休日を充実させることのメリット。叶わないなら転職も視野に入れるべき

週休2日制の会社に勤めている方は、1週間のうち休日は基本的に2日しかありません。

そのため、上手な時間の使い方をしないと無駄に休日を過ごす事態となってしまいます。

そう言われも、なかには仕事で疲れ切っていて休日は寝て過ごすだけという人も多いでしょう。

そこで本記事では休日を充実させる方法とそのメリットなどについて解説します。

今の仕事だとどんなに工夫しても休日を充実させられない方もいるはずなので、そのような場合の対処法も紹介していきます。

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

せっかくの休日を有効活用したい

せっかくの休日を有効活用したい

休日を充実させたいけど、ハードな業務や深夜までの残業などによって疲れ切ってしまい、結局寝て過ごすだけという方もいます

確かに、休日にしっかり身体を休めないと週明けの仕事に悪影響を及ぼします。

責任感が強い方だと「無理できない」と考えて、遊びに出掛けたりできない気持ちもよく理解できます。

しかし、それでは心のリフレッシュに繋がらず、モヤモヤした気持ちのまま働かなければなりません

そのため、休日はただ身体を休めるための時間に使うのではなく、充実させて心身をリフレッシュさせるのも大切なのです

実際、多くの企業では労働者の意欲向上や健康維持のために、休日の確保は重要だと考えています。

画像:厚生労働省 働き方・休み方改善ポータルサイト「Ⅰ.休暇をとることの重要性」

上記の表を見れば、休日を充実させて、しっかり身体を休めることも社会人として大切な行動だということが分かります。

休日を充実させればその分仕事の生産性も高まる

休日を充実させればその分仕事の生産性も高まる

一昔前まで、日本では週休1日制度が当たり前でした。

しかし、1965年に「松下電器産業(現パナソニック株式会社)」の創業者である「松下幸之助」が、生産効率の向上のために週休2日制を導入したのです。

当時の日本は企業同士の競争が激化しており、どの会社も寝る間を惜しんで仕事をしていました。

そんなタイミングでの週休2日制に対し、松下電器産業の社員ですら反対しました。

ところが実際に週休2日制が導入されると、しっかり休みと取った社員の生産効率は格段に向上し、他社より高い成果を上げるようになったのです。

それをきっかけに、日本では週休2日制が導入されはじめ、1980年頃には大半の会社が週休2日制になりました。

近年では、様々な研究によって休日の重要性が唱えられています。

現に土日も休まず仕事して、長時間労働を行う仕事は生産性が落ちるというデータがあります。

週当たり労働時間が50 時間を超えるあたりからメンタルヘルスが顕著に悪化する傾向が認められることもわかってきました。

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「長時間労働と健康,労働生産性との関係」

休日の充実が生産効率の向上に繋がるという事実は、仕事ができる人はオンとオフの切り替えが上手いということの証明でもあります。

休日は自分の自由に時間を使い、身の回りを整理して仕事の生産性を高めているというわけです。

充実した休日を送るために押さえておきたい3つのポイント

充実した休日を送るために押さえておきたい3つのポイント

充実した休日を送るためには、押さえておくべきポイントがあるので解説します。

前日の深酒は要注意

1つ目に押させるべきポイントは、前日の深酒は要注意ということです。

次の日が休みだと、深酒をしてしまう人は多いでしょう。

しかし、お酒を飲んでいる時は楽しくても、結局は二日酔いなどで休日を無駄にしてしまいます。

半日が無駄になるのはまだ良い方で、ひどい人はほぼ一日を台無しにしてしまうでしょう。

せっかくの休日を上手に使わずに翌日の仕事に臨むと、当然仕事に対して真剣に取り組めず作業効率が下がってしまいます。

夜の楽しい時間を過ごすのは1か月に1回くらいに控えて、その他の週は規則正しい生活を心掛けるようにしてみましょう。

休日は朝からの行動が大切

2つ目に押さえておくべきポイントは、休日は朝からの行動が大切ということです。

実は、人間の体内時計は24時間ではありません。

実際は25時間周期で動いているため、普通に生活していると少しずつ体内時計がズレていき、様々な体調不良を引き起こすのです。

そのため、健康な生活を送るためにはズレていく体内時計をリセットする必要があります。

そして、ズレた体内時計をリセットするのが朝日なのです

早朝に太陽光を浴びると、成長ホルモンの一種であるコルチゾールが分泌されて活動に必要な糖代謝を高めます。

それが夜になると、ストレス解消や酷使した身体のメンテナンスを行うメラトニンという成長ホルモンが分泌されるのです。

画像:朴澤耳鼻咽喉科「これでいいのか日本の医療?  第12話 現代社会で質のよい睡眠をとるために必要なこと」

つまり、朝早く起きて行動を始めると日中は活動的になり夜はしっかり睡眠がとれるようになるというわけです。

ちなみに夜更かしして昼過ぎや夕方まで寝ていると、ホルモン分泌が正常に行われず、昼間に眠くなったり夜眠れなくなったりする弊害が発生します。

休日を充実させたいなら夜は早く寝て、翌日は朝日を浴びて軽く運動してから休日をスタートしてみると良いでしょう。

休日のToDoリストを作る

3つ目に押さえておくべきポイントは、休日のToDoリストを作ることです。

ToDoリストと聞くと、仕事で使うようなイメージでしょう。

しかし、限られた時間を上手に使いたい休日こそ、やるべき作業を明確化してリストアップした方が良いのです。

もちろん、そんなに難しいToDoリストを作る必要はありません。

朝から寝るまでの時間を1時間程度で区切って、何をするかリストアップすればOKです。

【例】休日のToDoリスト

  • 7:30:起床
  • 8:00:散歩と瞑想
  • 9:00:ブログ
  • 11:00:読書
  • 12:00:昼食
  • 13:30:髪を切る
  • 15:00:日用品買い物
  • 16:00:ゆっくりする
  • 17:00:DVDを観る
  • 18:00:散歩
  • 19:00:夕食
  • 20:00:入浴
  • 21:00:ブログ
  • 22:00:ゆっくりする
  • 23:00:就寝

