ここのところ体調が悪いのはどうして?

最近、気分が晴れなかったり、心の中がずっとモヤモヤしていたり、本調子ではないと感じてはいませんか。

5月や6月というのは年が明けてから半年となり、4月に入社した人にとっては会社に勤めてから一ヶ月経った時期です。

新しい年を迎えて気分一新で「今年も頑張ろう!」と思ってから半年。

入社してから「よーし! 社会人頑張るぞ!」と気合を入れてから1か月。

その入社1か月後と半年というのがちょうど心の疲れが体調に出やすい時期でもあります。

またこの症状に共通しているのは【連休明け】ということです。

5月の連休が終わったことで、長期休暇モードから出勤モードへの切替が上手くいかないこともあれば、お休みの疲れが連休明けに出てきてしまうこともあります。そしてその切替ができない状態と疲れに今まで少しずつ溜まっていた心労が重なって体調不良につながっていることも珍しくありません。

でもこのしんどさは何だか違う。すごく辛い。

という人は、まずはどうしんどいのかどんな症状なのかを確認してみませんか。

もしかしたらその症状、5月病か6月病かもしれません。

5月病の原因とあてはまる症状

毎年この季節や時期になると気が重くなる、会社に行きたくないなど体調が優れない人は5月病を疑ってみてください。

5月病の原因と考えられる5つの状況

5月病は長期休暇となるゴールデンウィーク明けに起こり、原因は主にストレスと言われています。

しっかりと仕事や学業をこなしていたのに、お休みのあとからやる気が一気に引いてしまったり、気を張って頑張ってきたことがお休みによりプッツリと切れしまったなど、ストレスを抱えながら取り組んできたことが長期休暇で張りつめていたものが切れてしまったことも原因になります。

参考:全国健康保険協会 未然に防ぐ5月病対策

(1)長期休みを取れるようにと仕事を急いだ(頑張った)

燃え尽き症候群にも似たものとなります。長期休暇を目標としてその前にできることを全て終わらせようと頑張ったことで、次の目標が持てずにどんどん落ち込み気味になってしまう。

(2)4月入社や転勤のため転居をして新しい環境になった

就職や転勤などで転居して環境も職場も慣れない中で過ごして1か月が経ち、新しい環境になってから、または社会人になって初めての長期休暇を迎えたことで「会社に行きたくない」と思うようになる。

または出社したいのに、家を出ようとするとめまい、吐き気など体調が悪くなり出社できない。

(3)趣味や楽しみがない

ストレスを発散できるような楽しみや心が穏やかになる趣味など打ち込めるものがなく、ストレスは溜まる一方。

少しずつ体調が悪くなり、長期休暇後も頭痛や吐き気、気分が優れず度々お休みとなってしまう。

(4)入社してみたものの思っていた仕事とは違い葛藤がある

入社して1か月間、仕事を頑張ってみたけれど思っていた仕事とは違ったり、理想(想像)と現実の違いから悩むようになって長期休暇を迎えてしまい、眠れない日々が続いている。失望感がある。

(5)長期休暇後に出勤すると体調が悪くなる

休み前は何ともなかったのに、長期休暇後に出勤すると動悸やめまいを起こす、仕事を頼まれているのに考えられない、手が動かないなど心と体が別のことをしてしまう感覚になっている。

そのほか、上司や同僚など人間関係が良くなく、長期休暇で会わない時間が長くなり、重い気持ちから解放されたのちの出勤でより辛くなるなど。

5月病の症状

連休後に気分が優れない、集中して仕事をこなしたくてもできない、ぼんやりすることが多いというほかにも、頭痛が続いたり食欲が落ちたり、眠れなくなったりと体調が日を追うごとに悪くなり、会社を休みがちになってしまう。

出勤しようとするとめまいや吐き気が起こり体調が悪くなったり、出勤したとしても汗が止まらない、動悸がする、手足が震えるなどいつもの自分では考えられない症状が出たときは5月病にかかっている可能性があります。

