仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?

新入社員として新たに働きだした時、異動によって違う仕事をすることになった時、派遣社員として新たな職場で働きだした時など、仕事を1から覚えなくてはいけない機会というのは多々あります。

仕事では、覚えなくてはいけないことがたくさんあります。そして覚えていなければ当然仕事はできません。

その為、まずはとにかく仕事を覚えなくてはいけないのですが、なかなか仕事を覚えられないと、「早く仕事を覚えなくては」と焦りを感じてしまいますよね。

時には仕事を覚えられないことが原因で上司に怒られたり、周囲から馬鹿にされてしまい、会社に行くのが憂鬱になり辞めたいと感じるようになってしまいます。

そこで、今回は仕事を覚えられない原因や対処法を紹介します。

関連:仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法

関連:仕事が遅い人の特徴や対処法、遅い原因は能力の問題だけではない

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

仕事を覚えられない原因

なぜ仕事を覚えられないのか。その原因を自分の能力が低いからと決めつけていませんか?

仕事を覚えられない原因は能力の問題だけではありません。

仕事を覚える過程に問題があることが多いのです。

メモをしない、メモの仕方がわからない

一度聞いただけで、全てを理解し、実践に繋ぐことができる人なんてほとんどいません。

当然理解できないこともあれば、時間が立てば忘れることもあります。

だからこそ、メモをとり、後で実践する際に活用しなくてはなりません。

メモを取ることは当然ですが、メモの取り方も重要です。

せっかくメモをとっていても、後で使う際には使えないような取り方であっては意味がありません。

分からないことを質問しない

人に教えてもらう時、その内容で分からないことがあるのは当然のことです。

分からないことをそのままにしておけば、当然仕事は覚えられません。

分からない時には、分かったふりをせず、質問することが必要です。

話に集中していない

人に仕事を教えて貰うとき、その話に集中できないことも、仕事を覚えられない原因となります。

つい、違う仕事のことを考えてしまったり、全く関係のないことに気がいったりして、何を話してもらったかわからなくなっていませんか?

手順だけを覚えようとしている

仕事を覚える際、そのやり方や手順だけを覚えようとしても、なかなか覚えることができませんし、覚えてもすぐ忘れてしまいます。

最終的に必要なのは、仕事の手順を知ることであり、それを覚えることが最短の方法だと思いがちですが、

そこばかりにこだわってしまうと、仕事は覚えにくいし応用もあまりききません。

危機感がない

この仕事を覚えなくては何もできない。仕事は一度しか教えてもらえない。といった危機感があれば、必死に仕事を覚えようとしますが、

わからなければ誰かがまた教えてくれる、仕事をする時には先輩がサポートしてくれる、といった具合に甘えを持ってしまうと、仕事を覚えることに対して油断が生じてしまいます。

関連知識がない

仕事をする中で、当然知っていけない知識、知っておいたほうが良い知識はたくさんあります。

仕事を教えてもらう時も、知っている前提で話をされる場合もあります。

関連知識を持っていれば、関連付けて覚えることができる為、新しい仕事であっても覚えやすいのですが、全く知らない状況だと理解することも難しいし、記憶としてなかなか残りにくいです。

実践していない、実践させてもらえない

仕事を教えて貰っても、実際に仕事を実践してみなければ、仕事を覚えることはできません。

実践しなければ、すぐに忘れてしまいますし、実際に仕事した時の足りない点もなかなか見つけることができません。

つまらないと決めつけている

自分のやりたい仕事とは違う、仕事がつまらなそう。

仕事を覚える前からそう考えていては、頑張って仕事を覚えようという気も起きず、仕事が覚えられない原因となります。

自分で調べようとしない

分からないことがあった時、とりあえずすぐに聞いているようでは、誰かを頼る癖がついてしまいますし、苦労していない分、すぐに忘れてしまいがちです。

仕事を覚えられない時の対処法

中には、1度聞いただけですんなり仕事を覚えることができる天才肌の人もいます。

ただ、そういった人はほんとに少数であり、そう簡単に仕事を覚えることはできません。

ですから、仕事を覚える為にどうすればいいか、工夫していく必要があります。

メモの取り方を工夫する

いくらメモを取っても、後から振り返った時に意味がわからないものではありません。

聞いた話の全てをとることはできませんから、重要なところや疑問を感じたところのメモを取るように心がけましょう。

最初はなかなか上手くメモをとることができないことが多いかと思います。

もしそうなら、慣れるまではできるだけ多くの情報のメモを取り、聞きおわった後でそのメモを整理するようにしてみてください。

分からないままにしない

人から仕事を教えて貰った時にわからないことがあれば、決してそのままにしておかないようにしましょう。

その場では質問しにくいということであれば、分からないことをメモを取って置き、後々自分で調べたり、時間が空いた時に質問してみたり、場合によっては違う人の聞いてみるといった形で、分からないままにしておかないようにしましょう。

シュミレーションしてみる

人から仕事を教えてもらった際、実際に実践した時のことをイメージするようにしてください。

そうすることで、どんな情報が足りないか、どんなことが分かっていないことに気付くきっかけになります。

そうすることで、実際に仕事をする前に知っておくことができ、いざという時に困りません。

仕事を広い目で見る

上述したように、一つの仕事に対して手順だけを知ろうとしても、なかなか覚えることができません。

なぜこの仕事が必要なのか、どういったことに注意していなくてはいけないのかなど、覚えなくてはいけない仕事の背景や注意点なども合わせて知ったほうが、仕事は覚えやすくなります。

教えて貰ったら、できるだけ早く実践する

仕事を教えて貰ったとき、できるだけその仕事を実践するようにしてください。

実践して始めて自分のものになりますし、教えてもらってからの期間が長ければ長いほど、せっかく教えてもらった仕事を忘れてしまいます。

もし、すぐに実践できないならば、より詳細にメモを残しておき、完全に忘れたとしても理解できるようにしておかなければなりません。

仕事に対する感想は仕事を覚えてから

自分がやりたかった仕事はこんな仕事ではない。

そう思うことなんて誰にだってあります。

ただ、仕事がつまらないかどうかの感想は、まずは仕事を覚えてやってみてからにしましょう。

仕事を覚えてもいない、やってみてもいない前からその仕事に対しての評価をすることなんてできません。

やってみたら意外におもしろかったなんてこともあるのです。

自分で調べること、人に質問することはバランスよく

上述したように、人に聞いて知ることが情報は、自分が苦労していない分、簡単に忘れてしまいがちです。

かといって、なんでもかんでも自分で調べていては、時間がかかりすぎますし、調べても絶対に分からないこともあります。

自分で調べること、人に質問することは、どちらも大切なことですから、バランスよく行わなくてはなりません。

大きなストレスになる前に

周囲に比べて仕事を覚えるのが遅いと感じた時、どうしても焦ってしまいます。

そして、それが大きなストレスの原因となってしまいます。

もし、今の会社で働くことは限界と感じているならば、転職するのも良いでしょう。

自分のこれまでの働き方を反省した上で、心機一転、新たな仕事、新たな職場で仕事に取り組めば良いのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!