オンライン面接は普通の面接と違うポイントに注意する必要があります。

しかし、ちょっとしたコツを押さえれば、あなたでも簡単にオンライン面接の成功率をアップできるのです。

あなたはオンライン面接のポイントや対策について知りたくはありませんか?

近年は新型コロナの影響などから、外出ができなくなって面接もオンラインで行う企業が増えてきました。

しかし、オンライン面談の経験がないという方は多いので、普通の面接より緊張したり、逆に自宅にいるから緊張感が保てなかったり、機材トラブルが発生したりと何かとやりにくいと感じるものでしょう。

ところがオンライン面談はしっかりとツールを使えるようにする、カメラを見て話すなどのちょっとした工夫をするだけで、格段に印象を良くできるのです。

そこで今回は、オンライン面談で失敗しないためのポイントについて解説します。事前に確認すべきポイント・注意点などもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン面接の基本について

オンライン面接とは、その名の通りパソコンなどを使って、企業の面接担当者と応募者が面接をするというものです。

この手段で面接をすれば、遠方に住む人とも会話ができたり、企業もコスト削減ができたりと多くのメリットがあります。

応募者もわざわざ企業に足を運ぶ必要がないので、非常に便利な仕組みなのです。

そんなオンライン面接には、主に以下の環境が必要になります。

  • 通信回線
  • パソコン
  • カメラ
  • マイク
  • 指定されたアプリ(ZOOM、Skypeなど)

近年のパソコンには、カメラやマイクが内蔵されているものが多いので、パソコンに内蔵されていれば別で用意する必要はありません。

また、スマートフォンやタブレットでも面接ができる環境は用意できるでしょう。

しかし、パソコンの方が画面も大きく、相手もあなたの顔が見やすい形で撮影されるので、できればパソコンの用意をおすすめします。

どうしてもスマートフォンやタブレットで面接を受けなければならない場合は、事前に企業側にスマホ・タブレットでも可能なのか確認すると良いでしょう。

近年はオンライン面接を行う企業が増えており、今後もさらに増加する可能性が高いので今のうちに環境や知識を準備しておきましょう。

オンライン面接のメリット・デメリット

オンライン面接にはメリットはもちろんのこと、デメリットとなる部分もあるので理解しておきましょう。

メリット1:応募のハードルが下がる

1つ目のメリットは応募のハードルが下がるという点です。

会社に行って面接を受ける場合は、会社から近くないと応募ができなかったり、日程も丸1日空ける必要があったりします。

しかし、オンライン面接なら気軽に応募ができるので、色々な企業の面接が受けられるメリットがあるのです。

メリット2:遠方の方でも応募できる

2つ目のメリットは遠方の方でも応募できるという点です。

会社から離れた場所に住んでいて、普通なら高い費用をかけて移動しなければならないというケースでも、時間・費用・手間をかけずに面接に参加ができます。

また、オンライン面接を実施している企業は、リモート作業にも対応していたりするので、自宅でできる仕事が多いのも特長の一つです。

デメリット1:あなたの表情が伝わりにくい

1つ目のデメリットはあなたの表情が伝わりにくいという点です。

対面なら細かいあなたの表情が伝わるので、人間性のアピールがしやすいメリットがありますが、オンライン面接ではあなたの表情が伝わりません。

中には対面面接なら合格していたのに、オンライン面接だったために不合格といったケースもあるでしょう。

デメリット2:ネット回線が面接の質に影響する

2つ目のデメリットはネット回線が面接の質に影響するという点です。

ネット回線の影響で繋がりにくかったりノイズが入ったりすると、面接全体の質が低下します。

場合によっては、「面接の質の低下=あなたの評価の低下」にすり替わって評価される恐れがあるのです。

オンライン面談の準備

オンライン面接を受ける前に準備すべきことがあるので解説します。

チェックリストを使った電子機器の確認

オンライン面接では、パソコンやイヤホン・マイク・カメラなどの電子機器が必要です。

これらの電子機器が動作するのか事前に確認しておきましょう。

具体的には以下の項目をチェックしてください。

パソコンは動作するのか?

カメラは撮影ができているのか?

マイクはあなたの声を拾っているか?

イヤホンやスピーカーは音声を流しているか?

インターネットは接続できるか?

インターネットの接続は不安手ではないか?

指定されたツール(ZOOM、Skypeなど)はインストールできているか?

ツールの使い方は理解できているか?

企業のエントリーシートやあなたの履歴書は紙媒体で用意できているか?

カメラで撮影したときに部屋は暗すぎないか?

背景に余計なものが写り込んでいないか?

