面接後にお礼状を書いた方が良いのか悩んだりしてませんか。

面接をしてもらった後のお礼状は必ずしも送るべきとは言えませんが、送った方が良い場合があります。

送るべきか否かと同じくらい悩むことの多いお礼状の書き方のポイントをテンプレートと併せてまとめてみしたので、お礼状の書き方に悩んだ時にも参考にしてみてください。

お礼状は書くべき?

面接をしてもらった後のお礼状は書くことが必須のものではないので、お礼状の有無は合否に影響はありませんが、合否判定に悩んでいる場合や応募者が複数いる場合には、お礼状が合否判定に影響を与える場合があります。

お礼状を送ることが必須ではないので、書いたからといって選考が有利になるわけではありませんが、「感謝」と「熱意」を伝えることが主な目的とされるお礼状を書くことで、面接をしてもらったお礼と働きたい強い気持ちを直接企業に伝えることができたという納得感を得ることができるので、志望度の高い企業に対しては送っておくと良いでしょう。

お礼状のポイント

お礼状は内容のポイントや注意点を押さえて書くことはもちろん、応募している業界や企業によって手紙とメールを変えることも、好印象のお礼状を送る上で重要です。

お礼状に書く内容と送る形式の選び方のポイントや注意点を解説します。

お礼状に書く内容のポイントと注意点

お礼状は「感謝」と「熱意」を伝えることが主な目的ですが、志望度の高さを伝えながら自己PRを盛り込まないよう注意が必要です。

お礼状に書くべき内容と書かない方が良い内容をチェックしていきましょう。

感謝と熱意を伝える

そもそも、お礼状の目的とは「感謝」と「熱意」を伝えることです。採用担当の方は、面接日程の調整や面接当日の準備など、応募者のために多くの時間を割きます。

担当者が貴重な時間を割いてくれたことに感謝することで、相手がしてくれたことに対してお礼ができる配慮があることのアピールにつながります。

また、送ることが必須ではないお礼状をわざわざ書くという行為から、企業側は応募者の希望の会社で働きたいという気持ちの強さを感じとることができ、仕事にも真剣に取り組んでもらえそうといった印象を与えられるでしょう。

志望度の高さを伝える

志望度の高い方は入社後に熱心に仕事に取り組む可能性が高いと見なされるので、志望度の高さは合否を左右する重要なポイントの一つです。

そこで、面接をしてくれたお礼と共に、面接を通して働きたい気持ちが強まったこと、前職での経験を活かして貢献したいことなど、志望度の高さが伝わるご自身の気持ちもお礼状に書くことをおすすめします。

自己PRを入れない

志望度の高さを伝える際、自己PRはお礼状を書く目的からずれるので、自己PRととらえられるような内容にならないよう注意が必要です。

「前職での経験を活かして働きたい気持ちが強まった」「○○という強みを活かして貴社に貢献したい」という書き方であれば熱意や志望度の高さが伝わりますが、「○○という強みを活かしたい」という書き方だけでは、自己PRで終わっている印象を与えます。

自己PRがお礼状の目的ではないことに加え、面接時にするべき自己PRをお礼状で伝えるということは、面接の挽回を図ろうとしているのではと担当者に思われ、印象が悪くなる恐れがあります。

志望度の高さを伝える内容が自己PRになっていないか確認した上でお礼状を送りましょう。

お礼状を手紙とメールのどちらで送るかの判断ポイント

お礼状を手紙で送るかメールで送るかというのは、内容と同じくらい悩むポイントです。

手紙とメールのどちらが適切かというのに明確な決まりはありませんが、業界・企業によって好まれる形式に傾向はあります。

それぞれの形式が好まれる業界と企業の違いを把握し、志望する企業に合う形式でお礼状を送りましょう。

手紙がおすすめの業界・企業

銀行や証券といった金融系やメーカーなど、手堅いイメージのある業界は手紙が好まれるでしょう。

担当者が年配の方の場合も手紙が無難です。

手堅いイメージのある業界・企業や年配の方の場合、メールは軽い印象を与える可能性があるので、お礼状が選考を不利にする懸念材料とならないためにも、手紙を郵送すると良いでしょう。

