未経験職へ転職でも年収が下がらない、もしくはアップするパターン

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

未経験職へ転職でも年収が下がらない、もしくはアップするパターン

転職するにあたり年収が下がってしまうというのは何とか避けたいところですが、未経験職に転職する場合だと基本的には年収が下がってしまう傾向があります。

ただそれは絶対というわけではなく、全くの未経験の仕事でも年収が上がるという事例はあります。

そこで今回は、未経験職への転職でも年収が下がらない、もしくは上がる可能性もある転職パターンを紹介します。

関連記事

 

未経験職への転職でも年収が下がらないパターン

基本的には年収が下がってしまう未経験職への転職ですが、以下のようなパターンでは年収が下がらない、場合によってはアップする場合もあります。

第二新卒で転職

新卒入社して1年目から3年目が対象となる第二新卒。

入社時の年収は会社によって異なりますが、新卒と同等になるか、社会人年数と同等になるかです。

ようするに例えば社会人3年目で転職した場合だと、転職先の会社の1年目の人の年収になるか3年目の人の年収になるかです。

後者の場合だと会社の給与体系にもよりますが、年収が下がらない、それどころか上がるという場合もよく起こります。

前者の場合だとまた新卒からスタートとなってしまうので年収が下がる傾向。

ただ3年目だとそこまで年収が上がっていない人も多いので、そこまで大幅ダウンとはならない人が多いです。

また前者の場合でも、もともとの給料が低い会社から初任給が高い会社に転職する場合だと年収がアップする場合もあります。

また給料面だけではなく求人の量、転職のしやすさから考えても未経験職種への転職では若い方が有利です。

年収が低い業界から年収が高い業界へ

業界によって年収相場は大きく異なります。

それ故に、未経験職への転職であっても業界を変えるだけで年収がアップしたという事例は少なくありません。

例えば私の知り合いには前職では7年働いて年収350万円だったが転職して450万円に上がったという人もいます。

もし年収を下げたくないなら、業界にあまりこだわらずに広く見るというのは一つの方法になります。

前職と関連のある仕事

その職種での経験がなくても、近い職種での経験、仕事面で活かせるスキルがある場合は年収が下がらない可能性も十分にあります。

転職活動では如何にこれまでの経験を活かして会社に貢献できるかをアピールできるかがカギ。

会社にとって貢献度が高い人材になりうると思わせることができれば、入社して貰う為に前職同等、もしくは前職以上の年収を提示して貰える可能性は低くありません。

歩合制の仕事に転職

入社後に成果を上げることができれば大幅な年収アップも期待できる歩合制の仕事。

営業職に多く、入社時点では未経験者であってもすぐに成果を上げるようになることができる人も少なくはありません。

ただ成果を上げることができなければ年収は増えず、下手したら大幅な年収ダウンとなってしまう場合もあることは忘れてはいけません。

低賃金のブラック企業で働いている人が転職

ブラック企業と言われる会社には、あまりにも低すぎる給料で社員を働かせている会社もあります。

残業をいくらしても残業代は支払われず、中にはノルマを達成しないと商品を買い取りさせられたり、罰金をとられるような会社。

時給換算してみると最低賃金以下という人もいるでしょう。

そういった会社で働いている人は未経験職であっても年収はアップする可能性が十分あるので、ぜひ転職活動に取り組んでもらいたいです。

ブラック企業で身も心もすり減らしながら働いて貰えるのはわずかなお金だけなんて、すぐに抜け出すべき環境です。

転職後1年目はダウンしたが2年目に大幅アップというパターンも

未経験職への転職の場合、転職後1年目の年収は下がってしまうものの2年目から大幅アップするというパターンも少なくありません。

1年目は未経験ということで高い年収をだせない企業も、仕事ぶりがわかった2年目以降では大幅アップしてくれるのです。

会社への貢献度が高いのに、職種での経験が短いだけで同年代より給料が低いままだとその実績を武器に違う会社へと転職されてしまいますからね。

実際、採用段階で半年なり1年たった段階で改めて賃金の査定を行うということを条件に織り込む会社というのも多々あります。

もちろん年収アップの為には未経験だということに甘えず仕事で成果を上げることが必須。

ただそれは難しすぎるようなことではありません。

職種としての経験が無くてもこれまでの経験、仕事のやり方などは結局共通する部分も多い為、努力次第ではあるもののすぐ活躍できるようになる可能性は十分にあるでしょう。

転職時は目の前の年収にこだわりすぎないことも大切

未経験職への転職の場合、今回紹介したように年収が下がらない、もしくは上がるパターンもあるにはありますが、やはり多くの場合は下がる傾向にあります。

ただ1年目は下がっても2年目以降に上がる場合や、すぐではなくても4年、5年と働いていけば徐々に年収が上がっていく場合もあります。

職種での経験を積んでいけば年収アップを目指して再度転職するという道も選べるようになります。

ですから、もしやりたい仕事があるなら長い目で見て考え、目の前の年収にこだわりすぎないことも大切。

あなたにとって今どうするのが将来にとっていい選択となるのか、この機会にぜひ考えてみてください。

未経験職への転職活動

未経験職への転職であっても転職活動ではぜひ転職エージェントを利用するようにしてください。

好条件である非公開求人への紹介、転職全般でのサポート等を無料で受けることができるのでメリットが大きいです。

転職エージェントは敷居が高いものであるから使えないなんて思っている人もいるようですが、決してそんなことは全くありません。

転職エージェントのおすすめは以下の3つ。

  1. DODA
  2. ハタラクティブ
  3. type転職エージェント

DODAは転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

転職エージェントを利用するメリットは、非公開求人の紹介だけではなくキャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるという点も挙げられます。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

■公式サイト:DODA

ハタラクティブは第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴も社会人経験も問われないのが特徴。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、まずは相談するだけしてみてください。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

20代ならばtype転職エージェントもおすすめです。

ここは非公開求人の量は十分揃っており独占求人も多数の20代向け転職エージェント。

利用者の7割以上が年収アップに成功しているというデータもあります。

持っている求人は各社によって異なるので、最初は色々と使ってみて求人を紹介してもらうというのは一つの手です。

■公式サイト:type転職エージェント

またITエンジニアになりたいなら、まずは手に職をつけるという方法も今は無料で可能。

ネットビジョンアカデミーではITエンジニアになる為のスキルを無料で取得でき、しかも就職までをサポートして貰えます。

就職するならITエンジニアと考えている人は、こういったサービスを利用してみるのも良いでしょう。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

参考:ITエンジニアに未経験から転職するには?まずはネットワークエンジニアになることを目指してみよう。

関連記事

 



このページの先頭へ