下記の項目に当てはまっていないか確認をしてみましょう。

  • めまい
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 動悸
  • 肩こり
  • 朝起きられない、眠れない(不眠)
  • イライラ感
  • 無気力
  • 食欲がない
  • 思考力と判断力の低下など

気持ちの面だけではなく体調の変化として現れてきたら注意が必要です。

誰でも休み明けの仕事は多少憂鬱な気分にはなりますが、「もう少し休みたいな」という気持ちだけではなく、もっと深い気分の落ち込みや頭痛・動悸が起こるなどの症状がでると5月病の可能背が高くなります。

5月病から考えられる病気もある

5月病は正式な病名ではなく、あくまで長期休暇後に起こった体調不良時に言われる名称です。

たまたま長期休暇となったゴールデンウィーク明けに症状が出ただけで、実は病気だという可能性も否定できません。

下記で予防法をまとめていますが、それらを実践してもなお心配だったり家族やパートナーから病院を勧められたりしたときは意固地にならずに診察を受けてみるのが良いでしょう。

関連する病気

病名症状
うつ病やる気が起きない、寝れない、マイナスなことばかり考える、泣いてばかりいるなど
不眠症寝つきが悪い、寝てもすぐに起きてしまうなど
適応障害体調不良が続く、気分が優れずにいるなど
発達障害(アスペルガー症候群等)対人関係の障害、コミュニケーション障害など
パニック障害動悸、めまい、発汗、窒息感、吐き気など
パーソナリティ障害不信感が強い、衝動行動、不安が強い、孤独に耐えられないなど

参考:社会福祉法人恩賜財団済生会 なんだか気分が優れない? それ、五月病かもしれません!

症状の名称としては5月病は知られているものですが、最近で転勤、転属となった人や勤続年数が長い人に見られる6月病という症状もあります。

5月病とは少し状況が異なっているので、こちらも読んでみてください。

6月病の原因とあてはまる症状

6月病は4月入社や転勤による異動で環境が変わり、せかせかと頑張ってひと段落した2か月後に出てくる症状です。

最近ではリモートワークでスタッフ同士のコミュニケーションが取れずに孤立してしまったり、思うように成果が出ないことで悩んでしまい体調に出てしまう人もいます。

6月病の原因と考えられる5つの状況

4月の環境変化に伴い溜まっていたストレスや緊張が少しずつ心身に現れることが原因と言われています。

5月病と違うところは長期休暇後すぐではなく、それから1か月は頭痛や吐き気のほか、モヤモヤした状態が続くなど体調が優れない日がありながらも我慢をして仕事をしていたことです。

またどちらかというと新入社員よりも社会人になって「自分は大丈夫」と仕事をバリバリしていた人に現れやすく、長引きやすいと言われています。

イメージとしては5月病が急性なら6月病は慢性。辛いことを隠したり、気に留めずに過ごしたことで体調不良をこじらせてしまっているとも言えるでしょう。

5月からずっと体調が優れないという人は6月病かもしれません。

(1)長期休暇後に体調が優れなかったが出勤し続けた

気持ちが落ち込んでいたり、家を出るのが辛いなどを感じていたものの、気持ちの問題だと我慢をして仕事へ向かっていた。それが日を重ねるごとに強く思うようになってしまった。

(2)4月入社や転勤のため転居をして新しい環境になった

就職や転勤などで転居して環境も職場も慣れない中で過ごしているなかで、出社したいくないという気持ちが出社できないに少しずつ変化し、外出するのが辛くなってしまった。

(3)昇進や昇格があった

働きぶりが認められ、昇進や昇格となるのは喜ばしいことです。ただ「その肩書に似合った働きをしなければ」とプレッシャーを感じたり「期待している」という言葉で焦ってしまったりで心が追い付かない。夜もぐっすり眠れなくなった。

(4)何をしてもイライラしてしまう

周囲が言うことも受け入れらず、何をしてもイライラしてしまう。好きだったことや趣味に手を付けてもイライラしたり、逆にやる気が持てなかったりしている。また細かいことが以前よりも気になるようになった。