※このチェックリストは印刷してご使用ください。

以上の項目を確認して問題なければ、右側のチェックボックスに✔マークを入れてください。

カメラやマイク・イヤホン・スピーカーなどのチェックは、実際にツールを使ってみなければ確認ができないので、家族や友人にお願いしてリハーサルをしてみましょう。

また、パソコンを立ち上げて実際に通話ができるまで、どのぐらいの時間がかかるのかも把握しておくと、当日開始時間に遅れる心配がなくなります。

ちなみに、今まで一度もカメラやマイクなどを使った経験がないと、パソコンは普通に動作するのにカメラが写らないなどのトラブルが起きる可能性があります。

そうなると、別でカメラやマイクを購入する必要があるので、万が一に備えて買い物ができるだけの余裕を持って確認してください。

オンライン面談で失敗しないためのポイント

オンライン面接では通常の面接と異なるポイントがあるのです。

失敗しないためのポイントとしては以下のものが挙げられます。

ポイント1:時間に余裕を持ってスタンバイする

1つ目のポイントは時間に余裕を持ってスタンバイすることです。

オンライン面接は余裕を持って準備したつもりでも、パソコンの起動に時間がかかったりインターネットの接続がスムーズにできなかったりと以外に時間がかかる可能性があります。

そのため、時間にはかなりの余裕を持ってスタンバイをするようにしましょう。

ポイント2:身なりを整える

2つ目のポイントは身なりを整えることです。オンライン面接は自宅で受けるケースが多いため、通常の面接よりも少し身なりへの意識が落ちてしまう可能性があります。

しかし、自宅に居るとは言っても企業との面接なので、会社に行って面接を受けると考えて身なりを整えてください。

基本はスーツを着用して、髪形もすっきりと見えるように整えましょう。

ポイント3:音が鳴る電子機器をオフにする

3つ目のポイントは音が鳴る電子機器をオフにすることです。

マイクは意外に周囲の音を拾うので、スマホやテレビといった音が鳴る電子機器は全てオフにしてください。

また、宅配などが届く予定があるなら、面接の時間とかぶらないように配達時間を調整しておきましょう。

あなたの家族が自宅に居る場合は、面接の際に部屋に入ってこないためにも、事前に面接があると伝えて部屋には入らないようにしてもらってください。

ポイント4:カメラを見て話す

4つ目のポイントはカメラを見て話すことです。

オンライン面接をすると、多くの方が画面を見て話してしまいます。

しかし、オンライン面接ではカメラを見て話さないと、面接官と目が合わないのです。

できるだけカメラを見て話せば、面接官の目を見て話している状態になるので、面接の際は画面ではなくカメラを見て話すというのを意識しましょう。

ポイント5:はっきり大きな声で話す

5つ目のポイントははっきり大きな声で話すことです。

オンライン面接は、通常の面接よりも声が聞き取りづらいです。

そのため、通常の会話よりもはっきりと大きな声で話しましょう。

ポイント6:終了後のお礼メールを忘れない

6つ目のポイントは終了後のお礼メールを忘れないことです。

オンライン面接は面接が終われば終了ではありません。

終了後はメールなどでお礼の言葉を伝えましょう。

お礼のメールをするのとしないのでは、あなたの印象が大きく変わるので、必ず実践してみてください。

オンライン面談でよくある失敗

オンライン面接では、以下のような失敗がよくあります。

  • カンペを読んでいるのがバレバレ
  • アカウント名や写真がプライベートすぎる
  • インターネットの接続が切れる

失敗ケース1:カンペを読んでいるのがバレバレ

失敗ケースの1つ目はカンペを読んでいるのがバレバレというものです。

オンライン面接を受ける際は、企業の情報が書かれた書類やエントリーシート・あなたの履歴書などを用意します。

しかし、あまりにも書類にばかり目を向けていると、面接官の方はカンペを読んでいることに気が付きます。

過度に目線が下に向いていると、面接官の方と目が合う時間が短くなるので、あなたの印象が悪くなる恐れがあるのです。

書類を見るのが駄目ではありませんが、できるだけ見る時間を短くなるようにしましょう。

失敗しないための対策

✔ 自己PRや応募理由などは履歴書を見ずに答えられるように練習する
✔ 書類を下ではなく、画面の横などに張り付けておく

失敗ケース2:アカウント名や写真がプライベートすぎる

失敗ケースの2つ目はアカウント名や写真がプライベートすぎるというものです。

プライベートでZOOMやSkypeなどを使用していると、アカウント名や写真に私生活が出すぎている可能性があります。

あなたの個性を出すのは良いですが、プライベートが出すぎないように注意してください。

失敗しないための対策

✔ 事前にアカウント名や写真を変えておく
✔ アカウントをプライベートとは別に用意する

失敗ケース3:インターネットの接続が切れる

失敗ケースの3つ目はインターネットの接続が切れるというものです。

この失敗はオンライン面接では特に多いものとなります。

事前に接続を確認していても起きる可能性がある上に、あなたの印象をかなり悪くするので、細心の注意を払ってください。

失敗しないための対策

✔ Wi-Fiなどの無線ではなく有線を用意する
✔ 動作が重くならないように不必要なツールは起動しない

オンライン面談のマナーと注意点

オンライン面接では、通常の面接とは異なるマナーや注意点があります。

  • 雑音が入らないようにする
  • 家族が部屋に入らないようにする
  • 電子機器やツールが使えるのか事前に確認する
  • 身だしなみは訪問面接と同じにする
  • カメラや音声のチェックを事前にする

以上のような注意点があるので必ず確認しておいてください。

事前に行う必要があるものについては、本記事にチェックリストがあるのでそれを使うと良いでしょう。

オンライン面接はちょっとしたコツやポイントを押さえるだけで、格段にあなたの印象を良くできるので、この記事をよく読んで面接の成功率をアップさせてみてください。