高卒は転職サイトの選び方が重要!最適なサイトを選ぶ方法&使ってはいけないサイトの特徴2つとは?

高卒は転職サイトの選び方が重要

高卒は転職サイトの選び方が重要

高校から大学などへ進学せず、卒業後に就職を選ぶ理由として、経済的な理由や早く自立したい、大学などで学びたいものがない、できるだけ多くの現場経験を積みたいなどの理由があります。

進学はしたけれど、大学を中退してしまったという場合も、学歴は高卒ということになります。

就職先が自分の思ったような会社でなかった場合や非正規雇用で働いていたけれど正社員になりたいという時、スキルが身に付いたので新たな場所にチャレンジしたいという時は、ハローワークや転職サイトなどを利用することが多いでしょう。

ハローワークでは、地元の中小企業の求人が多く、若い人向けの就職支援や履歴書や職務経歴書の添削、職業訓練校で給付金を受けながら資格の取得を得ることもできます。

しかし、ハローワークは問題がある企業以外は求人掲載を断れないこともあり、疑問の残る待遇を提示している会社もあります。さらに順番待ちの時間が長く、相談員が固定ではないため、何度通って相談しても一からとなり効率がいいとは言えません。

それであれば転職サイトを利用することで、自分のペースで求人を探していくことや、転職サイトごとに用意されている転職に役立つ情報を見たり、スカウトサービスなどを利用することができるのでおすすめです。

転職サイトによって求人に違いがある

ただ、高卒の方が転職サイトを使うときは、選び方によって求人情報をなかなか探すことができないというリスクがあります。

転職サイトは大手から地域密着型の小さなものまでありますが、高卒の方が利用するには、高卒向けの求人が多い転職サイトを選ぶことで、スムーズな転職活動を行うことにも繋がります。

転職を成功させるためにはどのような転職サイトを選べばいいのかということをまずは確認していきましょう。

高卒が選んではいけない転職サイトの特徴2つ

高卒が選んではいけない転職サイトの特徴2つ

テレビCMなどで目にするような有名転職サイト

リクルートやdoda、マイナビなどテレビのCMで流れるような大手の転職サイトは、求人数が多かったり、転職実績がよかったりということで間違いないだろうとつい選びがちです。

しかし有名な転職サイトは大卒をターゲットにした求人が多く、学歴不問や未経験から応募可能なものが少ないということがあります。

スキルを満たしていても大卒が条件の求人が多ければ、転職サイトからの紹介もミスマッチなものになったり、面接まで進むことができないなど、転職活動が上手く進まない可能性が高くなります。

高卒向けの求人が少ない転職サイト

大手でなければいいのかというと、そうではありません。

例えば、転職サイトの利用者のほとんどが大卒の方であれば、高卒の対するサポートの優先度が低くなっている可能性があります。

高卒向けの求人数が少ない転職サイトでは、なかなかいい求人に出会えないので、絞り検索で高卒という欄がない、絞っても求人が少ししか出てこないという転職サイトは使わない方がいいでしょう。

高卒におすすめの転職サイトの選び方

高卒におすすめの転職サイトの選び方

高卒の方が転職をする際に利用する転職サイトは、大手を選ぶのは遠回りになる可能性があるということがわかりましたが、いちいち転職サイトを検索して、高卒向けはどこが強いのかと探すのは時間がかかり、難しい作業です。

そこで高卒向けの転職サイトに詳しくない、いろいろ見たけれど結局どこがいいのかわからないという方は、転職エージェントを利用することを検討してみましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトはサイトに載っている求人情報を自分で探し、応募をするという全て自分で行う必要がありますが、転職エージェントは直接的な転職支援を受けながら転職活動を行うことができます。

転職エージェントでは、転職サイトのように公開されている求人を見ることもでき、さらに気になった求人を担当者とともに確認しながら申し込むことができます。

面談を通して希望や適性を判断して仕事を紹介してくれることや、不安があれば履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もアドバイスをもらうことができます。

さらに転職で心配の種となりやすい面接の日程調整やその後のフォロー、内定後の条件や待遇の交渉や初出勤のアドバイスや就職後の相談などのサポートも請け負ってくれます。

転職の目的と転職サイトの特徴が一致しているかどうかということも、転職を成功させる大きな要因となるため、自分が何のために転職をしたいのかということを明確にしながら、もしくはコンサルタントに相談をしながらはっきりと決めて仕事を探すことが成功への近道です。

正社員を目指しているというものであれば、未経験から応募できる求人を取り扱い、フリーターや第二新卒など経験の少ない方への支援が得意な転職エージェントを活用するのがおすすめです。

IT系に就職したいなど、希望する職種があるのならば、その職種の求人に特化しており、サポートが充実している転職サイトを活用することで、狭く深い転職活動を行うことができます。

総合型と特化型のエージェントを2~3社併用する           

総合型というのは幅広い業種や職種を取り扱っている転職エージェントのことで、対応している業界が広いため、求人数が多く、異業種に転職したい際に役立ちます。

多くの利用者を見てきているのでアドバイザーの経験値が高い場合が多く、地方での転職を考えている際にも有用です。

しかし、幅広い業界を取り扱っているからこそ、業界知識に乏しいこともあります。

そのため希望の職種があるのならば、業界特化型の転職エージェントを利用することで、総合型では見かけない会社の求人を見つけたり、業界に特化しているからこそのアドバイスをもらうことができます。そういった点から、両方のメリットを活かす総合型と特化型のエージェントを2~3社併用して転職活動を行うことがおすすめです。

面談などを通して優秀なコンサルタントを見つける

転職エージェントでは担当してくれるコンサルタントとの面談を通して、自分の適正や希望する条件などの話し合い、それによって就職先を紹介してくれるという流れであるため、相談をしている中で優秀なコンサルタントを見つけるということも大事です。