メールがおすすめの業界・企業

外資系やベンチャー企業といったスピードや効率重視の業界・企業へのお礼状はメールをおすすめします。

すぐに相手に届けられるメールであれば、担当者もすぐにお礼状に目を通すことができ、面接の印象が鮮明なうちに熱意や志望度の高さが伝わる、スピーディーに仕事ができるアピールにつながる可能性があります。

お礼状の書き方

お礼状には下記の7つの必須事項があります。

時候の挨拶がお礼状を出す時期によって変わるように、お礼や志望度の高さといったご自身の気持ちを伝える文章の内容は企業ごとに変わると考えられますが、必ずお礼状に書くべきことは押さえましょう。

〈お礼状7つの必須事項〉

記載すべき項目は全部で7つに分けられます。

下記の内容をしっかり記載すれば少なくとも失礼にあたるお礼状になることはありません。

①面接担当者の名前

お礼状の一番最初には、「会社名」「部署名」「担当者名」を書きます。

会社名と部署名は省略せず((株)〇〇ではなく「株式会社〇〇」)、誤字に注意して正確に記入しましょう。

②頭語

ビジネス上の文書のやりとりでは「拝啓」を用いるのが一般的です。

③時候の挨拶

ビジネスでは季節を問わず使用できる「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」を用いるのが一般的ですが、「秋晴の候」といった季節の挨拶と組み合わせると、事務的な印象が和らぐでしょう。

「秋晴の候」は9月中旬の季節の挨拶に用いられます。

④主文

面接のお礼や志望度の高さを伝えます。

面接でうかがった話の中で特に惹かれた点を盛り込みながらご自身の思いを書くことで、より気持ちの伝わる文章となるでしょう。

⑤結びの挨拶

企業の繁栄や発展を祈る気持ちを書きます。

⑥結語

頭語が「拝啓」であれば「敬具」で終わります。

⑦日付・署名

最後に、送り状を郵送・送信した日付と差出人を書きます。

7つのポイントを押さえると、下記のようなお礼状を書くことができます。

①株式会社〇〇 

採用ご担当 〇〇様

②拝啓

③貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

④先日はお忙しいところ、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。

面接では、貴社の事業内容・営業職の仕事内容に関する詳細なご説明だけでなく、業界の展望までご解説いただき、大変感謝しております。

ご説明をお聞きし、益々貴社で働かせていただきたいという気持ちが強くなりました。

特に、今後の展望についてのお話は非常に興味深く、前職の経験を活かしてぜひとも貴社に貢献したいと考えております。

今後共、なにとぞ宜しくお願いいたします。

⑤末筆ながら、貴社の益々のご発展を心から祈願いたします。

⑥敬具

⑦日付・名前

〇〇年◯月◯日

氏名

お礼状の記載例

書き方のポイントや注意点と7つの必須項目を取り入れたお礼状のテンプレートを季節を問わず使用できるものと季節の挨拶と組み合わせたものに分けていくつか紹介します。

ハガキ・封書で郵送する場合とメールで送信する場合に異なるポイント・注意点があるので、それぞれのテンプレートと併せて紹介します。

季節を問わず使用できるお礼状テンプレート

株式会社〇〇 ●●部△△課 □□様

 

拝啓

貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

先日はご多忙にもかかわらず、面接の貴重なお時間をいただき、

誠にありがとうございました。

 

面接で貴社の事業内容や仕事内容の詳細なご説明だけではなく、今後の展望までうかがうことができ、

学ぶことの多い大変意義深いものとなりました。

 

□□様のお話をうかがい、特に~~という目標実現のために前職の経験を活かして

貴社に貢献したい気持ちがより一層強くなりました。

 

取り急ぎお礼を申し上げたく、お便りを差し上げました。

末筆ながら、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。 

敬具

○年○月○日

氏名

 

