転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

転職をしようと思ったら、何かとお金がかかります。

その為、ある程度の貯金は必要となってくるでしょう。

しかし、転職したい理由で給料が低いという点をあげる人も多く、貯金なんてほとんどできていない人もいるでしょう。

では、お金がないと転職できないのでしょうか。

そんなことはなく、お金がない中でできる転職もあります。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

お金がない、でも転職したい。どうすればいい?

転職したいけどお金がない。

理想的なことを言えば、貯金をしてから転職活動を始めればいいとなるかもしれません。

しかし、貯金することができないほど給料が安かったり、パワハラや仕事への不満から一刻も早く転職したいという人もいるでしょう。

その為、お金がない中で転職活動を進めていく必要があります。

在職中の転職活動は必須

貯金が無い中で、転職活動を行う為に会社を辞めてしまっては、転職活動にかかる費用を捻出できないどころか、そもそも生活に支障をきたします。

退職後にかかるのは、年金や健康保険、住民税といったものがあります。

下手したら合計で7,8万円になります。

退職後にもらうことができるお金として失業保険がありますが、自己都合での退職の場合には、支給され始めるのが3ヶ月後から3ヶ月間だけ。

貰える金額としても、その人の年齢や給料によって変わりますが、退職前給料の50%~80%程度。

決して十分とは言えません。

もし、会社を辞めなければ、変わらずに毎月給料が入ってくるわけですから、これまでの生活と変わりません。

年金や健康保険、住民税もその給料の中から引かれ、転職後も同様に次の会社からこれらが引かれることになります。

まずは会社を辞めずに転職活動を進めていきましょう。

遠方の会社も書類選考には応募しても良い

選択肢として遠方の除外する必要がでてくるでしょう。

遠方の会社を受ける場合、面接時の交通費や、受かった際の引っ越し代などが必要になってきます。

新たに家を借りるとなると敷金や礼金によって、多大なお金がかかることになってしまいます。

この時点で多くの人は、遠方の会社を除外して、選択肢を大幅に少なくしてしまうかもしれません。

しかし、書類選考の段階では、完全に除外するのではなく、行きたいと思うことができる会社があるならば応募してみたほうがいいです。

特に大企業はお金を気にせずに応募してみるといいでしょう。

なぜなら、書類選考が通過し、面接の際に交通費支給となる場合があったり、受かった後に引っ越し代を全額負担してくれることもあります。

社宅や寮があれば、敷金や礼金も全くかかりません。

こういった会社は特に大企業に多いです。

あくまで、主は近場にある企業になってはきますが、遠方の大企業も積極的に狙ってみてもいいかもしれません。

身なりはしっかり整える必要あり

もし、普段の会社がスーツではなくビジネスカジュアルである場合、スーツなどにお金がかかる必要がでてきます。

もちろん、スーツは多くの人がもっているでしょうから、それを使えばいいのですが、綺麗であることは必要です。

もし古かったり、靴底が減っていたりするのであれば買い替えたほうがいいでしょう。

やはり、面接時には第一印象はものすごく大切であり、見た目がだめだとその時点で落ちる可能性がぐっと高くなってしまいます。

今はかなり安いスーツ、シャツ、靴もあります。高いものである必要はまったくないので買い替えも考えたほうがいいでしょう。

理想は貯金があったほうが良い、けれど絶対条件ではない

転職するにあたり、貯金はあったほうが良いのは間違いありません。

以前の記事、「転職の費用はどれくらい?面接の交通費、引っ越し、社会保険料など」で紹介していますが、

転職にかかる費用には、面接の交通費代や転職後の引っ越し代、辞めてから転職活動を行うのであれば日々の生活費や社会保険料費などがかかります。

転職を考えた際に、やはり貯金があったほうが遠方の会社で交通費がでない場合であっても受けに行くことができますし、会社選びの際に選択肢を絞る必要が無くなります。

貯金がない状態だと、どうしても選択肢は狭くなってしまいます。

とは言え、ないものはないですし、あるものの中で戦うしかありません。

お金がないからあきらめるのではなく、とにかく始めてみましょう。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?