連絡が遅い、検討違いの求人を進めてくる、自分の意見を聞いてくれないなどのコンサルタントの場合は、担当を変更してもらうようにしましょう。

いくら優秀でも自分と合わないなと感じた場合も苦痛になってしまうため、変更を申し出るようにすることがおすすめです。

高卒の転職に向いている業界と向いていない業界があると知っておく

憧れの業界があったとしても、高卒の転職に向いている業界と不向きなものというのがあります。

不向きな業界は努力をしても転職に成功するかどうかが怪しいため、やめたおいた方が無難といえます。ではどのような業界は高卒の転職に向いていて、どのような業界は避けた方がいいのかを確認しておきましょう。

おすすめの業界

おすすめの業界

IT業界

学歴不問であることが多く、今後の躍進が見込まれるのがIT業界であり、未経験からスキルなしで応募することのできる会社も多数あります。IT業界は慢性的な人手不足であり、売り手市場が続いているため、20代から30代であれば高卒でも採用されやすい業界です。

学歴よりもプログラミングなどのスキルを重視する業界ですが、異業種転職である場合は、学歴不問、未経験可の条件で募集している会社を探すことになります。

プログラミングなどは未経験者にはハードルが高すぎて仕事にできないと恐れを成してしまいがちですが、次第に慣れていき、実力重視の世界であるため、努力すればするだけ昇進や昇給を狙うことができる業界です。

飲食業界

飲食も未経験から応募しやすい職業で、人手不足な店が多いことから、採用されやすい業界です。

アルバイトなどで経験があればさらに有利になりますが、全くの未経験でもコミュニケーションが得意であったり、手際よく作業をこなすことができるなどのタイプであればアピールポイントになります。

あまりに人手の足りない店では業務内容がブラックである恐れがあるので、職場選びには気をつける必要があります。

運輸業界

トラックの運転手やタクシードライバー、鉄道会社などの運輸業は、最終学歴が高卒でも採用されやすい仕事です。

タクシードライバーは人手不足である地域があり、福利厚生を充実させて人手を募集している会社もあります。第一種普通運転免許を取得していれば、1~2週間程度で第二種普通運転免許を取得することができ、取得にかかる費用も、会社が負担してくれるという場合もあります。

トラックの運転手は、大型の免許が必要となったり、長距離や夜間の運転などで体力が必要となることもありますが、夜勤には手当てがついたり、コミュニケーションが苦手な方は1人で気楽に働くことができるなどのメリットもあります。

自分で働き方を選ぶこともできるため、ライフワークバランスに合わせた選択をできることも魅力の一つです。

製造業界

大手も中小企業も工場の勤務は人手不足であることが多く、繁忙期以外は基本的に定時で帰宅することができるなど、プライベートもしっかり確保しやすい仕事です。

黙々と仕事をこなすだけではなく、点検表などの書類仕事もあり、他部署との連絡や折衝などを行うためにコミュニケーションスキルも必要となります。

製造業は仕事に資格が必要となる分野がある場合が多いため、資格を取得する際には会社が費用を負担してくれることがあり、スキルアップや転職の際のステップアップに繋がります。

公務員

20代であれば、警察官・消防士・自衛官などの地方公務員や国家公務員を狙うこともでき、高卒程度の学力が目安となっているⅢ類の試験を受けるのがおすすめです。

体力的にも精神的にもハードな仕事となりますが、自分の仕事が市民を守っているというやりがいを求めることができ、公務員であるため平均的で安定した給料を得ることができます。

おすすめできない業界

おすすめできない業界

マスコミ

テレビや出版、新聞社、広告代理店などは、学歴を重視することが多いため、試験を受けるにも大卒でなければ資格がないということがあります。

テレビの制作会社などの下請け会社であれば学歴を問わないこともあるので、どうしてもやってみたいという場合は中小企業を探してみるようにしましょう。

金融

銀行や証券会社などの金融業界も学歴を重視する傾向が高く、特に中央銀行や都市銀行、大手や中堅の証券会社では、大卒の中でも難関大学の出身者が採用されることが多いでしょう。

地方銀行であっても大卒者が採用されることが多く、高卒者が金融業界を狙うには規模の小さい第二地方銀行や信用金庫、小規模の証券会社などの求人を見つけることが必要となります。

商社

就職先として人気が高い商社は、働く上で高いレベルの語学力や判断力、コミュニケーション力が求められるため、大学卒者や大学院修了者が採用基準となっていることがほとんどです。

高卒で入社を目指すにはハードルが高いため、他の業界を狙った方が転職を成功させることに繋がります。

高卒なら転職エージェントを利用した方が良い!

高卒なら転職エージェントを利用した方が良い!

転職に時間をかけていると、なかなか会社を選ぶことができなくなったり、熱意を失ったり、空白期間ができてしまったりとデメリットが増えていくことになってしまうため、さっと決めることが望ましいでしょう。

高卒は採用基準に学歴が含まれていると応募できないということがあるので、1人で悩むよりも相談できる相手や場所があると転職が捗ります。

  • 就活の仕方も進め方もわからない
  • 新卒でブラック企業に就職し早期退職してしまった
  • 高卒の経歴にコンプレックスがあり一歩が踏み出せない
  • やりたいことがない
  • フリーター歴が長くて正社員になれる自信がない

このような悩みを抱えている場合、転職エージェントを利用することで、コンサルタントに相談をしながら自分の適性を見極めることや、自分の代わりに収入や待遇などについて交渉をしてくれるため、ミスマッチや転職で年収が下がってしまったなどの失敗が起こりにくくなります。

転職をしたいけれど不安なことがたくさんあるという方は、転職エージェントを活用し、転職を成功させましょう。