は働かなきゃいけないのかというわけではありません。

別に3年立たなくても現実を受け入れた上で考えていることができている人もいますし、そんなこと言ってられないくらいブラック企業である場合もあります。

ただ、転職を考えたら一度は現実に目を向けてみることは意識しなくてはいけません。

転職すれば解決できるのか、自分の理想は単なる夢物語になっていないか。

転職するのはそれをじっくり考えてからでも遅くはないはずです。

転職によって解決できるかを知る

あなたが転職したいという理由が、本当に転職できるのかどうかという判断はなかなか難しいかもしれません。

今のひどい状態が現実だという誤った認識を持ってしまい、本来転職すれば解決できる問題なのに、転職したところで何も変わらないだろうと思い何もしない人も少なくありません。

そうならない為にもまずは転職活動はしてみましょう。転職するかどうかは内定を貰ってから判断しても遅くはありません。

転職活動をしていると、色々なことが見えてきます。今の仕事が逆に良く見えてきたなんていうパターンもあり得ます。

少なくともただじっとしているよりは得るものが大きいはずです。

転職活動をする場合には転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:第二新卒の転職で失敗する人の特徴。成功させたいなら注意しておこう。