仕事が遅い人の特徴や対処法、遅い原因は能力の問題だけではない

丁寧に仕事をすることは大切なことです。

しかし、いくら丁寧でミスがないとしても、仕事が遅いとあまり意味がなくなってしまいます。

働く上で仕事をこなすスピードは大切なものです。

仕事が遅いと、上司からの評価が悪くなったり、遅くまで残って仕事をしなくてはいけなかったり、家にまで仕事を持って帰ってきたりする人もいます。

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

仕事のスピードは能力の違いだけではない

中には、特に何も考えなくても、単純に頭の回転が速かったり、一つ一つの仕事のスピードが速い人がいます。

書類を作成するにしても、普通の人が順序を考え、組み立て、一つ一つ書いていくのに比べ、

仕事が早い人は、特に何も考えずにスラスラと書いていってしまうなんてこともあります。

それは元々の頭の良さ、経験といったものに作用されます。

すなわち、その人の能力によって仕事のスピードに違いがあります。

しかし、仕事のスピードはそれだけで決まるものではありません。

他にも様々な原因があります。

仕事が遅い人は、つい能力の低さを原因にしがちですが、実際は他の原因があるかもしれません。

仕事が遅い人の特徴

では、仕事が遅い人の特徴を紹介していきます。

もし当てはまっているなら、直していく必要があるかもしれません。

完璧なものを求めている

一つを丁寧に確実に行うことは大切なことです。

しかし、それが行き過ぎてしまうと、一つの仕事に時間をかけすぎてしまうことにつながります。

完璧な状態を求めてしまうと、仕事は終わりません。

次から次へと気になることがでてきます。

重要な部分を見極め、ある程度で見切りをつけることは大切です。

人に聞くことを躊躇する

仕事が遅い人は、何でもかんでも自分で解決しようとしがちです。

人に聞けばすぐ解決できることも、自分で調べた結果1時間も2時間もかけていたんでは時間がなくなります。

聞くことを躊躇する理由には色々あって、人に聞くことが恥ずかしいと思ってしまったり、そもそも聞く人がわからないなんていうこともあるでしょう。

行き当たりばったりの仕事をしている

たくさん仕事がある中で、とにかく行き当たりばったりの仕事をしていると、時間は余計にかかります。

仕事は順序だてて、重要度、納期を考慮しながら優先順位をつけ進めていかなくてはいけません。

行き当たりばったりの仕事をしていると、中途半端に色んな仕事に手をだしてみたり、やたらと振り返ることが多くなってしまいます。

その結果、無駄な時間が多く存在することになります。

机、パソコンの中が整理されていない

机が汚いことは、仕事が遅い大きな原因となります。

机が汚く書類が整理されていないと、必要な書類を探すのに時間がかかります。

それはパソコンも同様で、パソコンの中に保存しているデータを整理していないせいで無駄な時間がかかります。

たいしたことがないと思うかもしれませんが、これによって無駄にしている時間は非常に多いのです。

適切に休憩をとっていない

集中力はそんなに長くはもちません。

そんな中、無理に仕事をし続けると、常に集中力が低下した状態で仕事をすることになります。

それならば、適度に休憩をとりながら仕事を行ったほうが集中力の高い状態で仕事に取り組めることになる為、仕事をこなすスピードは早くなります。

仕事に対するモチベーションが低い

仕事に対するモチベーションと仕事をこなすスピードは関連しています。

仕事がつまらない、やる気がおきない状態だと、仕事に対して集中することができませんから、当然仕事は遅くなります。

本人はそれでも頑張らないとと思い、頑張っているつもりにはなりますが、違うことを考えてしまったり、仕事をだらだらやってしまったりと、仕事は自然と遅くなってしまいます。

頭を使わない

経験によって仕事のスピードは上がってきます。

しかし、頭をつかわなければ工夫をすることもなく、いつまでたっても同じやり方で仕事をすることになり、仕事のスピードは速くなっていきません。

新入社員の時は許されていても、年数がたつともっと早く仕事をすることを求められます。

常に工夫しなくてはいけません。

仕事が遅いと感じたら自分を変えてみよう

仕事が遅い原因を能力で片づけてしまうと、何の進歩もできません。

それよりも、自分ができる範囲で、どこに問題があり、どこを直していけばいいのか考えることが大切です。

仕事のスピードは自分次第でいくらでも早くすることはできます。

そうすることで、仕事も辛いものから楽しいものへと変わるかもしれません。

社会人はチェック!!

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は約10万件、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?