ハガキ・封書でお礼状を書く場合、ボールペンより万年筆やインクを用いること、また、横書きよりも縦書きの方が好ましいです。

お礼状のハガキ、便箋、封筒は白色で無地のものを使用しましょう。

メールのお礼状テンプレート

【件名】○月○日面接のお礼(氏名)

 

株式会社○○ ●●部△△課 □□様

 

いつもお世話になっております。

 

先日はご多忙にもかかわらず、面接の貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

 

面接で貴社の事業内容や仕事内容の詳細なご説明だけではなく、今後の展望までうかがうことができ、

学ぶことの多い大変意義深いものとなりました。

 

□□様のお話をうかがい、特に~~という目標実現のために前職の経験を活かして

貴社に貢献したい気持ちがより一層強くなりました。

 

末筆ながら面接のお礼を申し上げますとともに、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

 

========================

氏名

E-mail:○○.○○○@○○.ne.jp

電話番号:

住所:〒

   都道府県から番地・建物名まで正確に記載

========================

 

メールでお礼状を送信する場合、内容が分かる件名を必ずつけましょう。

また、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「所在地」を知らせる署名を文末に忘れずに入れてください。

署名の罫線は装飾が少なくシンプルなものが好ましいです。

季節の挨拶を組み合わせたお礼状テンプレート

転職の求人が増える傾向にある2月と9月の季節の挨拶と組み合わせたお礼状テンプレートが下記になります。

2月

株式会社○○ ●●部△△課 □□様

 

拝啓

立春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

先日はお忙しいところ、面接の貴重なお時間をいただき、

誠にありがとうございました。

 

面接で貴社の事業内容や仕事内容の詳細なご説明だけではなく、今後の展望までうかがうことができ、

学ぶことの多い大変意義深いものとなりました。

 

□□様のお話をうかがい、××という私の強みを活かして貴社の~~という展望実現のために

貢献したい気持ちがより一層強くなりました。

 

末筆ながら、貴社のますますのご発展を心から祈願いたします。

まずは略儀ながら、書中をもってお礼申し上げます。

敬具

○年2月○日

氏名

 

「立春の候」は、節分の翌日から2月中旬まで用いられます。

立春から2月下旬までは「向春の候」「梅花の候」、2月中旬から3月中旬までは「春寒の候」が用いられます。

9月

株式会社○○ ●●部△△課 □□様

 

拝啓

爽秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

先日はお忙しいところ、面接の貴重なお時間をいただき、

誠にありがとうございました。

 

面接で貴社の事業内容や仕事内容の詳細なご説明だけではなく、今後の展望までうかがうことができ、

学ぶことの多い大変意義深いものとなりました。

 

□□様のお話をうかがい、××という私の強みを活かして貴社の~~という展望実現のために

貢献したい気持ちがより一層強くなりました。

 

末筆ながら、貴社のますますのご発展を心から祈願いたします。

まずは略儀ながら、書中をもってお礼申し上げます。

敬具

○年9月○日

氏名

「爽秋の候」は、9月8日頃から9月いっぱい用いることができます。

既に紹介した「秋春の候」の他に、9月7日頃の白露から10月8日頃の寒露までは「清涼の候」も用いられます。

ポイントを押さえたお礼状を面接の後に出しましょう

面接後にお礼状を出すことは必須ではないので、書かないからと言って選考に不利になることは考えにくいです。

しかし、お礼状はお礼と熱意を伝えるものなので、お礼状を受け取った面接担当者の方は求職者に配慮ができる人、志望度の高い人という印象を抱き、合否に悩んでいる場合や応募者が複数いる場合にはお礼状があると選考が有利になる場合があります。

お礼状を出して損することはないので、志望度の高い企業へは出すことをおすすめします。

お礼状は業界・企業の特徴によって手紙とメールのどちらが好ましいか異なるので、業界・企業に合う形式で送りましょう。

お礼状は内容が特に重要です。企業名や担当者の方の名前を間違えない、お礼・熱意・志望度の高さの伝わる文章を書くといったポイントを押さえ、面接をしてもらったら早めにお礼状を送りましょう。