ここまで細かくなくても、何時にどんな作業をするのか明確にしておくだけでもでいいでしょう。

前日の寝る前に作っておくと、翌日の予定を想像して楽しい気持ちになりながら眠りにつけます。

仕事のせいで充実した休日を送れないなら転職を考える必要もあるかも

仕事のせいで充実した休日を送れないなら転職を考える必要もあるかも

お酒やスマホでゲームをしているせいで夜更かしして、休日を潰している人は寝る前の行動を改めれば問題ありません。

しかし、前日遅くまでの残業のせいで休日遅くまで寝てしまう人や、休日すらも仕事をしなければならない人は頑張っても改善は難しいでしょう

その場合は、今の仕事を辞めて別の会社に転職した方が良いかもしれません。

なぜなら、前述したとおり休日の過ごし方は仕事の生産性を高めるうえで非常に大切だからです。

休日を有意義に過ごせないせいで生産効率が下がり、思った成果が出せず昇給や昇進もできない可能性があります

また、もし転職活動に充てる時間すら確保できないなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜ転職活動に充てる時間が少ないなら転職エージェントを使った方が良いのか、その理由を2つ紹介します。

ちなみに、転職エージェントと転職サイトは異なるサービスなので、混在しないように注意しましょう。

違いについては以下の表を参考にしてください。

 

転職エージェント

転職サイト

求人情報の探し方

その人に合う求人を提供してくれる

自分で検索する

選考対策

書類の添削&面接対策

自分で書籍やネットで勉強する

アドバイスの有無

あり

なし

スケジュール管理

キャリアアドバイザーが代行

自分で管理する

情報収集

企業の内部情報を教えてくれる

自分で企業サイトなどから収集する

交渉・手続き

年収交渉や入社前の手続きを代行

自分で行う

手軽さ

面談などがあり時間がかかる

すぐに始められる

時間のない自分に代わって面接のスケジュールなどを企業と交渉してくれる

1つ目に紹介する転職エージェントがおすすめな理由は、時間のない自分に代わって面接のスケジュールなどを企業と交渉してくれるからです。

転職エージェントと聞くと、求人紹介をしてくれたり、転職の悩み相談に乗ってくれたりする印象でしょう。

当然、それらのサポートもしてくれます。

しかし、転職エージェントのサポートはそれだけでなく、面接のスケジュール調整まで行ってくれるのです。

あなたが転職活動も進められないほど忙しくても、あなたに代わって企業と交渉してスケジュールを調整してくれます

忙しくても、転職エージェントを利用すればスムーズな転職活動ができるでしょう。

もちろん、任せっきりではダメなので以下の点には気を付けてください。

  • 可能な限り早く返信する
  • 候補日は平日の日中(求人企業の就業時間内)で複数挙げる
  • 件名は変更せずに返信する
  • 日程が決まったら必ず了承した旨を返信する

書類添削や面接対策など手厚いサポートをしてくれる

2つ目に紹介する転職エージェントがおすすめな理由は、書類添削や面接対策など手厚いサポートをしてくれるからです。

転職活動で一番頭を悩ませるのは、履歴書の作成と面接の対策でしょう。

自分で書籍やインターネットで勉強して準備する時間がある人なら問題ありません。

しかし、休日すら充実させられないほど忙しいと本気でそれらに取り組むのは難しいでしょう。

そんな時でも、転職エージェントを利用すれば徹底的にサポートしてくれます。

企業ごとにどんな内容の履歴書・ESが評価されるのかアドバイスしてくれて、面接ではどんな質問があるのか教えてくれます

受け答えについても分かりやすく指導してくれるので、履歴書や面接に不安がある方でも安心して選考に挑めるようになるでしょう。

休日を充実させることは仕事を含め様々な物事にプラスの影響を与える

休日を充実させることは仕事を含め様々な物事にプラスの影響を与える

今回は、休日を充実させるメリットについて解説しました。

一見すると仕事効率とは無関係に思える休日でも、過ごし方ひとつで生産効率が大きく変わっていきます。

生産効率が上がれば、当然会社での評価も高くなり昇給や昇進のチャンスに繋がるでしょう

反対に、休日が充実せず生産効率が低下すると職場での評価も下がってしまいます

休日を充実させるためにも、以下のポイントを意識した生活を心掛けるようにしてください。

  • 休日前日に夜更かししない
  • 休日でもダラダラ過ごさない
  • 休日もスケジュール管理を徹底する

また、もしあなたが今の職場では休日を充実させられないなら、休日を充実させられる職場に転職してみるのも解決策の一つです。

その際は転職エージェントの活用をおすすめします。

休日を充実させられる仕事探しは転職エージェントで!

転職エージェントを利用すれば、あなただけで転職活動を行うより効率良く進められます。

  • 求人紹介(非公開求人も含む)
  • 履歴書・ES添削
  • 企業内部情報の共有
  • 面接対策&模擬面接
  • 悩み相談

しかも、これだけ徹底したサポートが受けられるのに、登録料金や利用料金は完全無料です。

あなたが今の仕事では休日を充実されられないなら、ぜひ転職エージェントを活用しながら転職の成功を目指してみましょう。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)