(5)体調不良の間隔が短くなってきた

今まで頭痛は年数回だったのが毎月起きるようになったり、吐き気が続いたり、急に涙が出るようになったりと体調が良かったときと比べて、明らかに体調が悪くなっているのが分かる。

6月病の症状

6月病は5月に起きた体調不良を我慢していたことで、梅雨の時期もかぶりだるさや辛さが出てきてしまっている状態です。

また体だけではなく、心労や心の乱れもあることから、何もする気になれず寝込みがちに。つまり6月病は体調が優れないときに対処せずに過ごしたことで『うつ病』に近いものか、うつ病になっている可能性が高くなっています。

5月病の症状と似通ってくる部分はありますが、下記の項目に当てはまっていないか確認をしてみましょう。

  • めまい
  • 頭痛
  • マイナス思考
  • 動悸
  • だるさ
  • 朝起きられない、眠れない(不眠)
  • イライラ感
  • 無気力
  • 食欲がない
  • 判断力の低下など
  • 吐き気
  •  

6月は1年の中でも祝日や長期休暇がない月でもあります。

それも精神的に『辛さ』や『しんどさ』に追い打ちをかけるとも考えられます。

5月病や6月病に負けないための予防と改善方法

5月病かもしれない、6月病のような気がすると自身で感じたときは下記のことを試してみましょう。

また今は症状が出ていなくても、過去に似た症状があった人や心配な人は予防法として実践してみてください。ただどちらも無理に行なうということは避け、あくまで自分のペースで進めるという楽な気持ちを忘れずに。

5月病の予防と改善方法

長期休暇明けの体の負担を減らしたり、体を仕事モードに慣らすことが大切です。

ちょっとした気分転換やプライベートと仕事のオンオフを意識して生活してみるといいでしょう。

(1)日を浴びて体を動かす

軽いジョギングやウォーキング、趣味でも好きなスポーツでも構いません。日光を浴びてスポーツをすることで心身ともにリフレッシュになります。

(2)生活リズムを整えてみる

毎日決まった時間に寝て起きることをまずは目標にして、慣れてきたら食事や入浴の時間、趣味の時間など自分のスケジュールを持ってみましょう。

寝る時間と起きる時間を整えるだけでもOKです。

(3)シャワーで済ませずお風呂に入る

入浴にはリラックス効果もあります。40度くらいのお湯にゆっくりと浸かりましょう。

今はいろんな種類の入浴剤があるので、入浴剤を楽しむのも良いでしょう。

(4)多少のネガティブ思考には寛容になる

「仕事をしたくない」「新しい環境に慣れない」などネガティブな思考になってしまうこともありますが、ここはある程度のネガティブな思考になるのは仕方ないと受け入れることも大切です。

ネガティブな考えになっては絶対にいけないと強く考えてしまうと、それが自分自身を苦しめる原因の一つになってしまいます。

長期休みの直後は「もっと休みたかった」と思っている方も多いです。

決して自分だけじゃなくて周りも同じ気持ちなんだと思うことで自分を追い込まずに済み、心も少し楽になっていきます。

(5)仕事とお休みをきっちりと分ける

仕事中も2、3時間ごとに背伸びをする時間を取ったり、目を休めたりちょっとした休憩を取ってみましょう。

なるべく、休日には仕事を持ち込まない・考えないなどオンとオフを分けて過ごしてみてください。

5月病は新しい環境に慣れてきたり、興味のあることを見つけたり、ストレス解消法が分かったりすると1か月から3か月くらいで治るとも言われています。まずは自分が5月病だということを否定せずに認め、焦らずにゆっくりと体を休めることが大切です。

