有効求人倍率とは何でしょうか。

良く景気の動向を示す数値としてでてきます。

今回は、この有効求人倍率について、

有効求人倍率とは何か、また近年の推移はどうなっているかを紹介します。

実は今、非常に高い数字になっていました。

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

有効求人倍率の推移

ではまず有効求人倍率とは何か、そして近年の推移はどうなっているかを紹介します。

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは何を示すのでしょうか

まず、求人倍率について説明しましょう。

求人倍率とは求職者1人あたりに対して、何件の求人数があるかを示すものです。

例えば、求職者100人いて、求人が120件あるのであれば、1.2倍となります。

1.0倍以上になれば、少なくとも1人に対して1件仕事があるのでいいですが1.0倍以下になってしまうと、どう頑張っても失業者がでてしまう状態というわけです。

景気がよくなるほど、企業は人手が足りなくなり求人数を増やすので、求人倍率は増えます。

その為、この数字が景気動向を示す数字として使われるわけです。

そんな求人倍率には新規求人倍率と、有効求人倍率があります。

まず、新規求人倍率は、その月に新たに求人が出された数と、新たに求職を始めた数によって算出されます。

すでに先月から転職活動などを行っている人は含まれず、その月の数字だけを使います。

一方で有効求人倍率は、先月から繰り越している求人や、求職者も数に含み、その月にあるすべての求人数と、求職者数から算出されます。

ですから、景気の動向を見る指数としては、全体がわかる有効求人倍率がよく使われるわけです。

転職活動をする場合においては、非常に大事な数字となります。

この数字が多ければ多いほど、求人数に対して応募数が少なくなる為、採用される可能性は高くなります。

一方で有効求人倍率が低いと、求人数に対して応募数が多くなる為、採用されにくくなってしまいます。

また、求人数が増えることで選択肢が広がったり、年収といった条件も人を集めるためにいい条件を提示していることが多いです。

有効求人倍率の推移

では、現在の有効求人倍率はどのような数字になっているのでしょうか。

有効求人倍率の推移

出典:厚生労働省 一般職業紹介状況(平成27年7月分)について

右半分は2014年7月から2015年7月のデータとなっており、左半分は1年ごとの数字となっています。

直近1年のデータは非常に高い数字となっており、2015年7月には1.2倍を超え、1.24倍となっています。

ちなみに10月も1.24倍でした。

実はこの数字は1992年以来の23年ぶりの高水準なのです。

景気はよくなってきたと言われていますが、なかなか実感できていない人も多いかと思いますが、有効求人倍率の数字だけ見れば、景気はよくなってきていると言えるでしょう。

他の数値も軒並み上昇

有効求人倍率に限らず、他の数値も軒並み上昇となっています。

新規求人倍率は1.85倍とこちらも23年ぶりの数値。

正社員に限った場合の有効求人倍率は0.76倍と2004年の調査開始以来最高。

求人倍率は軒並み上昇しています。

スポンサーリンク

なぜ景気が実感できないのか

これだけ、有効求人倍率が高いにも関わらず、なかなか景気が良いと実感できない人も多いでしょう。

最近は消費税アップも含め、物要価が上昇しています。

また、少子化や介護といった将来の不安もあり、社会保険料も増えています。

賃上げを実施していますが、まだ大手企業にとどまり、中小企業で働く人々までいきわたっていないのが現実です。

これでは生活は苦しいばかりです。

また、正社員の有効求人倍率が高くなっているとはいえ、

実は派遣社員といった非正規雇用者の数は増加し続けているのです。

もちろん、望んで非正規雇用という道を選ぶ人もいますが、正規雇用者が62.6%に対し、非正規雇用者37.4%と非常に高い数字になっているのが現状です。

その為、なかなか有効求人倍率だけでは景気が良くなってきたと思うことができないのです。

スポンサーリンク

転職市場は活気がある

景気が実感できないとはいえ、転職市場では、求人数が増え、活気づいています。

なかなか給料が増えないと嘆いているのであれば、この機会に年収の高い会社に転職するという道もあります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと