大手企業から大手企業に転職する場合に注意すべき点。同じだろうと思って痛い目見るかも。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

大手企業から大手企業に転職する場合に注意すべき点

中小企業に比べると大手企業は待遇面で優れている場合が多い為、離職率はかなり少ない傾向にあります。

3年以内離職率は大卒者でおよそ3割と言われている中で、超大手の人気企業ともなればたった数%、健康面の問題や結婚といったやむを得ない理由を除くと、ほぼ離職者はいないような場合も少なくはありません。

ただそういった会社であっても1年もたたずに辞めて転職する人もいないわけではありませんし、数年たった後に転職を決意する人もいます。

ではそういった人はその大手企業を辞めてどういった企業に転職することになるでしょうか。

あえてベンチャー企業に転職する人もいますが、最も多いのは恐らく同等もしくはもっと大手の企業に転職する人だと思います。

ただ同等の企業に転職する場合にはいくつか注意しなくてはならないこともあります。

条件面で良くなるだろうからいいだろう、転職先も大手だから今より悪くなることはないだろう、そんな風に油断していると痛い目を見るかもしれません。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:大企業ならではの仕事での辛いこと。大企業だから幸せなんてことはない。

大手企業から大手企業には転職しやすい?

一般的に大手企業に転職することは簡単なことではないとされています。

まあ条件が良く離職率も低い、かつ安定性も高く世間体も良いとなれば人気があるのは当然、自然と応募する人は増えて倍率はとてつもなく高くなり難易度は上がります。

ただ大手企業から転職する人というのはかなり高い確率で大手企業に転職をします。やはり大手企業からだと転職はしやすいのでしょうか。

やっぱり大手企業からだと転職できる可能性は中小企業で働いていた人に比べるとかなり高くなると思います。

もちろん中小企業からでも不可能なわけではありません。ただ難易度としては間違いなく大手企業で働いていた人の方が低くなります。

その理由としては以下のことが挙げられます。

  • 大手に入社できている時点で優秀である可能性が高い
  • 教育制度が充実している為、能力面で著しく劣っている可能性が低い
  • 転職エージェントから大手企業を紹介して貰いやすい

新卒で就職しようと思えばかなり難関。高学歴でいて履歴書や面接でしっかりアピールできなければ簡単に内定は貰うことができません。そんな中で入社できたという実績によってその人自身に対する信頼度は上がります。

また大手企業は教育制度も充実しているのが特徴。新入社員を一人前に育てるだけではなく、各段階でステップアップできるようになっている為、著しく仕事ができないという人が低いというのも大きなメリットです。

何より大手企業で働いていたという実績を持っているだけで、違う大手企業への応募資格を得やすいというメリットがあります。

基本的に大手企業は求人を転職エージェントにたくします。そして転職エージェントがその求人を利用者に紹介します。

転職エージェントは誰でもいいからその求人を紹介するわけではなく、受かる見込みがある人に対してにしか紹介してくれません。そしてその判断基準に前職の企業がどこかという点も含まれているのです。

大手企業から大手企業に転職するメリット

これから大手企業を辞めて違う大手企業に転職しようとしている人は、転職活動を幾分有利に進めることができる可能性は高いでしょう。

もちろん誰もができるわけではありません。一つの有利になる要素というだけで、その他にも過去の実績やスキルなどは当然重要になりますし、履歴書や面接でもしっかりとアピールして行かなくてはなりません。

ただ転職するだけならば大手にこだわらずにいた方がずっと楽に転職活動を終わらせることができると思います。

ただやっぱり大手企業に転職するメリットはありますよね。

大手企業に転職すれば年収や休日数といった部分でそこまで悪くはならないし、むしろ良くなることだって大いにありえます。

人間関係が上手くいかない、残業が多すぎるといった不満を条件が悪くなることなく解消することができるかもしれないというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

大手企業に転職する場合の注意点

ただ大手企業に転職することは時にメリットだけではない場合もあります。

ブランド力がある、企業規模が大きい、会社の評判も良いなんて場合であっても転職したことを後悔する可能性は少なからずあるのです。

だからこそ転職する場合には注意しなくてはなりません。

大手企業といっても待遇はピンキリ

大手企業だからと言って、待遇が必ずしも良くなるとは限りません。

年収、休日数といったことは転職活動を行っている時点でわかるものの、その他の面では大きく変わる場合はよくあります。

福利厚生、有休消化率、今は当然のように思っていることも転職すると大きく悪化するかもしれません。

特に業界が変わると色々なことが大きく変わります、例えば有休消化率だと自動車業界はとてもとりやすい環境。むしろ有休を消化しないと怒られるなんて場合もあります。

しかしその他の業界では大手であっても消化率は50%を切るような場合も少なくありません。そうなれば年間で10日以上も休日数は変わることになり、転職後にそこに気づくと大きく後悔してしまうかもしれません。

同じ職種でも仕事が全く違う場合も

同じ職種で転職したからと言って、必ずしも前職の経験をそのまま生かせることができないのが大企業。

大企業では業務分担が細分化されており、それ故に同じ職種であっても経験したことがない仕事だけをしなくてはならなくなるという場合も否定できません。

前職での経験を生かしてばりばり働こうと思っていたのに、入社してみるとわからないことばかりで全然役に立てず居心地も悪い、そんなことになってしまう可能性は十分にあるのです。

生え抜き社員が優秀すぎてついていけない場合も

大手企業に転職した人に話を聞くと、周りの人が優秀すぎて仕事についていけないという悩みを持っている人が意外に多いです。

前の会社ではそこそこできていたからと少なからず持っていた自信が打ちのめされてしまうかもしれません。

ポテンシャル自体は同等だとしても、その会社で新入社員から仕事をし続けた人に比べると様々な点で劣ってしまうのは当然。仕事の習熟度も違うし、築き上げてきた人脈も全然違うわけですから仕方が無いといえば仕方がないんですが、転職早々に高いレベルで仕事をすることを求められて悩みを抱えてしまいます。

ただ中途採用者には中途採用者の強みがあります。いかにその強みに自分で気づき、仕事に生かしていけるかというのが転職を成功させる重要な要素となるでしょう。

生え抜き社員と中途社員に格差がある場合も

出世できるのは新卒で入った社員のみ、中途採用者は出世にも上限が決まっている。そんな風にどれだけ努力して会社に貢献しようとも出世することが不可能な場合があることを中途社員は覚悟しなくてはなりません。

ひと昔前に比べればそういった傾向が少なくはなってきたものの、まだまだそういった会社も少なからず存在しているのです。

転職後も出世していきたいならば、その可能性がある会社を選ぶことが必要となりますね。

転職して後悔しない為に

せっかく入社することができた大手企業。もしその会社を辞めて転職した際、自分が望んでいたものと全く違うことになってしまえば転職したことを大きく後悔することになるでしょう。

そうならない為にも、名前だけにだまされず、年収面などわかりやすい部分だけで転職先を決めるのではなく、しっかりどんな会社か、どんな仕事をすることになるかを調べた上で転職をしましょう。

そうすればきっと転職は成功させることができるはずです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業の中途採用は少ないというのは勘違い。求人が見つからないのは探し方を間違えているだけ。

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。



このページの先頭へ