6月病の予防と改善方法

6月病は5月病と比べて原因が長期休暇の反動というものではなく、もう少し根深い問題も関わっている可能性が高いです。

急な環境の変化なのか、今まで積み重ねていたものが6月に爆発したのかは人によって異なります。

どの部分が自分の負担になっているのか振り返りながら対策を考えていきましょう。

(1)睡眠を大切にしてみる

1日6時間から7時間は眠りましょう。

睡眠時間と健康は密接な関係にあるので、しっかりとした睡眠時間の確保は非常に重要です。

不安で眠れないときは好きなアロマを置いたり、心地よい枕を見つけてみたり、肌触りがいいタオルケットなどを使ってみるのもおすすめです。

それらを楽しみながら探してみるというのも心に良い影響があります。

また寝る時間と起きる時間を決めて実行して体調を整えておくことも大切です。

(2)趣味や好きなことを思いっきり楽しんでみる

休日にしかできなかった趣味や好きなことを休養中に思い切りやってみたり、好きなことを見つけてみるなど楽しんで過ごしてみてください。

ストレスから離れて好きなことをするのは良いリフレッシュにもなります。

また、今までできていなかった新しい趣味を始めてみるのもいいでしょう。

(3)自分なりのジンクスを作ってみる

足はいつも左足から歩き出すと転ばない、青の小物を持つと良いことがいつもあるなど自分だけのジンクスを作ると気持ちが楽になります。

また信じることで心を強く持つことができるでしょう。

(4)お酒やたばこ、ギャンブルを減らしてみる(やめてみる)

ストレスが増えている時はお酒やタバコの量が増えたり、ギャンブルも大きなお金を使いやすくなってしまうので、「またやってしまった…」と罪悪感にかられることもあります。

そうなると負の連鎖に入ってしまうので逆に意識的に減らしてみたりやめてみるのが長期的には良いです。

(5)声を出しておく

1日ふさぎ込むのではなく人とコミュニケーションを取ることが大切です。

自分だけで考え事などをしてしまうと段々と悪い方向に気持ちが傾いてしまいがちです。

友人と話したり、ペットに声をかけてみたり、カラオケなどで歌を歌ってみるなど誰とも話さない、声を出さない日を持つのはやめて、少しでも声を出しておきましょう。

調子がおかしいなと思ったらなるべく早めに行動を

仕事中も2、3時間ごとに背伸びをする時間を取ったり、目を休めたりちょっとした休憩を取ってみる。休日には仕事を持ち込まない、考えないなどオンとオフを分けて過ごしてみてください。

6月病は5月病の症状が出ていながらも頑張ってしまった人がなりえるものなので、改善をせずにいるとさらに症状が悪化してしまいます。

やる気がずっと出てこない状態で、引きこもりになるとうつ症状となり会社を辞めてしまうことも起こりえます。

気が付いたらすぐに改善方法を取ったり、病院の診察を受けるなど自分に休養と安心を与えてください。

改善効果のある食べ物

5月病や6月病など気持ちが落ち込むときには必須アミノ酸トリプトファンを摂取するのが良いと言われています。このトリプトファンとは幸せホルモンと呼ばれる脳内

ホルモン(セロニン)を作る材料として必要なものです。体内では作ることができないため、食事で補うほかありません。

下記の食材はトリプトファンが多く含まれている食材です。

  • 大豆製品(納豆、きなこ、味噌、豆乳、豆腐)
  • 乳製品(チーズ・牛乳・ヨーグルト)
  • バナナ
  • 卵黄、レバー、たらこ、アーモンド、ごま、ピーナッツ

気持ちの落ち込みも栄養バランスが関わっていることもありますので、もし食生活でも乱れを感じているなら食事内容を見直してみるのも一つの方法です。

5月病・6月病は誰にでも起こりうる。大事なのは早めに予防・対策できるか

5月病や6月病は誰にでも起こりえます。

大型連休が明けた直後や仕事環境が変わった後などは憂鬱になることは珍しくありません。

大事なのは「あれ?いつもとちょっと調子がおかしいな。しんどいな。」と思ったらなるべく早めに予防・対策をすることです。

根本的な原因の解決が難しい場合もありますが、それでも「多分○○のせいで調子がおかしいんだな」とわかるだけで気持ちが楽になることもあります。

繰り返しになりますが、これらの症状は誰にでも起こり得るものです。自分だけがなぜ? と責めることはやめて、逆に周囲に同じ症状の人がいた場合は理解をして接してください。